藤崎圭一郎のブログ。「デザインと言葉の関係」を考えます。

by cabanon
 
機能はユーモアに従う!?
ベルリンから帰ってきました。ずっと取材で一人の時はホテルで原稿を書いていたので、考えてみれば一度も一人で街へ出歩かなかったです。
d0039955_18944.jpg
アムステルダム経由だったのでスキポール空港で世界一有名?な便器を撮ってきました。ハエを描いたおかげで、命中率アップ。掃除回数が減り、コストダウンにつながったそうです。
d0039955_1884860.jpg

公共デザインってユーモアが必要のようですね。

ベルリンでは、信号機のキャラクター「アンペルマン」にも挨拶してきました。このキャラは東ドイツ時代にデザインされ、統一後撤去されたけど、このキャラに愛着をもつ旧東側の人たちの声によって最近復活。去年この話を聞いた時は、まだ限られた場所しか設置されていないとのことだったですが、行ったら、ベルリンのかなりあちこちありました。ベルリン以外の旧東ドイツの街にもあったし、帰りの飛行機ではアンペルマンTシャツを着ている若い日本人男性もいました。僕もTシャツ買ったし。
d0039955_1847461.jpg
ユーモアやかわいらしさが、視認性を向上させます。街のシンボルにもなっています。スキポールのハエもベルリンのアンペルマンも、ユーモアがファンクショナルになることを証明しています。
「機能はユーモアに従う」って世界はとても素敵です。
text & photo by Keiichiro Fujisaki

by cabanon | 2006-06-29 18:14
<< ユダヤ博物館 ベルリンにて >>


S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
Profile
藤崎圭一郎
Keiichiro Fujisaki
デザイン評論家。編集者。1963年生まれ。1990〜92年『デザインの現場』編集長を務める。1993年より独立。雑誌や新聞にデザイン、建築に関する記事を執筆。東京藝術大学美術学部デザイン科教授。

ライフワークは「デザインを言葉でいかに表現するか」「メディアプロトタイピング」「創造的覚醒」

著書に広告デザイン会社DRAFTの活動をまとめた『デザインするな』

Twitterもやってます!

*当ブログの奥座敷
KoKo Annex

ライフログ
以前の記事
カテゴリ
その他のジャンル
ブログジャンル
リンクについて
当サイトはリンクフリーです。
お気軽にリンクして下さい。

本ブログの記事と写真の
無断複写・転載を固く禁じます。




Copyright 2005-2016 Keiichiro Fujisaki All rights reserved
本ブログの記事と写真の無断複写・転載を固く禁じます。