藤崎圭一郎のブログ。「デザインと言葉の関係」を考えます。

by cabanon
 
限界看板
d0039955_19411222.jpg
3年くらい前でしょうか。限界看板という言葉を思いついたのは、台東区三ノ輪あたりでふと製靴会社の看板が眼に入って写真を撮った時でした。
「製」の字の崩れ方に人為では真似のできない味があります。d0039955_19415992.jpg

もし単独でこの字だけを見たら判読するのはむずかしかったでしょう。しかし周りの状況で「製」であることがちゃんとわかります。「製」ほど崩れていないけど「靴」もちゃんとわかります。このギリギリな感じ。危ういけど成立している感じ。それに魅せられたのが限界看板を収集しようと思ったきっかけでした。

「お店もつぶれてしまったし、もうそこまで頑張らなくてもいいよ」って思うものもありますし「あと10年頑張るとよりイイ味になるんだけどな」というものもあります。逆に「営業してんだから、ちゃんとしろよ、けど、そのちゃんとしてない感じがイイだけどね」というのもあります。

「ありのまま」とは、本来の姿とも昔のままとも違います。変化を受け入れること、つまり自然や他者の力によってその姿が変わっていくことを受け入れる姿勢です。しかし限界看板は「なすがまま」ではありません。風化や他者の干渉を受け入れながらも、それに抵抗し看板として「伝える」という本来の役割は果たそうとグッと土俵際でこらえています。

看板とは「伝えたい」という意思が「かたち」になったものです。その意思は風や雨や光に晒されても、錆びが褪色が進んでも、上から落書きされていっても、そう簡単に削ぎ落とされていきません。限界看板の愉しみは、機能を失った人工物が朽ちていく姿の中に美を見出すことでなく、風化の中に踏みとどまる機能を愛でることにあるのです。

人が管理してきちんと機能していたものが、何らかの理由で人が手をかけなくなり放置され劣化し風化していく。それは、人の時間から離れていくことです。もしそれが機械なら、人が手をかけなくなれば、止まって機能を失います。建築物だと構造体としての機能が残る。それゆえ廃墟の美というものが生まれます。ただし廃墟は何も使われないから廃墟です。そこで多くの人が愛でるのは機能ではなく、人がつくりし構造体が空間の記憶をとどめながら自然と長い時間をかけて同化していくプロセスです。

しかし限界看板の場合は「伝える」ことをやめません。風化はしても機能しています。自然の時間の中に身をゆだねた機能が発現する美──。それは最大限に機能する形が発現する美とは違う、もうひとつの機能美かと思うわけで、私はそれに惹かれるのです。

d0039955_19492192.jpg
とても好きな限界看板です。ドット化、水玉化、草間彌生化……。

d0039955_19564591.jpg
かろうじて「雑誌」であり続ける。

d0039955_20452797.jpg
某百貨店のバックヤード。押し続けて文字が消えてもメッセージは消えていません。

d0039955_20552874.jpg
消えてもみんくる。

d0039955_20571923.jpg
消えてもモ・リ・ナ・ガ。

d0039955_2104112.jpg
錆びることもカラフル。

d0039955_211403.jpg
褪色したほうがインパクトがある。

d0039955_2191792.jpg
赤の強さ。

d0039955_21247100.jpg
剥がれても歪んでも。

d0039955_2183421.jpg
ホラーハウスか。

d0039955_21144210.jpg
根性無しの音引き

d0039955_21475623.jpg
レイヤー看板。居抜き物件の悲哀。

d0039955_21155832.jpg
この前の店名はもう見せてはいかんでしょ。

d0039955_21561830.jpg
割れ目から現れる深層。宝誌和尚立像のよう。

d0039955_21575945.jpg
「相合い傘」に「しね」といった便所の落書きのようなものも残り続ける。

d0039955_21592880.jpg
さすが渋谷。グラフィティ!

d0039955_221337.jpg
止まれと言い続けて踏みつけられてそれでも機能し続けています。

d0039955_2222212.jpg
周りのおかげでしっかり読みとれます。

d0039955_2225521.jpg
サコーハ市Ⅱ

d0039955_2245835.jpg
消した跡が残っています。

d0039955_2261218.jpg
小学校の時に通学路にあったお菓子屋さん。今は閉店。この店の前で小学一年のときにクルマにひかれました。もの哀しいけど、まだあることがちょっとうれしい。

d0039955_228452.jpg
町名がわかる人には、これでもしっかり機能します。

・追加(9/24)
d0039955_1613080.jpg
みどりに塗りつぶせ。

d0039955_1634873.jpg
上越線車内。言いたいことはわかる。

d0039955_16447100.jpg
上と同じ車両のトイレ。正確には限界看板かどうかかは微妙なところですが……。

・追加(12/6)
d0039955_19263736.jpg
ギリギリ読める(横浜)

d0039955_1928370.jpg
崑ちゃん。

d0039955_19285154.jpg
なんかマーク・ロスコ。

d0039955_19302572.jpg
ここまで横浜。

d0039955_19294270.jpg
京都にて。

d0039955_17294357.jpg
クリーニングか花屋か紛らわしい。花屋でした。花屋は花が看板ってことでしょう。これも京都。

d0039955_17293286.jpg
ロックでワイルドな年のとり方です。

d0039955_1729149.jpg
乱暴な仕事だなあ。
text & photo by Keiichiro Fujisaki

by cabanon | 2014-08-24 22:16
<< モダニズムについて うぶ毛の理由 >>


S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
Profile
藤崎圭一郎
Keiichiro Fujisaki
デザイン評論家。編集者。1963年生まれ。1990〜92年『デザインの現場』編集長を務める。1993年より独立。雑誌や新聞にデザイン、建築に関する記事を執筆。東京藝術大学美術学部デザイン科教授。

ライフワークは「デザインを言葉でいかに表現するか」「メディアプロトタイピング」「創造的覚醒」

著書に広告デザイン会社DRAFTの活動をまとめた『デザインするな』

Twitterもやってます!

*当ブログの奥座敷
KoKo Annex

ライフログ
以前の記事
カテゴリ
その他のジャンル
ブログジャンル
リンクについて
当サイトはリンクフリーです。
お気軽にリンクして下さい。

本ブログの記事と写真の
無断複写・転載を固く禁じます。




Copyright 2005-2016 Keiichiro Fujisaki All rights reserved
本ブログの記事と写真の無断複写・転載を固く禁じます。