藤崎圭一郎のブログ。「デザインと言葉の関係」を考えます。

by cabanon
 
衛星から見えるアート
ひきつづきGoogle Maps遊びにとりつかれてます。
今回は衛星から見えるアート。
原因不明なのですが当初リンクしたものより、ズームが1〜2段階落ちてます。GoogleMaps画面の左側にあるバーのカーソルを上にあげるとズームアップできます。1〜2段階拡大して見て下さい。

★テキサス州マーファにあるドナルド・ジャッドの作品《15 untitled works in concrete》。コンクリートによる15個の作品が真っ直ぐに並んでいる。衛星からが作品のレイアウトを一番理解できる。
ここはジャッドの元アトリエで、現在チナティ財団がジャッドの作品や生前ジャッドが制作を依頼したアーティストの作品を管理している。左上の建物群はみな作品展示に使われている。ああ死ぬまでにマーファは必ず行きたい。

★フランスのセルジ・ポントワースにあるダニ・カラヴァンの《大都市軸》。パリ郊外のニュータウンに引かれた3キロに及ぶ軸線。半円形の広場から池までが作品。ダニ・カラヴァンについてはオフィシャルHPを。

★ジェームズ・タレルのローデン・クレーターを探したが見つからず。でも、アリゾナにはクレーターがいっぱい

★ロバート・スミッソンのスパイラルジェッティー(Spiral Jetty)も発見できず。ランドアートの代名詞のような作品だから一生懸命探したけど無念。Spiral JettyのHPに行き方が書いてある。が、グレートソルトレイク湖は水か塩か陸か浅瀬か判断不能。作品自体たまに水の中に沈むと言うし。このへんのどこかなんですが……。
text & photo by Keiichiro Fujisaki

by cabanon | 2005-07-08 01:45 | Comments(2)
Commented by ishizaka at 2005-07-08 23:50 x
GoogleMapsも面白いですが、
ダウンロード式のGoogleEarthもすごいですよね、職場でも仕事そっちのけで遊んでしまいました。

最近は、3Dグラフィックやモーショングラフィックにとても興味があるので、興奮してしまいました。
Commented by cabanon at 2005-07-09 12:29
GoogleEarth、確かにスゴそうです。
でもまだMacに対応していなかった(トホ)。Mac版も現在作成中ということなので、リリースされたら、また「建築の旅」を作ります。GooleMapsにハマりすぎていたので、ある意味よかったかも。これでゆっくり本でも読めます。
<< 思い出した… Google Mapsで建築デ... >>


S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
Profile
藤崎圭一郎
Keiichiro Fujisaki
デザイン評論家。編集者。1963年生まれ。1990〜92年『デザインの現場』編集長を務める。1993年より独立。雑誌や新聞にデザイン、建築に関する記事を執筆。東京藝術大学美術学部デザイン科教授。

ライフワークは「デザインを言葉でいかに表現するか」「メディアプロトタイピング」「創造的覚醒」

著書に広告デザイン会社DRAFTの活動をまとめた『デザインするな』

Twitterもやってます!

*当ブログの奥座敷
KoKo Annex

ライフログ
最新のコメント
以前の記事
カテゴリ
ブログジャンル
リンクについて
当サイトはリンクフリーです。
お気軽にリンクして下さい。

本ブログの記事と写真の
無断複写・転載を固く禁じます。




Copyright 2005-2016 Keiichiro Fujisaki All rights reserved
本ブログの記事と写真の無断複写・転載を固く禁じます。