藤崎圭一郎のブログ。「デザインと言葉の関係」を考えます。

by cabanon
 
時間ですよ
忙しくてなかなか更新できません。
昨日某誌の仕事で訪れた銭湯の富士山をご覧下さい。癒されます。
d0039955_13541923.jpg
大田区南六郷の太平湯。
銭湯ペンキ絵のマエストロ、中島盛夫さんの作品です。
d0039955_14235661.jpg
昭和の空間でした。まだ番台もありました。
d0039955_14244075.jpg
女湯の脱衣所の冷蔵庫にあった明治牛乳のキャラ。
よく見ると傷だらけ。
text & photo by Keiichiro Fujisaki

by cabanon | 2005-08-26 14:06 | Comments(3)
Commented by ishizaka at 2005-08-28 00:53 x
cabanonさんの、写真の構図、色見などとても素晴らしいと以前から思っていました。熟練されているというのもあると思うのですが、きれいにとるために参考にされていた本や、お気に入りのカメラなどはございますでしょうか?

最近仕事で、素材の写真などに疑問をもつことが良くあります。私自身写真が苦手なので、一眼デジカメの購入をかんがえているので、一眼デジカメの良いものなどがあればお教えください。

スレッドの内容と関係のないコメントですみません。
Commented by cabanon at 2005-08-28 18:05
褒めてもらってうれしいです。構図はあとからPhotoshop上でトリミングしているというのもあります。熟練などしていませんよ。

本は参考にしてません。ただ編集の仕事をしていると写真に関しては目が肥える。それに、建築の記事などでは、現場に行って建築の特徴をサッと読みとり、ラフを描いて「こんな写真を撮ってほしい」と的確にカメラマンに指示するのが仕事ですから。自ずと自分が撮るときも、この状況なら何をどう切り取って撮ればいいか、判断できるようになっているとは思います。

使っているカメラはEOS KISS DIGITAL。レンズは広角ズームのEF16-35mmと F2.8 EF28-70mm F2.8。レンズのほうがずっと高いです。しかも本体よりもデカくて重い。でもカメラはレンズです。最初に一眼デジカメ買うならEOS KISSでいいと思います。で、貯金してレンズを買おう。特にEF16-35mmは空間を撮るなら、おすすめです。 EF28-70mmは重すぎる。

お金があるなら10月に出るEOS 5Dがいいでしょう。フルサイズCCDなのでKISSと違ってレンズの性能をそのまま生かせる。しかし……、いろいろ買いそろえだすと、いやあ、いくらお金があっても足りません。
Commented by ishizaka at 2005-08-29 00:22 x
cabanonさん、親切に応えていただいてありがとうございます。
一眼デジカメという大物を購入を検討するにあたって、情報の収集が不十分でしたので、とても参考になりました。
<< ケータイのデザインについて お知らせです >>


S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
Profile
藤崎圭一郎
Keiichiro Fujisaki
デザイン評論家。編集者。1963年生まれ。1990〜92年『デザインの現場』編集長を務める。1993年より独立。雑誌や新聞にデザイン、建築に関する記事を執筆。東京藝術大学美術学部デザイン科教授。

ライフワークは「デザインを言葉でいかに表現するか」「メディアプロトタイピング」「創造的覚醒」

著書に広告デザイン会社DRAFTの活動をまとめた『デザインするな』

Twitterもやってます!

*当ブログの奥座敷
KoKo Annex

ライフログ
最新のコメント
以前の記事
カテゴリ
ブログジャンル
リンクについて
当サイトはリンクフリーです。
お気軽にリンクして下さい。

本ブログの記事と写真の
無断複写・転載を固く禁じます。




Copyright 2005-2016 Keiichiro Fujisaki All rights reserved
本ブログの記事と写真の無断複写・転載を固く禁じます。