藤崎圭一郎のブログ。「デザインと言葉の関係」を考えます。

by cabanon
 
ピアチェーレの今
秋葉原に行ってきた。
D-秋葉原テンポラリーの記者発表のためです。D-秋葉原テンポラリーとは統廃合で閉校した千代田区練成中学校を利用した期間限定の仮設ミュージアム。来年秋、秋葉原駅前のUDXビル内に開館する「デザイン・ミュージアム秋葉原」(仮称)にさきがけて今年9月にオープンする。
最初の企画展は9月6日〜10月23日のジャン・プルーヴェ展。いい展覧会だけど鎌倉の神奈川近美の巡回展なので、立ち上げにしては新鮮味に欠ける。9月27日〜10月23日の「スモール&ビューティフル:スイスデザインの現在」展は面白そう。
d0039955_19413096.jpg
D-秋葉原テンポラリーを務める三宅理一慶応大学教授。

「デザイン・ミュージアム秋葉原」のほうが気になるので、質問してみた。
コレクションを持つのか? YES
専属のキュレーターはいるのか? YES。
ミュージアムとは名ばかりのデッカいギャラリーみたいなことにはならないよう。ホッとしました。
ヴィトラデザインミュージアムとパートナーシップ関係を結んでおり、現在ポンピドゥーセンターとも交渉中だとか。
d0039955_19515054.jpg
矢印がデザインミュージアムが来年開館するUDXビル。
ちょっと意地悪な写真の撮り方ですが、これがアキバですから

で、久々のアキバ散策。フィギュア屋に立ち寄った後、ヤマギワソフト館の火事で閉鎖された倉俣史朗の「ピアチェーレ」がどうなってるか見に行った。火事は2004年2月、1年半も前。何もないかと思いきや、イスもテーブルもまだ置かれている。どうする気なんだろう。さすがデジカメ、真っ暗だったのにはっきり撮れた。デザインミュージアムができるのだから、再開してほしい。このカフェ自体をコレクションにするなんてどうですか? 実行委員会の皆様。
d0039955_19464723.jpg


【関連リンク】
D-秋葉原テンポラリー
text & photo by Keiichiro Fujisaki

by cabanon | 2005-07-22 20:01
<< こちら機長 ヒューマンインタラクションラボの実力 >>


S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
Profile
藤崎圭一郎
Keiichiro Fujisaki
デザイン評論家。編集者。1963年生まれ。1990〜92年『デザインの現場』編集長を務める。1993年より独立。雑誌や新聞にデザイン、建築に関する記事を執筆。東京藝術大学美術学部デザイン科教授。

ライフワークは「デザインを言葉でいかに表現するか」「メディアプロトタイピング」「創造的覚醒」

著書に広告デザイン会社DRAFTの活動をまとめた『デザインするな』

Twitterもやってます!

*当ブログの奥座敷
KoKo Annex

ライフログ
以前の記事
カテゴリ
その他のジャンル
ブログジャンル
リンクについて
当サイトはリンクフリーです。
お気軽にリンクして下さい。

本ブログの記事と写真の
無断複写・転載を固く禁じます。




Copyright 2005-2016 Keiichiro Fujisaki All rights reserved
本ブログの記事と写真の無断複写・転載を固く禁じます。