藤崎圭一郎のブログ。「デザインと言葉の関係」を考えます。

by cabanon
 
頑張れ! スケッチ・オブ・フランク・ゲーリー
昨日(月)、映画「スケッチ・オブ・フランク・ゲーリー」を観ました。ヤバいです。

興味深い内容でした。けど観客は12人。少なすぎて数えちゃいました。渋谷・Bunkamura ル・シネマの単館上映。公開3日目。夕方17時30分の回。非常にいい映画なのに、あり得ない。学生らしき若い人がいない。宣伝不足でしょう。僕は六本木に貼ってあったポスターを観て公開日を知ったのですが、でも、建築系メディアなどへのプロモーションが足りないのかもしれません。

観に行きましょう! じゃないとあっと言う間に公開終了になってしまいそう。昨年、同じ渋谷で公開されたルイス・カーンの映画「マイ・アーキテクト」は、たくさん人が入っていたのに……。

「スケッチ・オブ・フランク・ゲーリー」は、息子が父探しをする「マイ・アーキテクト」のような濃い人間ドラマではありません。正統派のドキュメンタリー映画です。5年間ゲーリーを追いかけ、ゲーリー本人や友人、批評家、クライアントなどの証言で、ゲーリーという建築家の創造の秘密に迫ります。迫った人は「トッツィー」や「愛と哀しみの果て」などで知られるシドニー・ポラック。時にポラックがハンディカメラを持ってゲーリーに直接インタビューします。ゲーリーとポラックは以前から友人だったようで、相手がポラックだからリラックスしてしゃべっているという感じが画面から伝わってきます。同時に、なんかちょっと歪んでるゲーリーが巧みに映し出されていきます。

ゲーリーは35年間サイコセラピーに通っているようです。ポラックは、ゲーリーの精神の遍歴と、建築家としての経歴を重ね合わせます。ゲーリーは神戸やバルセロナに巨大なサカナのオブジェをつくったり、サンタモニカに巨大双眼鏡をつくったり、トンデモ作品もたくさんつくっています。ラディカルさが評価された建築家でしたが、作家として不安定でトンデモに振れてしまうこともかなりあったのです。1989年60歳の時の、ヴィトラ家具博物館が転機となりました。不定形で曲線を多用する今のゲーリー建築が生まれます。そして1997年68歳の時に大爆発。建築界のみならず広く世間を驚かせたグッゲンハイム美術館ビルバオが竣工(開館は98年)します。以降作品は過激な形態のものが多いですが、作家としては安定期に入ります。で、今年78歳。こう考えるとゲーリーはかなり晩成の建築家です。

ポラックはゲーリーの心の中の歪みが消えていくとともに、建築が創造的な歪みが生まれていることを、浮き彫りにします。そして、その時期に、たまたま急速に進歩したコンピュータテクノロジーが現れる。つまり、創造的な歪みを現実化する手段をゲーリーは手に入れるのです。自分のイメージを建築構造として実現するために、本人がコンピュータを勉強したわけではない。作家としての転機に、ピタッとはまるかのように、偶然コンピュータで設計する環境が登場するのです。

ゲーリーは幸運な建築家です。僕は生物の進化のプロセスを思い起こしました。突然変異が起こった個体が種として生き延びるには、外部環境が変異した種に適していないといけない。外部環境の準備が整っていないければ、どんなに革新的な変異も後に残らない。泥沼にチーターが生まれても意味がないわけです。

ゲーリーのグッゲンハイム美術館ビルバオは、ゲーリーの建築家としての内的変異と、コンピュータによる構造解析や模型を3次元データとしてスキャニングする技術の発展、チームワークで仕事をするスタイルの熟成、美術館の世界戦略の始まり、建築家のブランド化、といった外的要因が偶然重なり合って実現した。そこが面白いわけです。で、その幸運を、本人がやや戸惑いながら受け止めているところがある。そこをポラックのカメラがしっかりと捕らえています。ビルバオができたときにゲーリーはどう思ったか、とかとても興味深いコメントを発しています(ネタバレになるから書きません)。

他にも見所満載です。模型でどうやってイメージを膨らませているのかとか、時に若いスタッフにズケズケ物を言われるゲーリーの表情とか。証言者のラインナップいいです。生前のフィリップ・ジョンソン、批評家チャールズ・ジェンクス、ゲーリーに家を建ててもらったデニス・ホッパー、画家のジュリアン・シュナーベルは白いバスローブにブランデーグラスという、狙ったとしか思えない格好で出てきます。指揮者界の貴公子エサ=ペッカ・サロネン、それになぜかボブ・ゲルドフ。

観客は少なかったですが、僕も、前方の2、3人も思わず身を乗り出してゲーリーの言葉を聞いていました。おすすめの映画です。
text & photo by Keiichiro Fujisaki

by cabanon | 2007-06-05 13:14
<< この動画はスゴい ル・コルビュジエ連戦連敗 >>


S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
Profile
藤崎圭一郎
Keiichiro Fujisaki
デザイン評論家。編集者。1963年生まれ。1990〜92年『デザインの現場』編集長を務める。1993年より独立。雑誌や新聞にデザイン、建築に関する記事を執筆。東京藝術大学美術学部デザイン科教授。

ライフワークは「デザインを言葉でいかに表現するか」「メディアプロトタイピング」「創造的覚醒」

著書に広告デザイン会社DRAFTの活動をまとめた『デザインするな』

Twitterもやってます!

*当ブログの奥座敷
KoKo Annex

ライフログ
以前の記事
カテゴリ
その他のジャンル
ブログジャンル
リンクについて
当サイトはリンクフリーです。
お気軽にリンクして下さい。

本ブログの記事と写真の
無断複写・転載を固く禁じます。




Copyright 2005-2016 Keiichiro Fujisaki All rights reserved
本ブログの記事と写真の無断複写・転載を固く禁じます。