藤崎圭一郎のブログ。「デザインと言葉の関係」を考えます。

by cabanon
 
マイ・アーキテクト
「マイ・アーキテクト ルイス・カーンを探して」を観に行きました。いい映画です。渋谷の円山町ラブホ街に新しくできたQ-AXシネマという映画館へ。金曜の晩は満員でした。10分前に映画館に着いたのですが、最前列と隅の席しか残っていませんでした。

『Casa BRUTUS』のルイス・カーン特集の時に字幕なしのものを観ていましたが、ようやく字幕版でディテールまで理解できてモヤモヤが晴れました。

ルイス・カーンは20世紀アメリカを代表する建築家です。20世紀、フランク・ロイド・ライト以降のアメリカ人建築家といえばカーン。バルト3国のひとつエストニアから移民で、フィラデルフィアを拠点に活動しました。キンベル美術館やソーク生物学研究所、バングラデシュ国会議事堂などの代表作があります。

監督のナサニエル・カーンは、ルイス・カーンの息子です。彼は“3番目の家族”に生まれたため、週に一度しか父に会うことができませんでした。カーンには本妻がいて娘がいました。愛人がいてそこにも娘がいました。で、もう一人の愛人がナサニエルの母だったのです。

カーンはナサニエルが11歳の時、1974年ニューヨークのペンシルヴァニア駅のトイレで心臓発作で急逝します。建築プロジェクトを手がけていたインド、バングラデシュから帰りでした。父は何者だったのか? 何をなさんとしていたのか? 11歳の少年はまだ理解していませんでした。ただ認知されない家族の複雑な思いだけを残して逝ってしまう。

だから、父探しの旅に出るのです。

フィリップ・ジョンソンやフランク O. ゲーリー、I.M.ペイなど著名な建築家がインタビューに答えてます。フィリップ・ジョンソンが「コルビュジエは陰険じゃよ」と答えると、観客が笑います。お客の建築家率はかなり高いです。

モントリオールのアビタ67を設計したモシェ・サフディや、情報建築家として名高いリチャード・ソール・ワーマン(字幕ではウルマンになってましたが)など渋い面々も登場します。二人ともカーンの弟子です。俳優ケビン・ベーコンの父、元フィラデルフィア都市開発委員長エドマンド・ベーコンの熱弁は、息子の演技をはるかに超えた迫力です。

だけど見せ場は有名建築家ではありません。“2番目のパートナー”のアン・ティン、そして“3番目のパートナー”のハリエットへのインタビューは圧巻です。気丈なアン・ティン、信じるハリエット。不倫の後ろめたさなどなく、むしろ誇りさえ感じられます。
カーンの住宅の傑作フィッシャー邸では、ナサニエルとそれぞれ母の違う2人の姉が出会います。3人の心の重なりとすれ違いに、フィッシャー邸が震えます。そしてインド、バングラデシュへ……。

特に建築関係の方々は今、観たほうがいい映画です。姉歯とかで笑えない建築家事情ばかりが世の中を覆い尽くしている現在、ああ、やっぱり建築をやってきて良かったな、と再認識できるでしょう。きっと建築家としての使命感に火がつくはずです。
もちろん建築家以外の人たちも心動かされるでしょう。ナサニエルの視線は、建築家のそれじゃないですから。

カーンはユダヤ人です。その話がこの映画のサブテーマになっています。
カーン没後に完成したバングラデシュの国会議事堂。つまり、ユダヤ人が設計したイスラム国家の議事堂です。モスクも併設されています。現代の抱える大きな問題の答えがあるように思います。建築が世界に道を指し示しています。今、私たちが絶対残さなければならない20世紀建築をひとつ挙げろと言われたら、僕は迷わずこの建築を選びます。

そう僕はあの奇跡の建築に行ったんです。2年前に。幸せもんだな。
d0039955_12485995.jpg
d0039955_12483965.jpg
d0039955_12493126.jpg
d0039955_19271671.jpg
d0039955_19273517.jpg

d0039955_198181.jpgd0039955_19828100.jpg
d0039955_12495188.jpg


*Link / 映画「My Architect」の公式HP
text & photo by Keiichiro Fujisaki

by cabanon | 2006-02-11 12:52 | Comments(9)
Commented by hiroshimono at 2006-02-11 14:45 x
はじめまして。いつも楽しく拝見しております。

私は単なる建築ファンですが、カーンに強く魅せられて
数年前にソークを見学してきました。彼の建築には
小手先ではない力強さと優しさとが感じられるように思います。

My Architectが関西にも巡回してくれれば良いなぁ
と願っています。
Commented by cabanon at 2006-02-11 17:31
>hiroshimonoさん
ソークですか、うらやましい。
「力強さと優しさ」とはまさにその通りだと思います。父の力強さと優しさ──。ナサニエルは建築に「父」を見るんですよね、きっと。
家族から見れば、女性にだらしなく、お金も無頓着で大きな借金を残して亡くなったとんでもない父ですが、カーンの建築を知れば知るほどそこに理想の父親像が息づいていた。それを息子が世界を旅して発見する。この映画は、カーンの建築だからこそ成立した父探しの物語だと思います。
Commented by umikarahajimaru at 2006-02-24 22:07 x
はじめまして。
興味深く読ませていただきました。
私のブログでも『マイ・アーキテクト』に関する記事を書き、そこでこちらの記事をご紹介させていただきました。TBもさせていただきました。どうぞよろしくお願いします。
Commented by tonton3 at 2006-02-24 23:33 x
画像がきれいで迫力がありますね。
「マイ・アーキテクト」を観た!
トラックバックさせていただきます。
よろしくお願いします。
Commented by cabanon at 2006-02-27 10:29
>umikarahajimaruさん
>tontonさん
コメントありがとうございます。ブログのほう寄らせてもらいました。
お二方ともがっちり書き込んだ映画レビューで、じっくり読み込みました。

この映画って事前にどのくらい知識があればいいか、難しい映画だと思います。何も知らなくてもおそらくかなり感動できる。登場人物はどんな人物でどんな関係か、をあらかじめ知っておくと細かいところまで理解できる。でも、ややサプライズ的な要素は薄れるかも。カーンのことはよく知ってたほうがいいけど、特に知らなくても見ているうちにその偉大さは理解できるようになる。
ブログをいろいろ回ってレビューを呼んで映画を観るか。映画を観てからレビューを読むか。どちらでも行けて難しいですよね。
Commented by ゆず切り at 2006-04-18 01:00 x
はじめまして。「マイ・アーキテクト」を観てから、やってきました。
私の事前の知識は、かなり少ない方だったと思います。
建築に興味はあるけどまったくの素人です。ルイス・カーンの名前は、何かで作品の写真をちらっと見ておもしろそうと思ったので覚えてましたが、その作品が何だったかはあやふや(たぶんインドかバングラデシュのだと思いますが)。あとはこの映画の紹介文のみ。
ですが、十分、かなり、楽しめましたし感動しました。
カーンの建物は、想像していた以上に、インパクトありました。ご本人もかなり非凡な方ですね。
ところで、
私は映画感想文のブログをやっておりまして、「マイ・アーキテクト」についても書こうと思っています。その中で、こちらの記事をリンクさせていただいてもいいですか?結構ミーハーなブログなので、ご迷惑でなければ。
よろしくお願いいたします。

Commented by cabanon at 2006-04-18 01:16
>ゆず切り さま
どうぞどうぞリンクしてくださいませ。
とにかく「マイ・アーキテクト」はいろんな人に観てもらいたいので。
Commented by ゆず切り at 2006-04-19 01:03 x
ありがとうございます。
さっそく、記事upさせていただきました。
「マイ・アーキテクト」、特に建築好きじゃなくてもおもしろい映画だと思うのですが、なにかしらきっかけがないとなかなか見ないでしょうね。
余談ですが、こちらの過去ログもざっと読ませていただきました。あのデビルマンのサイトの方とお友達だったのですね!
Commented by cabanon at 2006-04-21 01:29
えっ! あのサイト知っていらっしゃるとは!!
はい、27〜28年前から知っている友だちです。いいヤツです。
<< 円形校舎 オモサンヒルズ >>


S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
Profile
藤崎圭一郎
Keiichiro Fujisaki
デザイン評論家。編集者。1963年生まれ。1990〜92年『デザインの現場』編集長を務める。1993年より独立。雑誌や新聞にデザイン、建築に関する記事を執筆。東京藝術大学美術学部デザイン科教授。

ライフワークは「デザインを言葉でいかに表現するか」「メディアプロトタイピング」「創造的覚醒」

著書に広告デザイン会社DRAFTの活動をまとめた『デザインするな』

Twitterもやってます!

*当ブログの奥座敷
KoKo Annex

ライフログ
最新のコメント
以前の記事
カテゴリ
ブログジャンル
リンクについて
当サイトはリンクフリーです。
お気軽にリンクして下さい。

本ブログの記事と写真の
無断複写・転載を固く禁じます。




Copyright 2005-2016 Keiichiro Fujisaki All rights reserved
本ブログの記事と写真の無断複写・転載を固く禁じます。