藤崎圭一郎のブログ。「デザインと言葉の関係」を考えます。

by cabanon
 
クリスマスイブ
川崎駅西口に新しくできたショッピングモール「ラゾーナ」へ映画を観に行きました。
d0039955_117623.jpg
「鉄コン筋クリート」と「武士の一分」を立て続けに2本。映画をハシゴすると、どちらかをすっかり忘れてしまったり、互いが打ち消し合ってそれぞれの印象が薄くなるので良くない、とずっと思ってきましたが、昨日はそんなことありませんでした。

「鉄コン筋クリート」は傑作です。「都市」に棲む「精霊」たちの攻防の物語だと思って観てました。主人公のクロとシロは土着のミシャグチ(ミシャクジ)神、彼らが外来の神と合体しビリケンのような顔になった蛇神と闘う……。
都市の描き方が超絶です。中銀カプセルタワーのようなメタボリズムな建築が悪の住処になっていたり。デザイン・建築系の方々は、絶対に観ておいたほうがいいでしょう。サントラもいいです。

「武士の一分」。こちらもいい映画でした。あるプロダクトの原稿を書いていて「一分」という言葉が気になって観に行ったのですが、昔よく読んでいた藤沢周平の読後感が甦りました。あの余韻を出したいと思って、昔ずいぶん文体を真似しようとしたっけ──
「──のあと改行」とか。

「鉄コン筋クリート」と「武士の一分」──この2本、全然関連性がないようで、実は物語の基本構造が同じです。お互いを補完しあう2人がいて、何らかの事情でどちらかが欠ける。バランスが崩れ、決闘・対決の中で死・闇を垣間見る経験をへることで、再び2人は相互補完関係を取り戻し、閉じた宇宙にバランスが戻る。ともにヒューマニスティックなドラマです。で、その物語の一部始終を見つめているのは、ジイさん──。卑しき世界に身を隠す老賢者が、死と再生のドラマを見つめているのです。神話的な構造を持つ話は、やはり強いです。
text & photo by Keiichiro Fujisaki

by cabanon | 2006-12-25 10:24 | Comments(2)
Commented by もも at 2006-12-25 12:13 x
「武士の一分」良かったですか?いつもは単館ものばかり見ているので、休み中にたまにはメジャーものも見ようかと思ってます。
Commented by cabanon at 2006-12-25 13:31
>ももさん
「武士の一分」。映画の教科書のような映画だと思いました。
季節感の出し方が良かったなあ。
スタジオの光っぽい、ちょっと明るめのライティングがやや気になったけど。
みんなが結論が読めてしまっても、でも、やっぱり映像とセリフで泣かせる。
これは相当の技量がないと出来ない。
どんでん返しの連続だけで見せるハリウッド映画に最近飽きているのは
この技量を感じさせないからです。
<< アオリ 仙台に行ってきました >>


S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
Profile
藤崎圭一郎
Keiichiro Fujisaki
デザイン評論家。編集者。1963年生まれ。1990〜92年『デザインの現場』編集長を務める。1993年より独立。雑誌や新聞にデザイン、建築に関する記事を執筆。東京藝術大学美術学部デザイン科教授。

ライフワークは「デザインを言葉でいかに表現するか」「メディアプロトタイピング」「創造的覚醒」

著書に広告デザイン会社DRAFTの活動をまとめた『デザインするな』

Twitterもやってます!

*当ブログの奥座敷
KoKo Annex

ライフログ
最新のコメント
以前の記事
カテゴリ
ブログジャンル
リンクについて
当サイトはリンクフリーです。
お気軽にリンクして下さい。

本ブログの記事と写真の
無断複写・転載を固く禁じます。




Copyright 2005-2016 Keiichiro Fujisaki All rights reserved
本ブログの記事と写真の無断複写・転載を固く禁じます。