藤崎圭一郎のブログ。「デザインと言葉の関係」を考えます。

by cabanon
 
青森、山形、新潟、富山、石川、愛知、東京。
d0039955_18254854.jpg
先週行ってきたところで買ったキティです。豆が3つ並んだ山形のただ茶豆と、名古屋のういろう(四角いの)は、究極の変身系。よく見ないとキティだと気づきません。蒲郡のミカンキティはよく見えません。透明に変身したのはガラス製金箔入り@金沢。写真が小さすぎるので、下に拡大写真を載せときます。

抱きつき系は東京タワーと新潟の柿の種。何でも抱きついちゃいます。
コスプレ系は僕の趣味じゃないのであまり買ってません。唯一、右の、笠を被ったねぶた祭りキティのみ。

かぶりもの系では青森の金魚と北陸のカニが傑作。ピンクの富山のホタルイカは、夜になると光るとか(まだ光らせてない)。イカの上の、新潟の笹団子は両眼を閉じてて素朴でなごみます。山形のサクランボ姉妹はかわいらしさの王道。エビフライはよく考えれば残酷。キティのフライ、うまいのか。
それにしてもキティほどシンプルかつ変幻自在のデザイン言語ってないかもしれません。
d0039955_23192532.jpg

text & photo by Keiichiro Fujisaki

by cabanon | 2006-10-31 17:53 | Comments(8)
Commented by のんべぇ at 2006-10-31 22:19 x
犬のかぶり物で、棒を持っている犬吠キティが個人的には最強だと思います。
あと名古屋あたりの、新幹線キティは意味不明すぎでしたね。
Commented by cabanon at 2006-11-01 09:56
犬に棒ですか! 最強キティ探しの旅はまだまだ続きそうです。
Commented by ばんぶっち at 2006-11-01 10:05 x
ワタシも結構あちこちからお土産で戴いて持っています。
今までで一番「そりゃないだろ」と思ったのは
茄子を頭に被ったヤツです。那須だけに・・・^^;
「みかんキティ」は初めて見ました。
肝心のキティちゃんがよく見えない、って所がナイスですな。
Commented by cabanon at 2006-11-01 10:22
ナスね。そりゃ、またベタですな。
Commented by 詩人 at 2006-11-01 22:26 x
「ドラえもん」も、バリエーションではかなり肉薄してますね。
北海道で見た透明系、
「クリオネ」えもんと「いくら」えもんは、かなりグッと来ました。

「ご当地キティ」は、かの川崎和男氏も、収集されてるらしいですね。

この吸引力は、おかしみを通り抜けて、ある種の脅迫に近い。
抗い難いのなんのって…
Commented by cabanon at 2006-11-02 00:05
うん、確かこの吸引力は抗いがたいものがあります。うちの奥さんは、Macの液晶ディスプレイのリンゴマークの上にキティのシールを貼っている僕を、ずっと軽蔑の目で見ていましたが、ご当地キティの「なんでもありっぷり」にさすがに敬服したようで、今日は鹿児島出張、かぶりもの系を中心にキティを買い集めていることと思います。
Commented by ばんぶっち at 2006-11-02 16:24 x
鹿児島と言えば・・・
櫻島大根とサツマイモでしょうかね(^^ゞ
Commented by cabanon at 2006-11-03 22:42
大根と紫芋と西郷さんとミカンキティがおみやげでした。
いや、それより、羽田空港で買ってきてくれた
渋谷(コギャルです)、池袋(フクロウです)、月島もんじゃが名品です。
渋谷でロケしてそのうち載せます。
<< これも好きです 気になる広告 >>


S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
Profile
藤崎圭一郎
Keiichiro Fujisaki
デザイン評論家。編集者。1963年生まれ。1990〜92年『デザインの現場』編集長を務める。1993年より独立。雑誌や新聞にデザイン、建築に関する記事を執筆。東京藝術大学美術学部デザイン科教授。

ライフワークは「デザインを言葉でいかに表現するか」「メディアプロトタイピング」「創造的覚醒」

著書に広告デザイン会社DRAFTの活動をまとめた『デザインするな』

Twitterもやってます!

*当ブログの奥座敷
KoKo Annex

ライフログ
最新のコメント
以前の記事
カテゴリ
ブログジャンル
リンクについて
当サイトはリンクフリーです。
お気軽にリンクして下さい。

本ブログの記事と写真の
無断複写・転載を固く禁じます。




Copyright 2005-2016 Keiichiro Fujisaki All rights reserved
本ブログの記事と写真の無断複写・転載を固く禁じます。