藤崎圭一郎のブログ。「デザインと言葉の関係」を考えます。

by cabanon
 
高根台のテラスハウス
d0039955_07538.jpg
高根台団地の中央に配置されたテラスハウス(低層の庭付き連続住宅)群も立ち退きが進んでいました。東隣に下の投稿の中層住宅の敷地があります。
ほとんど空き家で、わずかにまだ住まわれている方がいます。立ち退きが住んだテラスハウスは殺風景です。設計した津端さんは2戸で1棟のセミデタッチドハウスのテラスハウスを望んでいましたが、公団上層部はそれを理解せず「貧乏長屋のイメージを脱却できない」連続住居を建てざるを得ませんでした。結局セミデタッチドハウスはほとんど実現できないまま、昭和30年代後半(1960年代前半)には公団はテラスハウスをつくる方針を変え、公団住宅は中高層棟が中心となっていきます。
d0039955_03455.jpg
テラスハウス周辺のコモンの豊かさは圧倒的に阿佐ヶ谷住宅のほうが上です。配置計画のせいが大きいように思います。長方形の箱を平行して並べてあるだけで、阿佐ヶ谷にあるようなうねうねと曲がる道路はありません。起伏ある敷地の高台に建てられ、眺望がいいのですが、獣道のような鬱蒼とした緑の中にある路地はありません。コモンもありますが、コンクリートブロックで舗装され、四角四面。「個で公でもない得体の知れない緑の共有空間」の「得体の知れない」という感覚はほとんどなく、平板で無機質です。「カスパ・テラス」と津端さんは呼んでいますが、退去した連続住宅には「カスパ」のドライさだけが強く残り、迷宮のイメージからは程遠いものです。
d0039955_02433.jpg

しかし人の住まい方はそんなドライを一気に吹き飛ばしてしまいます。まだ立ち退いていない家の庭は森のようになってました。下の写真と見比べて下さい。
d0039955_034762.jpg
退去が完了した隣の棟をほぼ同じアングルで撮影しています。森が空間を一変させています。一戸一戸は狭いテラスハウスですが、庭が自然と人を繋げるインターフェースとなって、住み手の個性がそこに反映され、均質に分割されたドライな建築空間をがらりと変えてしまっています。
d0039955_0222943.jpg
この家のエントランス側も大きな木が。


「庭のない住宅は住まいとは言えない」。津端さんの言葉が心に響きました。建築家のマニュフェストとして、住宅の内部空間の分節化の独創性だけを、住宅の個性と考えた時代は終わりを告げなくてはいけません。住み手のマニュフェストは、外に開かれた庭に最も強く現れます。
d0039955_022066.jpg

text & photo by Keiichiro Fujisaki

by cabanon | 2006-09-14 00:11 | コモン | Comments(1)
Commented by hana at 2006-10-23 19:22 x
こんにちは。
先日トタンギャラリーで ちらっとお会いしたような・・・

10/29まで阿佐ヶ谷住宅内の写真を阿佐ヶ谷住宅25号棟4号のとたんギャラリーで展示しております。
お近くにいらした際は是非お寄りください。

詳細はこちら
http://osampohana.blog46.fc2.com/blog-entry-259.html
<< 手動ワイパー 高根台団地 >>


S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
Profile
藤崎圭一郎
Keiichiro Fujisaki
デザイン評論家。編集者。1963年生まれ。1990〜92年『デザインの現場』編集長を務める。1993年より独立。雑誌や新聞にデザイン、建築に関する記事を執筆。東京藝術大学美術学部デザイン科教授。

ライフワークは「デザインを言葉でいかに表現するか」「メディアプロトタイピング」「創造的覚醒」

著書に広告デザイン会社DRAFTの活動をまとめた『デザインするな』

Twitterもやってます!

*当ブログの奥座敷
KoKo Annex

ライフログ
最新のコメント
以前の記事
カテゴリ
ブログジャンル
リンクについて
当サイトはリンクフリーです。
お気軽にリンクして下さい。

本ブログの記事と写真の
無断複写・転載を固く禁じます。




Copyright 2005-2016 Keiichiro Fujisaki All rights reserved
本ブログの記事と写真の無断複写・転載を固く禁じます。