藤崎圭一郎のブログ。「デザインと言葉の関係」を考えます。

by cabanon
 
お疲れさま
使い終わりました。
よかったです。コクヨのパラクルノ。
d0039955_12402725.jpg

このノート、昨年グッドデザイン金賞受賞し、グッドデザインのイヤーブックのために取材したのですが、その時コクヨからもらったものです。ページをめくりやすいように、上下に向きが逆の斜めカットがついているのがミソ。パラパラとページを繰るからパラクルノです。

使い始めの頃は、なんとなくめくりやすいかなと感じる程度でした。正直、金賞って程のことはないだろ、と思ってました。しかし使い込んでいくうちに考えが変わります。あれ、あのメモどこら辺に書いたかなと探す時などに、この斜めカットの便利さが実感できる。小口が指の腹に馴染むのです。80頁と通常のノートより厚めですが、きっとこれくらい枚数がないと、斜めカットのめくりやすさが実感できないのでしょう。ただA5で525円という価格がネックですね。

ご覧のようにボロボロです。ここまでボロボロにさせてしまう人も珍しいかもしれませんが、言い訳しておきますと、僕はトートバックで一眼レフデジカメといっしょに持ち歩いているので、斜めカットの部分がどうしても折れてしまいます。でも、なんか使い込んだ辞書のようでいい。そろそろ下の青のノートに交替です。

いまネットで調べたらパラクルノ・ミニというのも先月発売されたようです。「パラパラ漫画を描くのに最適」だとかw。値段も安いし、見つけたらメモ帳と使ってみようと思います。
text & photo by Keiichiro Fujisaki

by cabanon | 2006-08-10 12:46 | Comments(0)
<< スタイルとテイスト ver.2.0 情報の巣 >>


S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
Profile
藤崎圭一郎
Keiichiro Fujisaki
デザイン評論家。編集者。1963年生まれ。1990〜92年『デザインの現場』編集長を務める。1993年より独立。雑誌や新聞にデザイン、建築に関する記事を執筆。東京藝術大学美術学部デザイン科教授。

ライフワークは「デザインを言葉でいかに表現するか」「メディアプロトタイピング」「創造的覚醒」

著書に広告デザイン会社DRAFTの活動をまとめた『デザインするな』

Twitterもやってます!

*当ブログの奥座敷
KoKo Annex

ライフログ
最新のコメント
以前の記事
カテゴリ
ブログジャンル
リンクについて
当サイトはリンクフリーです。
お気軽にリンクして下さい。

本ブログの記事と写真の
無断複写・転載を固く禁じます。




Copyright 2005-2016 Keiichiro Fujisaki All rights reserved
本ブログの記事と写真の無断複写・転載を固く禁じます。