藤崎圭一郎のブログ。「デザインと言葉の関係」を考えます。

by cabanon
 
傘立て
d0039955_036092.jpg
買いました。浅野泰弘さんデザインの「スプラッシュ」。
濡れた傘を傘立てに入れると、ウチの奥さんに怒られて、
なんで傘立てなのに傘を入れちゃいけないだ!と逆ギレしつつ、
二人暮らしには多すぎる傘がぎゅうぎゅう詰めの傘立てを見て、
ここに、濡れ傘を入れるデリカシーの欠如を顧みて、
おっしゃることはごもっとも、と、
濡れ傘はいつも玄関先に立てかけていたんです。
でも、傘が倒れたりしてえらく美観を損ねる。

傘立てというのは、二種類必要なものです。
家にある傘を保管しておく傘立てと、濡れた傘を置いとく傘立て。
後者は必需品なのに、意外とないんです。

で、最初にこれを見た時から買おうと思っていました。
ただ、4200円と、かなりしっかりしたお値段なので躊躇してたんです。
降り続いた雨が、エイッと肩を押してくれました。
六本木のギャラリー・ルベインに行った時、
向かいの「MITATE」という名のショップで見かけて衝動買い。
そのあと、ネタ探しに行った原宿のAssistOnのほうが、
いろんなカラーバリエーションを扱ってたけど、
ま、でもこのピンクが好きです。

汚れのことを考えたらブラックとかダークブラウンとか買うべきのでしょうが、ラバーの上に水滴が、花弁の雫を思い起こさせますから。
d0039955_0353662.jpg

text & photo by Keiichiro Fujisaki

by cabanon | 2006-06-17 00:42 | Comments(0)
<< スーパーノーマル展 雨に消える椅子 >>


S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
Profile
藤崎圭一郎
Keiichiro Fujisaki
デザイン評論家。編集者。1963年生まれ。1990〜92年『デザインの現場』編集長を務める。1993年より独立。雑誌や新聞にデザイン、建築に関する記事を執筆。東京藝術大学美術学部デザイン科教授。

ライフワークは「デザインを言葉でいかに表現するか」「メディアプロトタイピング」「創造的覚醒」

著書に広告デザイン会社DRAFTの活動をまとめた『デザインするな』

Twitterもやってます!

*当ブログの奥座敷
KoKo Annex

ライフログ
最新のコメント
以前の記事
カテゴリ
ブログジャンル
リンクについて
当サイトはリンクフリーです。
お気軽にリンクして下さい。

本ブログの記事と写真の
無断複写・転載を固く禁じます。




Copyright 2005-2016 Keiichiro Fujisaki All rights reserved
本ブログの記事と写真の無断複写・転載を固く禁じます。