藤崎圭一郎のブログ。「デザインと言葉の関係」を考えます。

by cabanon
 
ドナーカード
夢があります。
年をとったら叶えたいこと。
デザイン、建築、アート関係の開架式図書館を作ることです。

日本には膨大なデザインやアートの洋書が輸入されています。
中には非常に珍しい本もあります。
経費で落とせるから、
書棚が豪華なデザイナーや建築家はたくさんいます。

その人たちに「ドナーカード」を配りたいんです。
亡くなったら本を寄付して下さい、と。

遺族がぜんぜんデザインと違う仕事をしていれば、
本は場所をとるだけの邪魔ものです。
本の価値を分からない人が、
もしブックオフに売ってしまったら、
貴重なデザインの本や雑誌が散逸します。
もったいなさすぎます。

ですから、うちの図書館が引き取ります。

えらくゆるい男が管理する図書館なので、
盗難対策なんかしません。
開架式ですから、自由に気ままに閲覧できます。
寄付してもらってますから同じ本もたくさんあります。
カフェでお茶しながら本を見てもらうのもOKです。

世界中のデザイナー、建築家にドナーカードを配って、
海外からも「あそこには珍しい本がある」と来てもらいたい。

このプロジェクトの実現の成否はとにかくスペースの確保。
場所は都心に限ります。
なるべく多くの人に気軽に利用してもらいたいから。
休校になった小学校とかが狙い目と思ってます。

実行するのは10〜15年後くらいかな。
古本屋の主人気分になるのはもう少し体が動かなくなってから。
雑誌を作るとか、本を書くとか、まだまだやりたいこと多いんで。
text & photo by Keiichiro Fujisaki

by cabanon | 2005-12-21 22:43 | コモン
<< 意識しすぎかなぁ? テレビ受け >>


S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
Profile
藤崎圭一郎
Keiichiro Fujisaki
デザイン評論家。編集者。1963年生まれ。1990〜92年『デザインの現場』編集長を務める。1993年より独立。雑誌や新聞にデザイン、建築に関する記事を執筆。東京藝術大学美術学部デザイン科教授。

ライフワークは「デザインを言葉でいかに表現するか」「メディアプロトタイピング」「創造的覚醒」

著書に広告デザイン会社DRAFTの活動をまとめた『デザインするな』

Twitterもやってます!

*当ブログの奥座敷
KoKo Annex

ライフログ
以前の記事
カテゴリ
その他のジャンル
ブログジャンル
リンクについて
当サイトはリンクフリーです。
お気軽にリンクして下さい。

本ブログの記事と写真の
無断複写・転載を固く禁じます。




Copyright 2005-2016 Keiichiro Fujisaki All rights reserved
本ブログの記事と写真の無断複写・転載を固く禁じます。