藤崎圭一郎のブログ。「デザインと言葉の関係」を考えます。

by cabanon
 
吉岡徳仁2題
今週と先週、立て続けに吉岡徳仁さんの仕事の記者発表会に行ってきました。今週水曜日に行ったのは、29日(土)オープンのスワロフスキー銀座です。クリスタルの世界的ブランドの旗艦店を吉岡さんがデザインしました。
d0039955_10245118.jpg
同店2階にある吉岡さんのインスタレーション作品「シューティング・スター」。28,000個のクリスタルがワイヤーで吊されています。使用したクリスタルは既製品。コンピュータを使ってひとつひとつ位置を確認したそうです。天から降り注ぐ水滴。その時間を止まった瞬間だとか。
d0039955_10252775.jpg
ファサードには1500枚のステンレス。銀座の周囲の光景を映し出します。夜も見に行かなくちゃ。
d0039955_10282541.jpg
店舗デザインのテーマはクリスタル・フォレスト。クリスタルの森に入っていくイメージです
d0039955_10372014.jpg
森の中ではクリスタルが「水」のように循環しています。階段には水が流れるように数十万個のクリスタルが敷かれ、床には人工大理石の中に水滴のようなクリスタルが埋め込まれています。上の写真はシューティング・スターの部分です。
d0039955_11512415.jpg
Vincent van Duysenがデザインしたシャンデリア「カスケード」。高さ5メートルのクリスタルの滝。写真はその瀑布の部分です。他にもトード・ボーンチェのシャンデリアもあります。


で、帰り道。天気がいいので一駅前で降りて咲き始めた桜を見に碑文谷公園へ。春の光の噴水が、銀座で見たクリスタルの残像と重なりました。
d0039955_10291411.jpg
d0039955_10472539.jpg


*********

d0039955_10305565.jpg
先週19日は、セイコーインスツルのISSEY MIYAKEプロデュースによるウオッチの新シリーズ事前発表会。吉岡徳仁さんが手がける「TO」(ティー・オー)シリーズの上位機種、「TO」Automaticです。自動巻の機械式時計。形のコンセプトは「TO」シリーズとして統一されているので、写真で見ると以前のものと似ていますが、並べるとボリューム感(厚みアリ)、スケール感(大きい)、重厚感(機械式を実感できる重さ)、質感(革は革らしく、金属は金属らしく)が全く違います。

吉岡さんは「いかに形をつくらないか。時計らしく。前からあったもののように」を考えたとか。新たに形をいじらないという意味なのでしょうが、いやいや、形きれいです。革はしっかり肉厚でイタリアもののように見えますが、日本製です。500種類の革の中から選んだとか。御徒町で。革バンドタイプが105,000円。やや価格が高くなるステンレスバンドのタイプもあります。発売は6月。
d0039955_10301672.jpg
食事をしながらの発表会でした。幸運にも吉岡さんの真ん前に座っていろいろお話しをうかがえました。一番印象に残ったのは、この時計を吉岡さんが腕にするとき、ずっと欲しかった時計を買ってきて、初めて腕につけるときのような表情をされたこと。満足行く出来に仕上がったのだとお見受けしました。

【関連リンク】吉岡徳仁デザイン事務所。スワロフスキー銀座の写真がスライドショーで見られます。
text & photo by Keiichiro Fujisaki

by cabanon | 2008-03-28 11:42 | Comments(0)
<< 毒リンゴの映画 メタボリック >>


S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
Profile
藤崎圭一郎
Keiichiro Fujisaki
デザイン評論家。編集者。1963年生まれ。1990〜92年『デザインの現場』編集長を務める。1993年より独立。雑誌や新聞にデザイン、建築に関する記事を執筆。東京藝術大学美術学部デザイン科教授。

ライフワークは「デザインを言葉でいかに表現するか」「メディアプロトタイピング」「創造的覚醒」

著書に広告デザイン会社DRAFTの活動をまとめた『デザインするな』

Twitterもやってます!

*当ブログの奥座敷
KoKo Annex

ライフログ
最新のコメント
以前の記事
カテゴリ
ブログジャンル
リンクについて
当サイトはリンクフリーです。
お気軽にリンクして下さい。

本ブログの記事と写真の
無断複写・転載を固く禁じます。




Copyright 2005-2016 Keiichiro Fujisaki All rights reserved
本ブログの記事と写真の無断複写・転載を固く禁じます。