藤崎圭一郎のブログ。「デザインと言葉の関係」を考えます。

by cabanon
 
ちょっとショック
今夜はボッソとつぶやきます。
さきほど僕の通っているジムのロビーに置いてあるパソコンでこのブログを見てみました。WindowsのInternetExploreだとどう見えるか、チェックするためです。

結構ショックでした。MacのSafariで見るとずいぶんレイアウトが変わってしまっていて。MacのExploreではチェックしていたのですが……。僕にとってレイアウトと文章って一体なんです。レイアウトによってリズムも文体も変わる。

いちばん違ったのは、1行アキの改行がWindowsでは無効になっていたこと。Safariだと2回brタグを打てばいいところを、WinのIEだと3回brタグを打たないと、1行アキにならないようです。

※追加補足(7/31)。p、/pタグを使えばいいみたいです! 知らなかった。これから前に書いた文章にコツコツこのタグを打っていきます
※追加補足(8/1)、真の原因が判明、本文の字間詰めを設定した時のIEのバグのようです。CSS編集で字間(LetterSpacing)を指定すると連続改行ができなくなる。字間を-1から0に戻しました。pタグを打たなくて済みそうです。詰めたほうがキレイだっただけに残念。

このブログは長文が多い。少しでも“文字ばっかり”の息苦しさを軽減するため、1行アキを多用してきたのですが、なのに……、おそらくこのブログを訪れてくださる6〜7割近いWinユーザーの方に、それが今まで伝わってなかったと思うと、本当にショック。

Windowsでチェックするのを怠っていた僕のせいです。読者の皆様申し訳ありません。

ライターという職業柄、改行して一字だけ行頭に余ってしまったりする状態は許せないですが、ブラウザごとに表示が違うインターネットでは、このこだわりは通用しないようです。なんとかならないものなのか。

そのうち、このブログを発展させて、小さいけど濃いデザイン情報ポータルサイトを作ろうと現在画策中です。最近展覧会ネタが増えているのは、その予行演習です。

その時はレイアウトはこだわったものにしたい。ということで、先日Dreamweaverを購入しました。8月中にマスターしたい。
「デザインと言葉」の話でずっと頭の中でモヤモヤしていたことをそろそろ書き始めようと思っているし、8月は頑張ります。
text & photo by Keiichiro Fujisaki

by cabanon | 2005-07-30 23:16
<< P.K.ディック・ロボット エンツォ・マーリの杉の家具HIDA >>


S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
Profile
藤崎圭一郎
Keiichiro Fujisaki
デザイン評論家。編集者。1963年生まれ。1990〜92年『デザインの現場』編集長を務める。1993年より独立。雑誌や新聞にデザイン、建築に関する記事を執筆。東京藝術大学美術学部デザイン科教授。

ライフワークは「デザインを言葉でいかに表現するか」「メディアプロトタイピング」「創造的覚醒」

著書に広告デザイン会社DRAFTの活動をまとめた『デザインするな』

Twitterもやってます!

*当ブログの奥座敷
KoKo Annex

ライフログ
以前の記事
カテゴリ
その他のジャンル
ブログジャンル
リンクについて
当サイトはリンクフリーです。
お気軽にリンクして下さい。

本ブログの記事と写真の
無断複写・転載を固く禁じます。




Copyright 2005-2016 Keiichiro Fujisaki All rights reserved
本ブログの記事と写真の無断複写・転載を固く禁じます。