藤崎圭一郎のブログ。「デザインと言葉の関係」を考えます。

by cabanon
 
今夜のビールのおつまみ
このパッケージ、とても好きです。
d0039955_11264528.jpg
竹中罐詰のオイルサーディン。美味いです。天橋立のある京都府宮津市製ですから、このパッケージになったようです。にしても、文字情報を最小限にして、風景写真を大胆に使ったこのデザインはお見事、です。
おそらく、店頭単品売り用でなく、箱入り詰め合わせ用だから可能になったデザインでしょうが。
LINK*丹後の名産品を扱うサイトはこちら
text & photo by Keiichiro Fujisaki

by cabanon | 2006-08-05 11:38 | Comments(2)
Commented by ishizaka masaya at 2006-08-05 15:23 x
お久しぶりです。
食品でこのてのデザインは非常に珍しいですねー。
間をたっぷりとって、ロゴもレトロ感のあるスクリプト体のもので、かっこいいですし。その上にシズルがまったくないので、ある意味うらやましいデザインなのかもしれませんね。
Commented by cabanon at 2006-08-05 16:25
> ishizaka masaya さま
油漬けだけど、食べるとほとんどアブラっぽさを感じません。さっぱりしている。このパッケージデザインは、「脱アブラ感」を風景写真でうまく表現していると思います。ヘルシー感>>>シズル感ってことかな。
<< 直すべきか、直さざるべきか。 迷路 >>


S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
Profile
藤崎圭一郎
Keiichiro Fujisaki
デザイン評論家。編集者。1963年生まれ。1990〜92年『デザインの現場』編集長を務める。1993年より独立。雑誌や新聞にデザイン、建築に関する記事を執筆。東京藝術大学美術学部デザイン科教授。

ライフワークは「デザインを言葉でいかに表現するか」「メディアプロトタイピング」「創造的覚醒」

著書に広告デザイン会社DRAFTの活動をまとめた『デザインするな』

Twitterもやってます!

*当ブログの奥座敷
KoKo Annex

ライフログ
最新のコメント
以前の記事
カテゴリ
ブログジャンル
リンクについて
当サイトはリンクフリーです。
お気軽にリンクして下さい。

本ブログの記事と写真の
無断複写・転載を固く禁じます。




Copyright 2005-2016 Keiichiro Fujisaki All rights reserved
本ブログの記事と写真の無断複写・転載を固く禁じます。