藤崎圭一郎のブログ。「デザインと言葉の関係」を考えます。

by cabanon
 
御礼
1/17のforo 08での松下計さんとのトーク、無事終了しました。
お越しいただいた方々、foro 08のコミッティとスタッフの皆さま、本当にありがとうございました。

いつもの仕事とは逆に、松下さんが聞き役になってくれました。とてもしゃべりやすかった。大学の卒論でヨーゼフ・ボイスを書いたのが僕の原点になっているという話から、現在のデザインブームの背景、コモン、学校の構想、冗長美などしゃべり倒させていただきました。

最後は、壁を叩いてしゃべってた。こんなことしてたんだと後で写真を見てびっくり。
d0039955_19132952.jpg

text & photo by Keiichiro Fujisaki

by cabanon | 2007-01-18 19:15 | Comments(5)
Commented by mai-hashimoto at 2007-01-19 01:53
わあ 藤崎さん!髪の毛!オールバックじゃあないですねえ!若い!(本当に)
トーク行きたかったです。
なかなかお会いする時がなくなってしまいますが、本年もどうぞよろしくお願いいたします。
Commented by もも at 2007-01-19 10:10 x
本当に髪をばっさり切られたのですね。
失恋でもされたのですか?(冗談)昨日すれ違った時、一瞬どなたか分かりませんでした、。
以前先生を初めて見た時、やはりドン小西(失礼!)風で、ファッションデザイナーさんかと思いました。
Commented by cabanon at 2007-01-20 14:44
>maiさん
若そうに見える写真を選らんだだけ。
かなりメタボリックな写真もあって、
肉体改造を再開せねばと思ってます。
今年もよろしくです!

>ももさん
無視されたのかと思いましたよ。
着てるもんが安物なんで、ファッションデザイナーには見えませんよ。
もう40代半ばなんで、もっと服にお金をかけなければと思う今日この頃です。
Commented by ばんぶっち at 2007-01-21 00:19 x
おひさしぶりです。
ホント、ばっさりやっちゃったのね~(*^^)v
トーク、今の職場から結構近くだったのに、
行けなくて残念だったな~
Commented by cabanon at 2007-01-22 12:00
>ばんぶっち さん
金髪坊主という時代もあったし、
同じスタイルを続けるのが苦手なんです。
切ってから1週間、すでにボサボサです。

<< 図工と美術 原稿書きの合間に >>


S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
Profile
藤崎圭一郎
Keiichiro Fujisaki
デザイン評論家。編集者。1963年生まれ。1990〜92年『デザインの現場』編集長を務める。1993年より独立。雑誌や新聞にデザイン、建築に関する記事を執筆。東京藝術大学美術学部デザイン科教授。

ライフワークは「デザインを言葉でいかに表現するか」「メディアプロトタイピング」「創造的覚醒」

著書に広告デザイン会社DRAFTの活動をまとめた『デザインするな』

Twitterもやってます!

*当ブログの奥座敷
KoKo Annex

ライフログ
最新のコメント
以前の記事
カテゴリ
ブログジャンル
リンクについて
当サイトはリンクフリーです。
お気軽にリンクして下さい。

本ブログの記事と写真の
無断複写・転載を固く禁じます。




Copyright 2005-2016 Keiichiro Fujisaki All rights reserved
本ブログの記事と写真の無断複写・転載を固く禁じます。