藤崎圭一郎のブログ。「デザインと言葉の関係」を考えます。

by cabanon
 
グルチッチ一気飲み
d0039955_23594424.jpg頂き物です。コンスタンティン・グルチッチがパッケージをデザインした日本酒「SAKE 8」。青森県・八戸の酒造会社「八鶴」が昨年発売したものです。グルチッチは現在もっとも国際的に注目されているドイツ人インダストリアルデザイナー。デザインは「8」をモチーフにしたラベルのみ。立体でなく平面の仕事です。特にすごいデザインというわけではありません。でもなんか華があります。

先々週来客があり、とっておきの酒ということで開けたのですが、イギリス人の建築家の卵さん(僕より年上)が「デザイナーズ・サケ! コレクターズ・アイテム」と喜んでくれました。

酒飲みの僕にとっては、肝心なのは中身です。山廃仕込みの独特の香りとコクがありますが、さらりと飲めます。菊姫とか天狗舞のようなしっかりした山廃の好きな人は物足りないかもしれませんが、僕はこれでいいです。飲み口がいいので、常温よりやや冷やしただけでも(というか冷やし忘れていただけなんですが……)クイクイいけました。720mlで1500円、値段も良心的です。

デザイン関係者をもてなす酒に最適だと思います。デザイナーズなんとかってどうなのよ、といった話がきっと盛り上がるでしょう。ただし、この酒自体はデザイナーズ・サケとかあまり言いたくないです。八戸へ出向いて仕事をしたグルチッチ、異文化の発想をしっかり受けとめた八鶴の方々、そして、美酒──称賛に値します。

【関連リンク】
八鶴のウェブサイト
・同サイトのSAKE8についてはこちら
・コンスタンティン・グルチッチ(Konstantin Grcic)のウェブサイト
SAKE8デビューのレポート。うまかったです。あっという間に飲みました。ありがとう!
text & photo by Keiichiro Fujisaki

by cabanon | 2006-04-29 00:07 | Comments(6)
Commented by makoto at 2006-04-29 00:34 x
ご無沙汰しております。

更新された記事が見覚えのある酒で、驚きました。
下の関連リンクをクリックしていったら、見覚えのあるページが表示されて、これまた驚きました。
ひどい表示ですみません。直し方、わかりません。

それはさておき、良いですよね、この酒。
八戸出身者としては、「あの街からコレかぁ!」みたいな想定外の提案で、かなりの驚きがありました。
なのに、色といい図柄といい、どこか日本的で田舎っぽくも見える。
八戸の誇りです。グルチッチさん大好き。

そういえば、去年<a href="http://happi8.jp/" target="_blank">happi</a>の集まりでこの記事をお見せした時、小泉さんや藤森さんが反応してました。
「同じ8だ」って。その後どうなったかは不明ですが。

僕の部屋にはこの酒が2本ありますが、今は酒に飲まれるので、見て見ぬふりをしています。早く飲みたいです。
Commented by cabanon at 2006-04-29 00:55
>makotoさん
良い酒です。有名デザイナーのパッケージだけど飲んでも印象薄いという酒は多いけど、この酒には良心みたいなものを感じました。八戸の人の心意気というか。八鶴の工場長のブログも面白いです。http://blog.livedoor.jp/takomozu/

ウン、たしかにこの図柄は日本風でもありますよね。纏の紋のよう。色づかいもうまい。グルチッチ、やるちっち、って昔CasaBrutusの原稿に使ったけど、そんな感じ。

頑張って粘って、お祝いに2本一気飲みができるようになることを願っています。
Commented by おやつ at 2006-04-29 11:56 x
わー山廃。飲んでみたい!最近日本酒がマイブームなのです。

これが紙箱のパッケージだとシンプルな力強さの中に凛としたものを感じさせそうですが、茶色い一升瓶に貼ると、なんだか素朴な雰囲気になりますねえ。
個人的にはミツカンを連想させるせいか、少しすっぱい印象がするのが気にかかるとこですが。もしくはチョコみたいな香り…

ところでグルチッチはグルチッチが正しいんですかね。
僕はずっとグルチッチだと思っていたら最近グルシックと表記されているものをよく見かけるのでよく分からなくなってます。
響きとしてはグルチッチであってほしいなあ…と勝手に思ってる今日この頃です。
Commented by cabanon at 2006-04-29 13:28
>おやつ さん

日本酒、いいですよね。

このラベル、きわめてモダンなのに、おっしゃるように「なんだか素朴」。そこがいいですね。それに一度見たら忘れない。欧米人にとって日本酒ってそんな味わいの酒なのかもしれませんね。水みたいにきわめてシンプル、口に含むと米の香りと味わいがする。

グルチッチかグルシックか。名前から言えばクロアチア系ですよね。なんとかチって。ドイツ語風の読み方とか英語風の読み方とか、クロアチア風の読み方なのか、本人がどんな読みを使っているか、なんでしょうけど、カタカナ表記では子音の多い固有名詞の忠実な原音表記は所詮無理だから、愛嬌のあるチッチで行ってほしいですね。
Commented by makoto at 2006-05-28 23:47 x
このお酒のラベルと記念して制作された限定本が、2006年のiFコミュニケーション・デザイン賞を受賞したようですね。
すごいなぁ、の一言です。

あ、僕はグルチッチであって欲しいと思ってます。
そうじゃないと、やるちっちと言えないので・・・。
本当にやるちっちでしたから。

---------------------------------------------
上にある本文の【関連リンク】での一番下の「SAKE8デビューのレポート」リンクが、設定変更により変わってしまったので、新たに下に示させていただきます。
http://coasterdesign.net/2005/10/05-000236.php
Commented by cabanon at 2006-05-30 02:29
>makotoさん
iFデザイン賞とはスゴいですね。SAKE 8を飲んで日独ともにW杯BEST8を!と願います。
<< ちょっとお休みします チョコレート工場の町でお買い物 >>


S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
Profile
藤崎圭一郎
Keiichiro Fujisaki
デザイン評論家。編集者。1963年生まれ。1990〜92年『デザインの現場』編集長を務める。1993年より独立。雑誌や新聞にデザイン、建築に関する記事を執筆。東京藝術大学美術学部デザイン科教授。

ライフワークは「デザインを言葉でいかに表現するか」「メディアプロトタイピング」「創造的覚醒」

著書に広告デザイン会社DRAFTの活動をまとめた『デザインするな』

Twitterもやってます!

*当ブログの奥座敷
KoKo Annex

ライフログ
最新のコメント
以前の記事
カテゴリ
ブログジャンル
リンクについて
当サイトはリンクフリーです。
お気軽にリンクして下さい。

本ブログの記事と写真の
無断複写・転載を固く禁じます。




Copyright 2005-2016 Keiichiro Fujisaki All rights reserved
本ブログの記事と写真の無断複写・転載を固く禁じます。