藤崎圭一郎のブログ。「デザインと言葉の関係」を考えます。

by cabanon
 
工芸ニュースのバックナンバー
国立国会図書館に『工芸ニュース』を読みに行きました。コンピュータで検索すると、閲覧できるのは、1936年、41年、51年、54〜56年、61年のみ(間違いです。2/14記)。以前、人から、国会図書館には『工芸ニュース』のバックナンバーが揃っていないと聞いていたのですが、あまりに見られないので驚きました。(仕事に使う分は見られたのですが)。

『工芸ニュース』は1932年〜1974年に発刊された、日本のプロダクトデザインの歴史研究にとって最も重要で資料性の高い雑誌です。それが日本のあらゆる雑誌のバックナンバーがいちばん揃っているとされる国会図書館で見られないのは、おかしい。こんなことだから、デザイン史の研究が疎かになる。

蔵書は開放してこそ本当の資産になる。デザイン本のコレクターばかりが増える現状はどうかと思う。

どなたか!国会図書館に工芸ニュースのバックナンバーを揃いで寄贈して下さい。僕はJIDAがちゃんと買い集めて、寄贈すべきだと思う(JIDPOでもいいです)。「デザインの力」を啓蒙するデザインミュージアムも大切ですが、日本のデザイン史を研究する環境をきめ細かく整えることもとても大切です。
text & photo by Keiichiro Fujisaki

by cabanon | 2007-02-13 23:08 | Comments(3)
Commented by toshi at 2007-02-14 00:31 x
工芸ニュースの存在すら知りませんでした。
JIDA Jrという下部組織に、一期生として在籍しているので、
今度ミーティングでちょっと話してみます。

思えば、桑沢でも希少・絶版本は閉架書庫の中で、
検索すらできず埋もれているままなんですよね。
先生づたいで倉俣さんのインタビューなどは読みましたが、
まだまだ本来学生に読まれるべきものが埋もれているのでしょう。
Commented by ソリョーヌイ at 2007-02-14 20:59 x
はじめて書き込ませていただきますが、上記の文章からすると「日本のプロダクトデザインの歴史研究にとって最も重要で資料性の高い雑誌」の所在を、「デザインジャーナリスト」の藤崎さんがこれまで未確認だったという事実が、「こんなことだから、デザイン史の研究が疎かになる」ことにつながっているようにも読めます。そしてこれはそれほど斜に構えた読みではなく、比較的素直な読みだと思います。きつい言い方ですが、こういう無邪気な書き込み自体に、学術的なデザイン史の現状がうかがえます。
Commented by cabanon at 2007-02-14 21:55
>toshiさん
昔のデザイン雑誌は今のもとはまた違って面白いですよ。
なんだ、こうしたことは50年前から言われていたことなんだととか
いろいろ分かります。今日は1955〜56年の美術出版社の『リビングデザイン』を読みましたが、柳宗理や丹下さんと渡辺力さんの鼎談とか面白かった。

>ソリョーヌイさん
上に書いたように大間違いをしてしまったので「無邪気な書き込み」と言われて反論できません。
ただ以前も、他所で閲覧したことがあり、べつに未確認だったわけではありません。それと歴史家とジャーナリストは基本的に違うものです。そこは誤解されないようにしてください。デザイン史研究同様、デザインジャーナリズムの現状も相当貧相なものですが w
<< お詫びとお知らせ 富山ライトレール >>


S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
Profile
藤崎圭一郎
Keiichiro Fujisaki
デザイン評論家。編集者。1963年生まれ。1990〜92年『デザインの現場』編集長を務める。1993年より独立。雑誌や新聞にデザイン、建築に関する記事を執筆。東京藝術大学美術学部デザイン科教授。

ライフワークは「デザインを言葉でいかに表現するか」「メディアプロトタイピング」「創造的覚醒」

著書に広告デザイン会社DRAFTの活動をまとめた『デザインするな』

Twitterもやってます!

*当ブログの奥座敷
KoKo Annex

ライフログ
最新のコメント
以前の記事
カテゴリ
ブログジャンル
リンクについて
当サイトはリンクフリーです。
お気軽にリンクして下さい。

本ブログの記事と写真の
無断複写・転載を固く禁じます。




Copyright 2005-2016 Keiichiro Fujisaki All rights reserved
本ブログの記事と写真の無断複写・転載を固く禁じます。