藤崎圭一郎のブログ。「デザインと言葉の関係」を考えます。

by cabanon
 
DAGODA完成
DAGODA、出来ました!
d0039955_10505975.jpg
法政大学大学院システムデザイン研究科と東京藝術大学大学院視覚・伝達デザイン研究室(松下計研究室)とのコラボレーションです。

2000部のフリーペーパーですので、あっという間になくなる可能性があるので、どこにどう配布するか、まだ未定です。
とりあえず9月22日から芸大でDAGODAの小さな展覧会を開く予定です。そこで配布しますが、展覧会の概要はおってここに書きます。

DAGODAは全40ページ。
コンテンツは──

※DAGODA Visuals(藝大生による11ページのビジュアル構成)
※特集1「生きのびるためのファッション」
 ・津村耕佑インタビュー
 ・株式会社ナカノのリサイクル工場
 ・帝人ファイバー「エコサークル」
※DAGODAインタビュー
 【1】takram design engineering、
 【2】櫻井圭記
※特集2「Cyborg and Hospitality サイボーグの新定義」
 おもてなしをキーワードにサイボーグ技術を考える10ページ
d0039955_1048258.jpg
最近商業誌は、カタログ誌的なものばかり増えています。デザイン誌までカタログ的になって、雑誌のあり方自体をデザインするという発想の雑誌が見当たりません。学生がつくったフリーペーパーにはかなりしっかり出来たものがありますが、ほとんどがカタログ雑誌化していく商業誌をなぞっています。

DAGODAは、カタログ的な作り方はしていません。11ページもビジュアル構成のページを入れたり、サイボーグの新定義を考えてみたり、商業誌が逆にできないことをやってます。けっこう大胆なページ構成にしても、インタビューを複数入れると雑誌っぽく見えてるんですよね。これは発見でした。先入観が少ない柔軟な学生たちがつくったから実現できた雑誌です。

法大生、藝大生、お疲れ様でした。
text & photo by Keiichiro Fujisaki

by cabanon | 2008-09-10 11:03
<< DAGODAご希望の方へ 渋谷水没 >>


S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
Profile
藤崎圭一郎
Keiichiro Fujisaki
デザイン評論家。編集者。1963年生まれ。1990〜92年『デザインの現場』編集長を務める。1993年より独立。雑誌や新聞にデザイン、建築に関する記事を執筆。東京藝術大学美術学部デザイン科教授。

ライフワークは「デザインを言葉でいかに表現するか」「メディアプロトタイピング」「創造的覚醒」

著書に広告デザイン会社DRAFTの活動をまとめた『デザインするな』

Twitterもやってます!

*当ブログの奥座敷
KoKo Annex

ライフログ
以前の記事
カテゴリ
その他のジャンル
ブログジャンル
リンクについて
当サイトはリンクフリーです。
お気軽にリンクして下さい。

本ブログの記事と写真の
無断複写・転載を固く禁じます。




Copyright 2005-2016 Keiichiro Fujisaki All rights reserved
本ブログの記事と写真の無断複写・転載を固く禁じます。