藤崎圭一郎のブログ。「デザインと言葉の関係」を考えます。

by cabanon
 
この動画はスゴい
ISSEY MIYAKEのウェブサイトで、A-POC INSIDEのために佐藤雅彦+ユーフラテスが制作した動画が公開されています(via dezain.net)。傑作です。先月、アクシスギャラリーで行なわれたISSEY MIYAKEの藤原大さんの講演を聴きに行ったとき、先行公開で見たのですが、ホント見入ってしまった。ミニマムなエレメントを魔法のように駆使して、2次元、3次元、4次元を自由に行き来します。もう少し具体的に言うと、文字と点と線による単純なモノクロ2次元が、人の記憶と認知に訴えかける動きや輪郭を加えられることによって、驚くほど豊かな4次元の膨らみを持つ──。いや、解説不要。とにかく、見てください。
text & photo by Keiichiro Fujisaki

by cabanon | 2007-06-07 22:36
<< インテリアライフスタイル展につ... 頑張れ! スケッチ・オブ・フラ... >>


S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
Profile
藤崎圭一郎
Keiichiro Fujisaki
デザイン評論家。編集者。1963年生まれ。1990〜92年『デザインの現場』編集長を務める。1993年より独立。雑誌や新聞にデザイン、建築に関する記事を執筆。東京藝術大学美術学部デザイン科教授。

ライフワークは「デザインを言葉でいかに表現するか」「メディアプロトタイピング」「創造的覚醒」

著書に広告デザイン会社DRAFTの活動をまとめた『デザインするな』

Twitterもやってます!

*当ブログの奥座敷
KoKo Annex

ライフログ
以前の記事
カテゴリ
その他のジャンル
ブログジャンル
リンクについて
当サイトはリンクフリーです。
お気軽にリンクして下さい。

本ブログの記事と写真の
無断複写・転載を固く禁じます。




Copyright 2005-2016 Keiichiro Fujisaki All rights reserved
本ブログの記事と写真の無断複写・転載を固く禁じます。