藤崎圭一郎のブログ。「デザインと言葉の関係」を考えます。

by cabanon
 
ロバスト家電
洞爺湖サミットのせいで、都心の繁華街や駅や新幹線に警官がいっぱい、メディアはエコエコ大合唱。

クリーンエネルギーの推進やサスティナブルな社会のあり方を考える良い機会になっていると思いますが、政府の号令ひとつで同じ歌を大合唱しだす日本社会の体質には、地球温暖化以上の危険を感じます。

とはいっても、僕も最近エコ関係の取材がけっこうやってます。編集者としては「時流に乗れるときには思いっきり乗ってしまえ」という魂がうずきます。ジャーナリストとしては大合唱に参加することへの危うさを感じます。ま、相剋とか葛藤というほど思い悩んでいるわけではないのですが。やっぱり僕の中では、編集者としての職業意識のほうが強いからかもしれません。

で、この際だから、日頃思っていたエコの話をひとつ書きます。

重電部門を持つ総合電器メーカーの洗濯機は壊れてはいけない。

原子力発電のタービンや制御システムを作っている会社が製造している家庭用洗濯機が、10年で壊れてしまうことはあってはならない。毎日洗濯している家庭でもモーターが回っているのは一日1時間くらい。特別過酷な環境下で24時間フル稼働しているわけじゃないのですから。

屋外で使用しているならいざ知らず、屋内の安定した環境で、週に7〜10時間稼働するモーター製品は、少なくとも50年はもつべきです。うちのはもうキャリア20年のベテランですが、外蓋のプラスチックが劣化してボロボロです。

20年使い込むと味が出てくるくらいの洗濯機はないものでしょうか。材料が劣化するとかヒンジが壊れるとか、スイッチやボタンといった物理的な故障の回避に細心の注意を払った設計をして、流行り廃りの激しい○○機能といった○○洗いといった特殊なプログラムを組み込まず、ロバスト性(頑強さ)を高める方向の製品づくりをすれば、ロングライフな洗濯機は可能なはずです。

原子力発電の開発で培った低コスト・高ロバストの技術を家電製品にも活かしてほしい。それこそエコロジーだし、サスティナブルデザインだし、地球温暖化防止対策だと思います。

日立や東芝や三菱電機といった重電部門を持つ総合電機メーカーは、松下やシャープとは違うビジネスモデルで、家電製品の開発にあたってほしい。日本のエネルギー産業を支えている会社だからこそ実現できるロングライフ家電があるはずです。頑強な家電ということで、ロバスト家電ってネーミングもいいかもしれません。

現在の家庭はモーターがいっぱいです。CDやDVDプレイヤーのディスクを動かすモーターにトレイを動かすモーター、ミキサーやフードプロセッサー、ドライヤーやヒゲ剃り、さらにはウォシュレットのノズルにもモーターが使われています。

なかでも洗濯機、冷蔵庫、掃除機、エアコンは家庭4大モーター製品といえるでしょう。24時間稼働の冷蔵庫や、夏はどうしても長時間稼働となるエアコンは、今後の技術開発でさらに消費電力を下げて、買い換えたほうが省エネにつながることはあるでしょう。しかし洗濯機や掃除機は使う時間が限られているので、長持ちすることがサスティナブルにつながる商品です。こうした製品は「ロバスト家電」として売り出してもらいたいです。「うちのモーターは100年壊れない」と言い切って──。

もちろんエアコンも冷蔵庫も、重電部門をもつメーカーならではのブランディング戦略の一環として、ロバスト家電化してほしい。高度な技術力でロングライフデザインを実現し、サスティナブルな社会に貢献する企業ということで、確実にブランドイメージは上がるはずです。

すべての家電をみんな10年くらいで買い換えさせるビジネスモデルはそろそろ終わりにしてもらいたいです。5年で買い換えさせる製品もあれば、50年買い換え製品もあるといった柔軟なラインナップを考えるべきだと思います。

「わが家の洗濯機5年で壊れたし、冷蔵庫は3年でいかれちゃったんだけど、あの原発のタービン作ってるメーカーの製品なんだよな」って会話がないように。
text & photo by Keiichiro Fujisaki

by cabanon | 2008-07-06 11:23 | お気に入りの過去記事 | Comments(5)
Commented by まー at 2008-07-06 13:15 x
こんにちは。
今の家電は無駄な機能が多すぎます。
新しくあるための機能、売るための機能が氾濫し、
本来のシンプルな機能のグレイドを上げるだけでは、モノは売れないのでしょうね。
携帯も、新機能満載な新機種を開発する前に、もっと長持ちする電池を開発してくれ!と思います。
すいません。ただの愚痴になってしまいました、苦笑。
Commented by とろ at 2008-07-07 11:07 x
「ロバスト家電」いいですね。

長く使い、できるだけ「捨てない」ことこそエコだしと思うし、少なくともフラッグシップモデルはこうしたものであってほしいですね(高いんだし)。

某最大手自動車メーカーのCMで、「まだ乗れるけど、エコな車に買い替えよう!エコ生活はじめよう!」というメッセージを流していました(笑)が、「廃棄による環境負荷」は語られないわけで、キツイ言い方をすれば、「エコにかこつけて商品を売りたいだけなんじゃない?」って思ってしまいます。

そういう考え方がないと、会社はつぶれてしまうわけで、全否定するわけじゃないですけど、どうしても消費者を騙している感がぬぐえないです。
Commented by cabanon at 2008-07-08 18:31
> とろさん

ほんと、フラッグシップモデルとして出してもらいですね。結婚したら、一生ものの婚礼家具とロバスト家電──。エコ出張とかあるのだから、エコ婚礼とかもありですよね。

消費者が10年に一度家電を買い換えなくても会社が潰れないビジネスモデルを考えてほしいです。家電メーカーは、高度経済成長期の三種の神器とか言われた時代のビジネスモデルをいまだに引きずっている。あの時いい思いしたことはもう忘れて、低度経済成長期に必要とされるものをみんなで創造していく必要があると思います。
Commented by 一般人 at 2008-07-25 16:29 x
ちょっと気になるテキストがありました。
「ロバストデザイン」→URL
ご存知でしょうか。

「ロバスト家電」と「ロバストデザイン」少し内容が違うのかな。と思いました。
ロバスト家電の考え方に定着してもらいたいので、是非広めてください。
Commented by cabanon at 2008-07-26 09:58
>一般人さん
ロバストデザインという言葉、マーケティングの世界で使っている方がいらっしゃるのは知ってました。

ロバスト性のことを調べていて、ロバストデザインって言葉がふと頭に浮かんで、ネットで調べたことがありました。

マーケティングから見たロバスト性というのも大切な着眼点だと思います。技術のロバスト性と、マーケットでのロバスト性がどうリンクするか。考えると面白そうですね。
<< 最近心がけていること。ビジョン... モー >>


S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
Profile
藤崎圭一郎
Keiichiro Fujisaki
デザイン評論家。編集者。1963年生まれ。1990〜92年『デザインの現場』編集長を務める。1993年より独立。雑誌や新聞にデザイン、建築に関する記事を執筆。東京藝術大学美術学部デザイン科教授。

ライフワークは「デザインを言葉でいかに表現するか」「メディアプロトタイピング」「創造的覚醒」

著書に広告デザイン会社DRAFTの活動をまとめた『デザインするな』

Twitterもやってます!

*当ブログの奥座敷
KoKo Annex

ライフログ
最新のコメント
以前の記事
カテゴリ
ブログジャンル
リンクについて
当サイトはリンクフリーです。
お気軽にリンクして下さい。

本ブログの記事と写真の
無断複写・転載を固く禁じます。




Copyright 2005-2016 Keiichiro Fujisaki All rights reserved
本ブログの記事と写真の無断複写・転載を固く禁じます。