藤崎圭一郎のブログ。「デザインと言葉の関係」を考えます。

by cabanon
 
わかりやすさ
「答え」を求めるか。「問い」を求めるか。ここには、大きな違いがあります。たとえば、多くの現代美術が難解だといわれるのは、それが「答え」ではなく「問い」だからです。

大方の現代美術作品は、芸術家の高尚な答えを聞いて、頭が良くなったような気分になりたい人には、たいてい失望をもたらします。

芸術はソリューションビジネスではありません。自分の代わりに誰かが出してくれた名解答ではありません。そこにあるのは「問い」です。問いを受けとめることは面倒なことです。答えは自分の頭で考えなければならないのですから。

投げかけられた問いに対する応えは、解決のための答えである必要がありません。問いを感じとり、さらなる問いを世界に投げかけること。必ずしも言葉で答えを考える必要はない。大切なのは、問いの波紋を広げ、共振を起こすこと。

そこにあるのは、わかりやすい/わかりにくいの問題ではありません。伝わるか/伝わらないか。伝わった結果と、行動を起こすか/起こさないか。

優れた芸術に出会えば、すぐ行動したい気持ちになるといった単純なものではありません。行動を引き起こすメカニズムは複雑で繊細です。伝わるためには、受けとめる側の準備も必要です。ある条件が整ったとき、受け手の心の中で何かが発動する。

頭を使わないで「答え」を受けとめ、頭が良くなる気分にさせるのが昨今の「わかりやすさ」。頭を使って「問い」を受けとめ、足を動かし「問い」を広げる行動を促すことが「わかること」。

最適解は問いである。それは優れたデザインでも同じことだと思ってます。
text & photo by Keiichiro Fujisaki

by cabanon | 2008-02-28 10:06 | お気に入りの過去記事 | Comments(2)
Commented by タカニ at 2008-05-09 17:29 x
お久しぶりです。法政SD卒の高荷です。
調べ物をしていたら藤崎さんのブログに行き当たり、「名前が変わったんだ」と大分久しぶりに眺めていましたが、この記事に感銘を受けました。

この文章自体がある意味での「問い」であり、今まさに考えさせられています。

ありがとうございます。
Commented by cabanon at 2008-05-09 19:54
>高荷さん
こちらこそご無沙汰です。謝恩会以来ですね。

声を出せば、空気は振動します。
共振の仕組みを作れば、声は増幅され遙か遠くに届いていく。

「問い」を発するのがジャーナリスト。
「問い」を遠くに届ける仕掛けづくりするのが編集者。

この両方をやろうと思ってまして、いろいろ試行錯誤しています。

もし、5月21日15時10分から時間があれば、
今日のブログに書いたtakramの公開特別講義にお越しください。
工学のこと、デザインのこと、
両方を理解して世界を見つめてる若き才能が発する「問い」を
浮かび上がらせてみたいと思っています。

<< 後付けニーズ、偽装ニーズ 阿佐ヶ谷住宅の建て替え計画 >>


S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
Profile
藤崎圭一郎
Keiichiro Fujisaki
デザイン評論家。編集者。1963年生まれ。1990〜92年『デザインの現場』編集長を務める。1993年より独立。雑誌や新聞にデザイン、建築に関する記事を執筆。東京藝術大学美術学部デザイン科教授。

ライフワークは「デザインを言葉でいかに表現するか」「メディアプロトタイピング」「創造的覚醒」

著書に広告デザイン会社DRAFTの活動をまとめた『デザインするな』

Twitterもやってます!

*当ブログの奥座敷
KoKo Annex

ライフログ
最新のコメント
以前の記事
カテゴリ
ブログジャンル
リンクについて
当サイトはリンクフリーです。
お気軽にリンクして下さい。

本ブログの記事と写真の
無断複写・転載を固く禁じます。




Copyright 2005-2016 Keiichiro Fujisaki All rights reserved
本ブログの記事と写真の無断複写・転載を固く禁じます。