藤崎圭一郎のブログ。「デザインと言葉の関係」を考えます。

by cabanon
 
water展の34番
21_21デザインサイトへ「water」展(〜1/14まで)のオープニングに行ってきました。
d0039955_1034790.jpg
オープニングのように人がたくさんいてワサワサしている時に見る展覧会ではありませんでした。静かに「水」と向き合わないと、展覧会の味わいが半減します。

デザインの展覧会だと思って行かないほうがいいでしょう。佐藤卓さんのディレクションだからグラフィックデザインが見たいとか、最先端クリエーターによる服飾デザインやプロダクトデザインが見たいという人には薦めません。チョコレート展の時のようにデザイナーならではの遊び心を楽しむというのとも違います。

大きなインスタレーションだけを足早に見るだけだと、大味な現代美術展のように思えるでしょう。スパイスは小品にあります。作品と向き合うというより、作品を通して「水と向き合う」心の余裕がないと、この展覧会は楽しめないでしょう。個人的な趣味でいえば、石元泰博さんの写真がよかったなあ。

会場には35点の作品が展示されています。ひとつひとつ探すのがいいと思います。会場では作品解説のチラシが配られています。34番の作品には、こう書かれていました。「さて、これはどこに展示してあるのでしょうか? それは秘密です。偶然見つけても、ぜったい黙っていてください。」 

探しました。オープニング会場で必死に探していたのは、うちの夫婦だけだったような。で、見つけました。建物と水の関係を理詰めに考えて……。僕らが見つけたときは、誰も気づいていませんでした。あとでプレス担当の方に聞いたら、スタッフにも場所は教えられていないとのことでした。

水は、日本人にとって、汚れなく清らかで透明、生命の源で、聖なるものです。グローバルな視点に立ちながら、それが実感できる展覧会です。でも、それはそれでいいのですが、ひとつくらい「泥水」をテーマにした展示が欲しかった。

国連開発計画(UNDP)の『人間開発報告書 2006—水危機神話を越えて:水資源をめぐる権力闘争と貧困、グローバルな課題—』にはこうあります。
「この池の水はよくない。水を汲むのはほかに選択の余地がないからだ。地域の人たちだけでなく、すべての動物もこの池の水を飲んでいる。この水のせいで、いろんな病気を患っている」ゼネベク・ジェメル(エチオピア、コバレ・メノ)

「ここの状態はひどい。いたるところに下水汚物があって、水を汚染している。たいていの人が、トイレの代わりにバケツやビニール袋を使っている。余りに不潔なせいで、子どもたちは、いつも下痢やいろんな病気に苦しんでいる」マリー・アキニ、 キベラ地区住民(ケニア、ナイロビ)

今日、開発途上国で生活をする約11億人が水を十分に利用することができず、26億人が基本的な衛生設備を欠いた中で暮らしている。
d0039955_15553569.jpg

text & photo by Keiichiro Fujisaki

by cabanon | 2007-10-05 10:12 | Comments(11)
Commented by shin at 2007-10-06 02:45 x
こんばんは。
グッドデザイン2007ワールドプレミア展には行かれましたか?
100点弱の展示でしたが、そもそもグッドデザイン賞というのはこの程度の数で良いんじゃないか?と、しみじみ思いました。
3000件中1000件も選ばれてたら、逆にみんなやる気なくなるんじゃないでしょうかね?
それと、民営化以降、形の無いコンテンツものに偏ってた気がしてたんですが、工業製品然とした真空管アンプや昔ながらのよくわからない工業部品(失礼!でも美しい!)などもきちんと展示されていてホッっとしました。
Commented by cabanon at 2007-10-06 06:20
>shinさん
まだ行ってないです。行かなくちゃ。
「プレミアG」とか新しい賞を作るといいですよね。
Commented by オランジェ at 2007-10-07 00:32 x
はじめまして。
21_21でいろいろ検索しながら見てましたらたどり着きました。
私も本日行ってきました
藤崎さんの言う
>デザインの展覧会だと思って行かないほうがいいでしょう。

という部分。深読みしすぎていたらすみません。私は多面的にデザインを捕らえるならば、今回の水展には、光のデザイン、音のデザイン、映像のデザインとさまざまな形で、そして佐藤卓さんらしい遊び心に大変あふれているデザインの展示だと思いました。オープン以来多くの場で21_21のDESIGN SIGHTとしての役割が紹介されて、それに注目して興味のある人たちは少なくとも、プロダクトデザインだったり服飾デザインといった固まったイメージで訪れたりはしない気がします。
その先にある新しいデザインの形を探し、そして見て一緒にインタラクティブにデザインを体感していくような、そういうふうに私は思っています。
長々とすみません。デザインが消費され、デザインを消費することさえも楽しみではなくなってきている昨今、21_21DESIGN SIGHTはそんな今へ新しいデザインの役割とメッセージを投げかけてくれていると私は期待しています。
Commented by cabanon at 2007-10-07 00:56
>オランジェさん
ごめんなさい。深読みしすぎだと思います。

グラフィックデザインとかプロダクトデザインとか服飾デザインとか、狭い意味でのジャンル分けされたデザインの展覧会だと思って行かないほうがいいと書いたつもりなのですが、文章力不足で伝わらなかったようですね。

>固まったイメージで訪れたりはしない気がします。

そんなことはないと思いますよ。まだまだ広い意味でのデザインは一般には伝わっていないです。だから21_21の存在意義がある。

21_21の展覧会は、「同時代の表現」という意味での「コンテンポラリーアート」の展覧会だと思っています。同時代の表現という意味の中では、アートとかデザインとか、アニメとか絵本とか、ジャンルの違いはあまり意味がない──と僕は思います。
Commented by saga at 2007-10-09 20:53 x
はじめまして。
まだこの展覧会を見ていないのですが、上に書かれている「狭い意味」と「広い意味」でのデザインとはどのような違いでしょうか?
私の職業はグラフィックデザイナーなのですが、広い狭いどころかデザインとは何であるのか全くもってわからないのです。
ただ、デザインとは、自分ではない誰かが欲しがっているものをつくる行為なのかなぁと漠然と思っています。
過去にデザインの定義付けをされていたらスイマセン。自分の立っている場所を知るためにも、どのようにお考えか聞かせてもらえたらありがたいです。
Commented by cabanon at 2007-10-12 07:21
>sagaさん
ヴィクター・パパネックの『生きのびるためのデザイン』(晶文社)を
読んでみてはいかがでしょうか?
第1章の「デザインとは何か?」の冒頭の一節を読むだけでもいいと思います。
読みづらい本で、1971年に書かれた本ですから事例もやや古いので
読破するのには忍耐が必要です。
第4章あたりまで精読すれば、
パパネックの語るデザインには賛否両論ありますが、
広い意味でのデザインを考えるきっかけにはなるでしょう。

僕は、より多くの人に「広い意味のデザイン」への理解が深まって、
デザインの力が幅広い領域で活用されることになってほしいと思っています。

しかし単純に「デザインの定義が広がること=全面的に良いこと」とは思いません。
広すぎると、定義はあいまいになり、濫用される恐れがある。
保険の営業担当を、ライフデザイナーと呼ぶのには、
やはり抵抗があります。
企業が、設計というニュアンスのあるお堅いイメージの仕事を、
(この場合は人生設計)
現代的で親しみやすい語感にするために、
○○デザイナーとか○○デザインというのを濫用すると、
いつかデザインという言葉が胡散臭いものになってしまう。
難しいものですよね。
Commented by こりん at 2007-10-14 02:16 x
こんばんわ。
久しぶりに展覧会に行きたくなりました。

>静かに「水」と向き合わないと、展覧会の味わいが半減します。

この一文でとても意味のある展覧会だということが想像できました。
Commented by cabanon at 2007-10-14 07:31
>こりん さん
ぜひ、行ってみてください!
Commented by スズキ at 2007-10-24 00:46 x
はじめまして。
いつも楽しく読ませて頂いています。

様々な議論を引き起こしたチョコーレートに続く、「WATER」展。
正直言うと、何が伝えたかったのか、明解でないと感じました。
例えば牛丼は何ℓの水から出来ているか。
着眼点は佐藤卓らしい牛丼を解剖し、様々な側面から捉えた面白いものだと
思いましたが、それについての具体的な説明はなく、食品サンプルと食券のみの展示。食券にはもちろんリアリティーはなく、その莫大な水を想像することはできません。一体、何が伝えたかったのか。

水をテーマにしたということ自体に新しさは感じません。
自然科学でもなく、デザインでもなく、佐藤卓を中心としたメンバーの水に
対する新しい切り口を見たかったように思います。

個人的に水をテーマにしたもので、面白いと感じたのは、良品計画が数年前に出していたフリーペーパーの「水」特集です。
リサーチや物理学、はたまた宇宙、涙までを水というテーマで考え、
美しいグラフィックで見せている逸品です。

Commented by cabanon at 2007-10-24 08:58
>スズキさん

おもしろかったか?と問われれば、正直、即Yesとは答えられません。
でも水って私にとって何?と考えるキッカケはデザインされていたと思う。
ん〜む、新しさには欠けるがゆえに、逆に水をどう切るかは超難題です。

まじめで、まっとう。
つまり水に真摯に向き合うこと。それが難題への佐藤さんの答えのような…。
たくさんの切り口は各作家の真摯さゆえ。不明快さはそのせいでしょう。
けど明快なワンテーマを複数作家で切る展覧会は難しいけど続けて欲しい。
ごもっとも、と納得するより、
はじめは分からなくても、なんか引っかかるのほうが、議論につながる。
ん〜、難しいですね、展覧会は。水特集のフリーペーパー見てみたいです。
Commented by スズキ at 2007-10-25 00:11 x
確かに考え過ぎかもしれませんね。
「水」を考えるきっかけになっただけでも良かったといえるかもしれません。
渓谷の湧水より、ペットボトルのミネラルウォーターを美味しく感じる新しい
世代が、今回の展覧会をどう感じたのか等、いずれにしろ、
もっともっとこれをきっかけに議論が活発に行われると良いと思います。



<< レーモンド展&カバコフ展 CEATECで気になったもの >>


S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
Profile
藤崎圭一郎
Keiichiro Fujisaki
デザイン評論家。編集者。1963年生まれ。1990〜92年『デザインの現場』編集長を務める。1993年より独立。雑誌や新聞にデザイン、建築に関する記事を執筆。東京藝術大学美術学部デザイン科教授。

ライフワークは「デザインを言葉でいかに表現するか」「メディアプロトタイピング」「創造的覚醒」

著書に広告デザイン会社DRAFTの活動をまとめた『デザインするな』

Twitterもやってます!

*当ブログの奥座敷
KoKo Annex

ライフログ
最新のコメント
以前の記事
カテゴリ
ブログジャンル
リンクについて
当サイトはリンクフリーです。
お気軽にリンクして下さい。

本ブログの記事と写真の
無断複写・転載を固く禁じます。




Copyright 2005-2016 Keiichiro Fujisaki All rights reserved
本ブログの記事と写真の無断複写・転載を固く禁じます。