藤崎圭一郎のブログ。「デザインと言葉の関係」を考えます。

by cabanon
 
water展の34番
21_21デザインサイトへ「water」展(〜1/14まで)のオープニングに行ってきました。
d0039955_1034790.jpg
オープニングのように人がたくさんいてワサワサしている時に見る展覧会ではありませんでした。静かに「水」と向き合わないと、展覧会の味わいが半減します。

デザインの展覧会だと思って行かないほうがいいでしょう。佐藤卓さんのディレクションだからグラフィックデザインが見たいとか、最先端クリエーターによる服飾デザインやプロダクトデザインが見たいという人には薦めません。チョコレート展の時のようにデザイナーならではの遊び心を楽しむというのとも違います。

大きなインスタレーションだけを足早に見るだけだと、大味な現代美術展のように思えるでしょう。スパイスは小品にあります。作品と向き合うというより、作品を通して「水と向き合う」心の余裕がないと、この展覧会は楽しめないでしょう。個人的な趣味でいえば、石元泰博さんの写真がよかったなあ。

会場には35点の作品が展示されています。ひとつひとつ探すのがいいと思います。会場では作品解説のチラシが配られています。34番の作品には、こう書かれていました。「さて、これはどこに展示してあるのでしょうか? それは秘密です。偶然見つけても、ぜったい黙っていてください。」 

探しました。オープニング会場で必死に探していたのは、うちの夫婦だけだったような。で、見つけました。建物と水の関係を理詰めに考えて……。僕らが見つけたときは、誰も気づいていませんでした。あとでプレス担当の方に聞いたら、スタッフにも場所は教えられていないとのことでした。

水は、日本人にとって、汚れなく清らかで透明、生命の源で、聖なるものです。グローバルな視点に立ちながら、それが実感できる展覧会です。でも、それはそれでいいのですが、ひとつくらい「泥水」をテーマにした展示が欲しかった。

国連開発計画(UNDP)の『人間開発報告書 2006—水危機神話を越えて:水資源をめぐる権力闘争と貧困、グローバルな課題—』にはこうあります。
「この池の水はよくない。水を汲むのはほかに選択の余地がないからだ。地域の人たちだけでなく、すべての動物もこの池の水を飲んでいる。この水のせいで、いろんな病気を患っている」ゼネベク・ジェメル(エチオピア、コバレ・メノ)

「ここの状態はひどい。いたるところに下水汚物があって、水を汚染している。たいていの人が、トイレの代わりにバケツやビニール袋を使っている。余りに不潔なせいで、子どもたちは、いつも下痢やいろんな病気に苦しんでいる」マリー・アキニ、 キベラ地区住民(ケニア、ナイロビ)

今日、開発途上国で生活をする約11億人が水を十分に利用することができず、26億人が基本的な衛生設備を欠いた中で暮らしている。
d0039955_15553569.jpg

text & photo by Keiichiro Fujisaki

by cabanon | 2007-10-05 10:12
<< レーモンド展&カバコフ展 CEATECで気になったもの >>


S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
Profile
藤崎圭一郎
Keiichiro Fujisaki
デザイン評論家。編集者。1963年生まれ。1990〜92年『デザインの現場』編集長を務める。1993年より独立。雑誌や新聞にデザイン、建築に関する記事を執筆。東京藝術大学美術学部デザイン科教授。

ライフワークは「デザインを言葉でいかに表現するか」「メディアプロトタイピング」「創造的覚醒」

著書に広告デザイン会社DRAFTの活動をまとめた『デザインするな』

Twitterもやってます!

*当ブログの奥座敷
KoKo Annex

ライフログ
以前の記事
カテゴリ
その他のジャンル
ブログジャンル
リンクについて
当サイトはリンクフリーです。
お気軽にリンクして下さい。

本ブログの記事と写真の
無断複写・転載を固く禁じます。




Copyright 2005-2016 Keiichiro Fujisaki All rights reserved
本ブログの記事と写真の無断複写・転載を固く禁じます。