藤崎圭一郎のブログ。「デザインと言葉の関係」を考えます。

by cabanon
 
世界をデザインする
昨日の話の続きだが、史上最もデザインされた国家はナチス・ドイツだと思う。ヒトラーは明らかに世界をデザインしようという意志を持っていた。人種も文化も道徳も、経済も軍事的パワーバランスも。

ハーケンクロイツを中心としたブランディング。その旗印の下に形成された機能的組織。ゲッペルスの宣伝戦略。シュペアーのベルリン再開発計画。民族の祭典を成功させたプロデュース力。アウトバーンなどを整備するインフラ構築。ガン治療の研究が最も進んでいたという国民の健康や衛生を重視した姿勢。ナチスがフェルディナンド・ポルシェ博士に依頼して38年に量産を始めた国民車は、戦後ビートルという愛称で世界の人々を魅了する。フォルクスワーゲンとは国民車という意味である。

デザインは両刃の刃だ。ナチスの例は極端だが、たとえ善のためにデザインするという意志があっても、今の時代に道徳的なことが、100年後に道徳的かはわからない。社会の隅々まで「今の人」が良かれとと思ってデザインすれば、それだけで将来へ刃を向けていることなのかもしれない。いや、同時代だって、世間に自分の声を通す術をよく知っている人たちが声を出す術を持たない人たちを傷つける。その痛み──。それを知らしめないで、デザインの概念の拡張はありえない。
text & photo by Keiichiro Fujisaki

by cabanon | 2006-12-01 19:42 | Comments(5)
Commented by antliondiary at 2006-12-02 02:10
なんだってこう、言葉にすべき事を時期を逃さずにうまく言葉にできるのだろう、と関心して拝見しております。

世界の最貧困層に属する人たちへ
「あなたにとって貧困とはなんですか?」
という質問がなされたとき、
もっとも印象的かつ重要だと思われた回答が
「声を持たない事です。」
というものでした。
何年か前の人間開発報告書に記してありました。

「声を出す術を持たない人たち」の存在が貧困問題の、そしてもしかしたらデザインを考える上での最重要課題なのかもしれません。
Commented by もも at 2006-12-02 10:08 x
初めて投稿させて頂きます。
(講師室で時々建築の話をさせて頂いている者です)

ナチの第三帝国時代の美術や建築は素晴らしいという事を、以前大学時代に授業で聞きました。ヒトラーは元々画家を目指していたとか、。当時は美術大臣みたいな役職もあったようですね。

その時は、教員の個人的趣味でそんな話をしているのかと思っていましたが、ナチス・ドイツ時代のデザインはやはり注目されていたのですね。

Commented by cabanon at 2006-12-02 18:59
>antliondiaryさん
最近、声を出せるってホント幸せなことだと思うんです。
雑誌や新聞に原稿書いたり、ブログ書いたり、講義をしたり。
読んでもらえる・聞いてもらえる幸せって、お金に換えられない。
大きな声を出して人を圧倒するのでなく、
他人の声を引き出す声を出したい。それが僕の物書きとしての目標です。

Commented by cabanon at 2006-12-02 21:44
>もも さん
あっあの、阿佐ヶ谷住宅とかの話とかした…ももさんですね。
ヒトラーの趣味は偏狭でしたから、
第三帝国の美術や建築が「素晴らしい」とは思いません。
ただ、ものすごく強度のあった。
リーフェンシュタールの映像とか、時代を超えています。
戦前の日本が、文化的なものを「贅沢」と括って敵視して、
戦時体制を整えていったのと対照的に、
ドイツは文化を政治の求心力として利用した。
ヒトラーは、共産主義者やユダヤ人への嫌悪もあいまって、
前衛芸術は頽廃芸術として徹底的に弾圧しますが、
芸術自体を弾圧したわけでない。デザインの方法論も利用した。
そこがナチスドイツの芸術・デザイン・建築政策への評価を難しくしています。
ま、ナチスはあまりにヒドいことやったから、
いくら学術的な視点といっても、
安直な評価はまだしないほうがいいと思います。
少なくとも犠牲者とその遺族が生きているうちは。
Commented by もも at 2006-12-03 11:42 x
そうですね。

学生時代に美術について習った事で、未だに分からない事、理解できない事が沢山あるんですよ。
時々かなり初歩的な事、突拍子もない事を質問するかもしれませんが、ご容赦くださいね♪
<< 面質 マッシブチェンジ ? >>


S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
Profile
藤崎圭一郎
Keiichiro Fujisaki
デザイン評論家。編集者。1963年生まれ。1990〜92年『デザインの現場』編集長を務める。1993年より独立。雑誌や新聞にデザイン、建築に関する記事を執筆。東京藝術大学美術学部デザイン科教授。

ライフワークは「デザインを言葉でいかに表現するか」「メディアプロトタイピング」「創造的覚醒」

著書に広告デザイン会社DRAFTの活動をまとめた『デザインするな』

Twitterもやってます!

*当ブログの奥座敷
KoKo Annex

ライフログ
最新のコメント
以前の記事
カテゴリ
ブログジャンル
リンクについて
当サイトはリンクフリーです。
お気軽にリンクして下さい。

本ブログの記事と写真の
無断複写・転載を固く禁じます。




Copyright 2005-2016 Keiichiro Fujisaki All rights reserved
本ブログの記事と写真の無断複写・転載を固く禁じます。