藤崎圭一郎のブログ。「デザインと言葉の関係」を考えます。

by cabanon
 
2009年未来派宣言
いま何かを変えないと22世紀が20世紀の続きになってしまう。未来派宣言は1909年でした。来年2月20日みんなで未来派宣言やりましょうよ。新聞各紙で、もちろんフランスのフィガロ紙にも掲載して。
text & photo by Keiichiro Fujisaki

by cabanon | 2008-05-13 18:55 | Comments(7)
Commented by FORM at 2008-05-15 01:10 x
藤崎様

2009年未来派宣言、
ぜひお手伝いさせてください。
Commented by アップル大好き at 2008-05-15 07:15 x
藤崎様

いつも拝読しています。

2009年未来派宣言、私も協力できることがあればぜひお手伝いしたいです。
大学時代に読んだ未来派宣言のトキメキをぜひ現代にも。
Commented by cabanon at 2008-05-16 19:49
>FORMさん >アップル大好きさん
いろんなメディアを巻き込んで、もちろん個人のブログとかも含めて
09.2.20に同時多発的未来派宣言が世界中で起こる、
という状況を夢見ています。

21世紀の未来派宣言にはマリネッティは必要ない。
みんながマリネッティだと。
Commented by anonymous at 2008-05-17 14:24 x
100年後に再度未来派宣言を起こす事は、時代の節目として過去を振り返り未来を切り開いて行く為にも重要な事だと思います。

デザインのみならず社会全体において、今だからこそそうした活動の必要性を感じています。

私にも何かお手伝い出来る事があれば協力させて頂きたいです。
Commented by 笹原彩子 at 2008-05-18 02:02 x
「未来派宣言」のことは、あまりちゃんと知らないので、このブログをきっかけに知りたいと思いました。
さっきwikipediaを読んでみたところ、政治との関わりについてかなり重きをおいて書かれていました。
厚かましいお願いで申し訳ないのですが、何かお勧めの本などがありましたら、教えてくださると大変嬉しいです。(以前、「デザインの現場」でデザイン関係で読みたい本の特集があったと思いますが、それにもしかすると載っているのかもしれないのですが、今フランスにおり、手元にないので調べられません。)
「みんながマリネッティ」、私もマリネッティになれるかどうか。。。
Commented by cabanon at 2008-06-25 20:56
>笹原彩子さん
超遅レスで申し訳ないです。
未来派の文献ですと
決定版は『Futurismo and Futurismi』です。
著者はKarl Gunanr Pontus Hulten 。
分厚く重たい本ですが、未来派の主要な作品が網羅されています。

日本語の文献なら『未来派―Futurism』
キャロライン ティズダル (著)、アンジェロ ボッツォーラ (著)
PARCO出版、をおすすめします。
Commented by cabanon at 2008-06-25 20:59
> anonymousさん
2009年未来派宣言プロジェクトをひっそり進行させています。
キーワードは同時多発。
攻殻機動隊風に言うとstand alone complex.
スタンドアローンで、でも、つながれるように、
ぜひぜひご協力ください。
<< 昨日の近所 takram公開特別講義のお知らせ >>


S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
Profile
藤崎圭一郎
Keiichiro Fujisaki
デザイン評論家。編集者。1963年生まれ。1990〜92年『デザインの現場』編集長を務める。1993年より独立。雑誌や新聞にデザイン、建築に関する記事を執筆。東京藝術大学美術学部デザイン科教授。

ライフワークは「デザインを言葉でいかに表現するか」「メディアプロトタイピング」「創造的覚醒」

著書に広告デザイン会社DRAFTの活動をまとめた『デザインするな』

Twitterもやってます!

*当ブログの奥座敷
KoKo Annex

ライフログ
最新のコメント
以前の記事
カテゴリ
ブログジャンル
リンクについて
当サイトはリンクフリーです。
お気軽にリンクして下さい。

本ブログの記事と写真の
無断複写・転載を固く禁じます。




Copyright 2005-2016 Keiichiro Fujisaki All rights reserved
本ブログの記事と写真の無断複写・転載を固く禁じます。