藤崎圭一郎のブログ。「デザインと言葉の関係」を考えます。

by cabanon
 
六本木
冬の台風一過というか、クリアな空気の一日でした。AXISで打ち合わせのあと、六本木ヒルズで「プラダを着た悪魔」を観る。強烈に誇張はされてるけど、多かれ少なかれ編集長ってのは、ああいうものです。編集の世界はホント前近代的ですから。多分ファッション誌の世界を知らない人のほうが「あんな編集長、ありえない」と思うはず。にしても、川崎で観た「鉄コン筋クリート」と客筋が違いすぎ。
d0039955_0274842.jpg

text & photo by Keiichiro Fujisaki

by cabanon | 2006-12-28 00:39 | Comments(4)
Commented by もも at 2006-12-28 18:26 x
私、六本木のAXISかアマンド辺りから見る東京タワー好きです。それと夜ライトアップされているタワーを足下の赤羽橋辺りから見るのもすごく好きです!
休み中に「武士の一分」とシネスイッチでやっている「暗いところで待ち合わせ」だけは見たいと思ってるのですが、。なかなか行けずです、。
Commented by cabanon at 2006-12-28 19:12
>もも さん
ここから見る東京タワーってたまに雲が先端部分にかかってたりして
ホント、きれいなんですよね。
単館上映なら、「スキャナー・ダークリー」ですよ。
映画はちょっとね、って感じが、ネットから伝わってきますが、
原作のP.K.ディックの『暗闇のスキャナー』は僕の「人生ベスト小説」です。
学生時代、本当にディックに心酔してましたから。
あっ、まだ観てないけど、明日観ます。
Commented by のんべぇ at 2006-12-28 21:18 x
夏までいた会社の近所ですなぁ。
最近六本木に行くのは、その会社の送別会の類ばかりです。
Commented by cabanon at 2006-12-29 08:50
>のんべぇ さん
僕は六本木で飲むってこと、ほとんどないな。
昼間行っても、幸楽苑でメシ食ってるし。
<< さすが横浜 アオリ >>


S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
Profile
藤崎圭一郎
Keiichiro Fujisaki
デザイン評論家。編集者。1963年生まれ。1990〜92年『デザインの現場』編集長を務める。1993年より独立。雑誌や新聞にデザイン、建築に関する記事を執筆。東京藝術大学美術学部デザイン科教授。

ライフワークは「デザインを言葉でいかに表現するか」「メディアプロトタイピング」「創造的覚醒」

著書に広告デザイン会社DRAFTの活動をまとめた『デザインするな』

Twitterもやってます!

*当ブログの奥座敷
KoKo Annex

ライフログ
最新のコメント
以前の記事
カテゴリ
ブログジャンル
リンクについて
当サイトはリンクフリーです。
お気軽にリンクして下さい。

本ブログの記事と写真の
無断複写・転載を固く禁じます。




Copyright 2005-2016 Keiichiro Fujisaki All rights reserved
本ブログの記事と写真の無断複写・転載を固く禁じます。