藤崎圭一郎のブログ。「デザインと言葉の関係」を考えます。

by cabanon
 
機能とサッカーとモダニズム
昨日の続きで「機能」について考察する。機能という言葉の実態をいくら暴いても、機能は死語にならず、この社会は機能を欲しつづけている、と昨日の投稿で書いた。機能は人を誘惑し、人は機能を欲望する、と。
やや決めつけっぽい書き方だったので、実証する話はないかと考えているうちに、面白い実例が頭に浮かんだ。サッカーである。

僕は82年スペインW杯と86年メキシコW杯を見てサッカーに完全に魅せられてしまったのだが、当時サッカー解説といえば松本育夫で僕は彼の言葉に煽られた。「ワールドクラスのシュートです」。ワールドクラスとは神に選ばれし者たちの世界であり、フィールドで展開されている世界は、日本では絶対に見ることのできない芸術的かつ魔術的空間だった。

当時のサッカー解説には戦術解説がほとんどなかった。4-4-2とか3-5-2とかそんな言葉は記憶にない。ただただ神童や将軍や皇帝や神様たちが闘う世界に魅せられた。そういえば最近あまり耳にしなくなったリベロ(ああ、マテウス様)というのも訳せば自由人、ある意味、戦術システムを超えた存在だった。
1992年Jリーグが開幕し、日本人が急にサッカーに詳しくなった頃から、みんなが戦術システムを語るようになった。というよりは、世界のサッカーがシステム重視の、いわゆる“モダンサッカー”に急激に変化したのだ。(変化に火を付けたのはACミランか? 誰か教えてください。ま、最初はオランダのトータルサッカーあたりなのでしょうが……)
サッカーは選ばれし者のクリエーティビティよりも、抜け目ない指揮官が作る“システム”に支配されるようになった。

そこで機能の話になる。モダンサッカーではシステムが機能しているか。それがすべてだ。FWが機能しているか、右サイドは? ダブルボランチは? 試合の評価は、システムとそれを構成する選手が機能しているかしていないかを見ていればいい。自殺点で勝とうが芸術的ボレーシュートで勝とうが、その試合の評価はシステムが機能しているかという点にかかってくる。

サッカーほど「機能」を語るスポーツはない。野球では「機能する」という表現を使わない。野球にはポジションがあり打順がある。守りも攻めもシステムはほぼ固定されており、柔軟性は少ない。チームで一番の強打者が3番を打つか4番を打つかの違いはあっても、外野を4人で守ることはない。選手がなすべきことは、ポジション/打順の「型枠」の中に自分を当てはめることだ。二塁手は二塁手の役割を、4番バッターは4番バッターの役割をこなせばいい。

野球の監督は、選手がポジション/打順の役割をこなせるように、選手のモチベーションをあげていけばいい。システムを構築する必要はなく、まず適材適所を考え、そして選手のやる気を操作すればいい。4番バッターが4番の働きを、エースがエースのピッチングをしてくれれば試合に勝てるのだ。こうした場合は「機能する」という言葉はふさわしくない。4番清原が機能するとか、レフト松井が機能するとは言わない。「役割を果たす」「責任を果たす」「しっかり仕事をした」となる。アプリオリに存在するシステムの中で、選手が責任を果たすかを見て楽しむのが野球だ。昭和のサラリーマン好みのスポーツだということがよく分かる。

が、モダンサッカーは指揮官によってシステムが大きく変化する。FWもMFもDFもシステムによってその役割を変える。選手はシステムを理解し、役割を自ら判断しなければならない。特にMFはポジションとは言い難い。システムによって攻撃的になったり守備的になったりする。モダンサッカーにおいては、選手個々の機能とは可変のものであり、定義しがたいものである。過去の機能主義批判は、機能を物や道具にアプリオリなものと考えることを前提に批判を展開していた。ちょうど野球のポジションのように。しかし、サッカーで僕たちはモダニズムの本当の機能の姿に出会うのだ。

モダンサッカーにおいては、芸術はシステムが機能したとき初めて現れる。逆に言えば、ロナウジーニョでさえ機能しなければならないのだ。かつて80年代マラドーナが機能しているかしてないかなど問うただろうか。かの神童は一人で試合を支配していた。天才もファンタジスタもシステムの中で機能しなければならない。これがモダンであり、モダニズムの行き着いた先である。

ロナウジーニョやエトーがゴールネットを揺らしたその瞬間は、システムが機能した瞬間でもある。僕らはそこに神業を見ると同時に、システムの機能美を見るのだ。
注意しなければならないのは、機能とは、勝利した者だけが、「確かにそれはそこにあった」と言い切れる“後付けのもの”である点だ。敗者には「システムが機能していた」と語る権利はない。いくら評論家に「いいゲームをしていた、ボランチは機能していた」と言われようと、連敗すればそれまで。次のゲームで結果を出した時に、前の負けゲームで「機能していた」ことが証明される。サッカーにおいて機能とは確たる実体が存在するものではない。勝った瞬間にみなが「確かにそこにあった」と感じるものなのだ。

デザインの世界も同じだと思う。「機能美」や「形態は機能に従う」という言葉は、デザインの勝者だけが後付けで語れる特権なのである。機能美があるからそのデザインは成功したのではない。デザインが成功したから機能美と語れるのだ。「形態は機能に従う」と盲信しても優れたデザインができるとは限らない。実態は逆なのだ。

僕ら現代人は「何かがきちんと機能する状態」に憧れ、「何かが機能した瞬間」を美しいと感じる。機能とは科学的・合理的な言葉のように響くが、実は芸術と同じくらい漠たるなものだ。機能とは、ある種の芸術的要素が現代人の心性の中で、“機能”という名に言い換えられたものなのかもしれない。
(そういえばサッカーで黒人系の選手にだけよく使われる“身体能力”というのも誰かが指摘していたけど奇妙な言葉だな。“機能”と同じくらい科学を装った言葉……)

皇帝や将軍や魔術師はフィールドを去りつつある。代わりにベンチのカリスマがその称号を冠する時代になろうとしている。モウリーニョ、ベニテス、ファーガソン、ベンゲル、ヒディング、アンチェロッティ、カペッロの名将ばかり増えている。

スポーツ競技自体、近代の産物である。が、サッカーが完全なモダニズム的スポーツに変貌するのは、ファンタジスタの時代からシステムの時代へ移行する90年代になってからだといっていい。選手が固定的なシステムの中でアプリオリに決まった役割をいかに果たすかを見て楽しむ野球にいささか前近代的のものを感じながら、僕らは「機能」を巡るスポーツ、サッカーに魅せられるのである。
*
*
*
*
で、でも、個人的にはジーコ現役時代のシステムよりインスピレーション重視の、モダンになりきれていなかったブラジル代表は大好きだけど。あっ野球も好きです。
text & photo by Keiichiro Fujisaki

by cabanon | 2005-05-21 23:39 | Comments(0)
<< メキシコシティ地下鉄ピクトグラム The Nature of D... >>


S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
Profile
藤崎圭一郎
Keiichiro Fujisaki
デザイン評論家。編集者。1963年生まれ。1990〜92年『デザインの現場』編集長を務める。1993年より独立。雑誌や新聞にデザイン、建築に関する記事を執筆。東京藝術大学美術学部デザイン科教授。

ライフワークは「デザインを言葉でいかに表現するか」「メディアプロトタイピング」「創造的覚醒」

著書に広告デザイン会社DRAFTの活動をまとめた『デザインするな』

Twitterもやってます!

*当ブログの奥座敷
KoKo Annex

ライフログ
最新のコメント
以前の記事
カテゴリ
ブログジャンル
リンクについて
当サイトはリンクフリーです。
お気軽にリンクして下さい。

本ブログの記事と写真の
無断複写・転載を固く禁じます。




Copyright 2005-2016 Keiichiro Fujisaki All rights reserved
本ブログの記事と写真の無断複写・転載を固く禁じます。