藤崎圭一郎のブログ。「デザインと言葉の関係」を考えます。

by cabanon
 
カメラを買った
EOS 5Dを買いました。フルサイズCCDなので、ようやく16-35mm広角ズームを生かせます。今まで使っていたEOS Kiss Digitalでは、16mmが22mm(正確な数字じゃありません)くらいになってしまい、しかも被写体の歪みだけは16mm並みで、広角ズームをあまり使わなくなっていたんです。5Dは起動も転送も速いし初代EOS Kiss Digitalとは雲泥の差です。モノを買ってこんなうれしい気分は久しぶりです。パソコン関連じゃもう全然ときめきません。
d0039955_017345.jpg
銀座のミキモト。16mmまで広角を使えるとやっぱイイ。

三宝カメラで288,750円。資金の一部に当てようと、2年以上押入で眠っていたEOS 3とEOS630を、お店で買い取ってもらいました。しかし、EOS3は底に凹みがあると言われ18000円。EOS630に至っては2000円(涙)。最初に買った一眼レフで、けっこう愛着があったのに。思っていたより買い取り価格が低かったので、コンタックスT2をまた売りに行こうかと悩んでます。
d0039955_0181525.jpg

夕方、仕事で銀座へ。待ち合わせの時刻まで少々時間があったので、メゾン・エルメスの中を見学。エルメスでは、財布ひとつが、清水の舞台から飛び降りる気分で買ったEOS 5Dと同じ値段でした。
text & photo by Keiichiro Fujisaki

by cabanon | 2006-10-21 00:23 | Comments(2)
Commented by おやつ at 2006-10-21 08:25 x
おお。商売道具ですかね。広角いいですね。
ちなみに僕は最近カメラをオシャカにしました。自分もろとも海の中にちゃぷんって…トホホ。
コンタックスT2、高く売れそうですね。
でももったいないなあ。いいなー。
Commented by cabanon at 2006-10-21 14:03
>おやつ さん
商売道具になるかな? もう少し写真がうまくなって、記事も書いて写真も撮る仕事を増やしていきたいなと思ってます。
このブログの写真だと分からないのですが、僕の写真は拡大するとピンが甘かったり微妙に手ぶれしている。5Dでさらなる進化を目指します。
といっても、やはり写真はプロのカメラマンに頼むのが一番。各ジャンルのプロがそれぞれプロの仕事をキチッとこなす現場は、ホント気持ちがいいです。
T2はEOS3よりは高く売れそう。もったいないけど、使わないで持っているのも、T2君にも悪いし。
<< 大橋晃朗展 ネコ用? >>


S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
Profile
藤崎圭一郎
Keiichiro Fujisaki
デザイン評論家。編集者。1963年生まれ。1990〜92年『デザインの現場』編集長を務める。1993年より独立。雑誌や新聞にデザイン、建築に関する記事を執筆。東京藝術大学美術学部デザイン科教授。

ライフワークは「デザインを言葉でいかに表現するか」「メディアプロトタイピング」「創造的覚醒」

著書に広告デザイン会社DRAFTの活動をまとめた『デザインするな』

Twitterもやってます!

*当ブログの奥座敷
KoKo Annex

ライフログ
最新のコメント
以前の記事
カテゴリ
ブログジャンル
リンクについて
当サイトはリンクフリーです。
お気軽にリンクして下さい。

本ブログの記事と写真の
無断複写・転載を固く禁じます。




Copyright 2005-2016 Keiichiro Fujisaki All rights reserved
本ブログの記事と写真の無断複写・転載を固く禁じます。