藤崎圭一郎のブログ。「デザインと言葉の関係」を考えます。

by cabanon
 
生きている書体、修悦体
d0039955_1435772.jpg
JR日暮里駅に行ってきました。駅の警備員の佐藤修悦さんがガムテープで作る書体「修悦体」を見に行くためです。午前10時くらいでしたが、駅は谷中へお彼岸のお墓参りに行く人でかなり混んでいました。
d0039955_1421823.jpg

すでに書きましたが、9月14日、桑沢の集中講義で「GDP@KDS」と題して、200人の学生に「自分がグッドデザインだと思うもの」を持ってきてもらい、展示会を行いました。全員がチップで投票し、上位約20名が1分間プレゼンします。その中で、ダントツで印象に残ったのが「修悦体」を展示した学生のプレゼンでした。
d0039955_1471746.jpg
アルバムをめくって驚きました。うわ、この子、修悦さんとツーショット写真を撮ってる! しかも自分の名前を修悦体で作ってもらっている!!
d0039955_18395032.jpg
プレゼンで彼女は熱く語りました。日暮里まで出かけ、佐藤さんに話しかけ、頼み込んで文字を作ってもらったこと。「桑」という文字は、このプレゼンのために佐藤さんが制作してくれたものでした。大サービスで、彼女の名前と「でざいん」という文字も作ってもらいました。そこまでやるかってパワーが200人を惹き付けました。月曜に課題を出して金曜発表という中3日半の短期間です。課題を出した僕が最も感激しました。
d0039955_18411936.jpg


で、彼女がそこまでやるならと、本日、日暮里駅へ出かけたのです。日曜日にもかかわらず、なんと佐藤さんが作業の最中でした。「写真を撮ってもいいですか?」と話しかけ、「学生がお世話になりました」とお礼をしました。「突然やってきて、明日までって言われたから大変でしたよ」と微笑んでいらっしゃいました。とてもいい方です。
d0039955_1433321.jpg
文字もかっこいいけど、制作途中のガムテープが抽象絵画のようです。
d0039955_1437691.jpg
日暮里駅は修悦劇場と化していました。駅の改良工事が終わって仮囲いが撤去されれば、プロがデザインしたサイン計画に入れ替わって、修悦体のサインが無くなってしまうと考えると複雑です。サイン計画を担当するデザイナーが気を利かせて、日暮里駅は修悦体を全面的に採用する、ってことにならないでしょうか。もはや日暮里名物です。
d0039955_1437392.jpg
「口」と「ロ」の違いとか、音引きとか、いいですね。
d0039955_14435465.jpg
季節限定のものもありました。行くたびに変わってる、新しいものができている──修悦体はまさに生きている書体ですね。佐藤さん、それに素敵なプレゼンをしてくれたYさん、ありがとうございました。

*******
【10月5日追加】 一番上の写真の案内図が完成していました。
d0039955_7254272.jpg
やっぱスゴいわ、この人。

*******
※もっと知りたい方は修悦体のネットの世界に広めたトリオフォーによる修悦体のページ。「グッズ」のページでは修悦体のTシャツやDVDの販売もしています。
YouTubeで「修悦体」で検索すれば、TVで放映された佐藤さんなどいろんな動画が見られます。
text & photo by Keiichiro Fujisaki

by cabanon | 2007-09-23 15:01 | Comments(0)
<< 未来でもない、過去でもない デザインより安全??? >>


S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
Profile
藤崎圭一郎
Keiichiro Fujisaki
デザイン評論家。編集者。1963年生まれ。1990〜92年『デザインの現場』編集長を務める。1993年より独立。雑誌や新聞にデザイン、建築に関する記事を執筆。東京藝術大学美術学部デザイン科教授。

ライフワークは「デザインを言葉でいかに表現するか」「メディアプロトタイピング」「創造的覚醒」

著書に広告デザイン会社DRAFTの活動をまとめた『デザインするな』

Twitterもやってます!

*当ブログの奥座敷
KoKo Annex

ライフログ
最新のコメント
以前の記事
カテゴリ
ブログジャンル
リンクについて
当サイトはリンクフリーです。
お気軽にリンクして下さい。

本ブログの記事と写真の
無断複写・転載を固く禁じます。




Copyright 2005-2016 Keiichiro Fujisaki All rights reserved
本ブログの記事と写真の無断複写・転載を固く禁じます。