藤崎圭一郎のブログ。「デザインと言葉の関係」を考えます。

by cabanon
 
Tear Drop for the Children
昨日の吉岡徳仁さんのトークイベントで、吉岡さんが最後に触れた新作照明「TearDrop」(ティアドロップ)のネット限定チャリティ販売。僕の紹介の仕方が分かりづらかったので、リンク貼っておきます。

10/30〜11/23の期間中にA246Galleryのウェブサイト内で「Tear Drop」を買うと、利益がNGO「セーブ・ザ・チルドレン」に寄付されます。ここ以外のショップで買っても値段は同じですが、寄付はされません。一個44,100円。僕は買います。買いました。
d0039955_16401812.jpg
展示はウインドーディスプレイのような感じ。ここに行ってもチャリティ用のものは買えません。
text & photo by Keiichiro Fujisaki

by cabanon | 2008-10-31 18:21 | Comments(3)
Commented by H凡社のA立です。 at 2008-10-31 19:17 x
昨日はお疲れさまでした。
あれだけの人が集まるって、やはりすごいです。
普段、トークやサイン会で人集めに苦労している身としては、
あらためてすごいな~と実感。
ようやくDAGODAも入手できて感謝です。
「Tear Drop」、わたしも購入しました。

このところ酒量が増えて、体重もやや戻り気味です。
Commented by H凡社のA立です、追伸 at 2008-10-31 19:19 x
さっき書き忘れましたが、
会社のいちおう公式ブログをやってます。
公私混同、社内報的ヨタ話垂れ流しが、コンセプト?です。

http://heibonshatoday.blogspot.com/
Commented by cabanon at 2008-11-01 00:26
>A立さま
トークに来ていただきTHANKSです。
平日の夕方であれだけ人を集められるってホントすごいですよね。
土曜日とか、19時開場にすれば、もっともっと増えそうですね。

TearDrop買いましたか。早いっすね。

ブログ、DAGODAの写真まで掲載していただき、恐縮至極です。
これかもちょくちょく覗きに行きます。

<< 長い一日 禁酒の理由 >>


S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
Profile
藤崎圭一郎
Keiichiro Fujisaki
デザイン評論家。編集者。1963年生まれ。1990〜92年『デザインの現場』編集長を務める。1993年より独立。雑誌や新聞にデザイン、建築に関する記事を執筆。東京藝術大学美術学部デザイン科教授。

ライフワークは「デザインを言葉でいかに表現するか」「メディアプロトタイピング」「創造的覚醒」

著書に広告デザイン会社DRAFTの活動をまとめた『デザインするな』

Twitterもやってます!

*当ブログの奥座敷
KoKo Annex

ライフログ
最新のコメント
以前の記事
カテゴリ
ブログジャンル
リンクについて
当サイトはリンクフリーです。
お気軽にリンクして下さい。

本ブログの記事と写真の
無断複写・転載を固く禁じます。




Copyright 2005-2016 Keiichiro Fujisaki All rights reserved
本ブログの記事と写真の無断複写・転載を固く禁じます。