藤崎圭一郎のブログ。「デザインと言葉の関係」を考えます。

by cabanon
 
情報の巣
94年のピーター・ガブリエルのインタビューの続き。

Q:インタラクティブ・メディアが発展することによって、第三世界が、農業から工業化を経ずに情報産業に飛躍できる、というあなたのコメントを雑誌『ワイヤード』で読みましたが?

「ええ、私はこの考え方を強く信じています。多少の経済システムが必要なことは分かっていますが、この考え方が好きなのは、小さな《情報の巣》を生み出すことができるからです。衛星と、それぞれの村にその衛星とリンクできる小さな情報機器、そして太陽光発電があれば、電話も通じないような遠隔地でも、完全に独立し、かつ、情報の加工に参加できる。もちろん言語が障害になるでしょうけど。こういった考え方が私をワクワクさせてくれる。情報の巣にはそんなにお金がかからないだろうからね。1万ドルくらいあれば、何とかやっていけるだろうし、こうしたことが起これば経済の形態も変化せざるを得ない。援助プロジェクトの多くが、お金がしかるべき所にきちんと使われていないのが、現実なんだ。政治の腐敗は至る所にあるからね。日本でもイタリアでもイギリスでも…。もし安価なテクノロジーが直接に人々の手に入るならば、それは、プロセス全体を官僚や政治を通さずに彼ら自身が運営していく手段になるだろう。それは釣竿みたいなものだね。富裕な社会ではこうしたことに対する議論が巻き起こっている。ひとつの解決は、まず与えること。第三世界にほんの少しテクノロジーの種を植え付けることなんだ」



94年2月、まだインターネットのWWWブラウザはMosaicしかなかった頃です。この年の12月にNetscape1.0が発表されます。インターネットが爆発的に普及し出すのは翌年からです。ネット環境は大きく進化しました。しかし第三世界の状況は変わったでしょうか。もう一度「情報の巣」という考え方に立ち帰ってみてもいいと思います。
text & photo by Keiichiro Fujisaki

by cabanon | 2006-08-08 10:30 | Comments(0)
<< お疲れさま 種を蒔く人 >>


S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
Profile
藤崎圭一郎
Keiichiro Fujisaki
デザイン評論家。編集者。1963年生まれ。1990〜92年『デザインの現場』編集長を務める。1993年より独立。雑誌や新聞にデザイン、建築に関する記事を執筆。東京藝術大学美術学部デザイン科教授。

ライフワークは「デザインを言葉でいかに表現するか」「メディアプロトタイピング」「創造的覚醒」

著書に広告デザイン会社DRAFTの活動をまとめた『デザインするな』

Twitterもやってます!

*当ブログの奥座敷
KoKo Annex

ライフログ
最新のコメント
以前の記事
カテゴリ
ブログジャンル
リンクについて
当サイトはリンクフリーです。
お気軽にリンクして下さい。

本ブログの記事と写真の
無断複写・転載を固く禁じます。




Copyright 2005-2016 Keiichiro Fujisaki All rights reserved
本ブログの記事と写真の無断複写・転載を固く禁じます。