藤崎圭一郎のブログ。「デザインと言葉の関係」を考えます。

by cabanon
 
ゴールデン・ラズベリー賞@デザイナーズウィーク
グラフィックデザイナーが手がける野外彫刻展「INADA Stone Exhibition」が東京ミッドタウンの21_21へ至るアプローチで開催されていました(11/5まで)。JAGDA(日本グラフィックデザイナー協会)と、茨城県の稲田みかげ石の石工とのコラボレーション企画です。十数点の石の彫刻は周囲と調和していません。無い方の時のほうが美しい。とにかく空いてる場所に彫刻を置いたという感じ。これがデザイナーの仕事でしょうか。

ハリウッドの最悪映画に授与するゴールデン・ラズベリー賞(ラジー賞)のデザイン版をそろそろつくってもいいと思います。

この企画自体にラジー賞を差し上げてもよかったのですが、中でも際立っていたこの作品に、栄えあるラジー賞大賞@2008年デザイナーズウィークを授与したいと思います。グラフィックデザイナー秋田寛さんの「脚のテーブル」。脚を主役にしたテーブルだそうです。
d0039955_11431019.jpg
これはありえません。危険です。野外の、子供が走り回るような場所で、角のあるガラスの板を石の上に載せるなんて。夜、ガラスが見えなくて、酔っぱらった人が当たったらどうするのでしょうか。危険なものをあえて提示することで社会批評をする姿勢を貫いているアーティストが「この赤い防護柵まで作品だ」と語るなら、まだ理解できなくはありません。

でも、これはキャリアのあるデザイナーの作品です。設置場所を十分頭に入れ、安全性を検討することができるはず。実際に危険じゃなくても、見た目で危険を感じさせてはいけない。そうしたことにあまりに無頓着です。

半径3mいや半径30m以内に置きたくなるような作品はほとんどありませんでした。こっそり小さなギャラリーで、10分の1くらいのスケールの作品を展示していれば、デザイナーのお遊びということで誰も文句は言わないと思いますが。

もちろんいい作品もありました。石のクッションで座り心地悪さを味わってもらう山嵜勝之さんの「安楽椅子」は、デザイナーらしい発想の作品です。座るといままで感じたことのないザラザラとした感覚がお尻に伝わります。福田繁雄さんは、福田作品の王道を行く作品で、遊び心の質が、他とは数段違います。
text & photo by Keiichiro Fujisaki

by cabanon | 2008-11-05 11:55 | Comments(6)
Commented by nanashi at 2008-11-05 22:45 x
まったく同感です!
Commented by 同感 at 2008-11-06 00:15 x
竹尾ペーパーショウもかなりラズベリーな構成でした!
Commented by onishi at 2008-11-06 00:35 x
僕は友人を訪ねて茨城へ行った際、稲田石の作品群をを見ています。2年前でしたが、そのとき友人は著名なデザイナーが地元の石をつかって作品をつくっていることが嬉しそうでした。地場産業を応援しているような雰囲気があり好感をもっていました。
しかしどんなに貢献する気持ちがあったとしても、こなしていくだけではいけないのだと思いました。依頼者を選ぶ倫理然り。
Commented by は〜 at 2008-11-07 01:57 x
導管です。じゃなくて同感です。
Commented by 秋田 寛 at 2008-11-08 18:28 x
ブログを拝見しました。
このテーブルは昨年制作したもので、茨城の稲田石採掘場において展示することを前提に、与えられた条件の材料(稲田石)を、いかにムダなく最小限の加工で何ができるかを考えたものです。ちょうど大人のスタンディングに対応したサイズになりました。今回のミッドタウン・ガーデンのような公共性の高い場に設置されることは、まったく想定していません。
今回のミッドタウン・ガーデンでの展示は、INADA STONE EXHIBITIONの関係者から事前に連絡をもらっていました。しかし、すべてをお任せしていたのが実状です。
私も展示現場を見て、困りました。
ミッドタウンの、このような場に、このように設置されることを前提にデザインをしていません。そして「この赤い防護柵まで作品だ」と語るほど、社会批判をするつもりもありません。

ご指摘されている事に間違いはないと思います。
ただ、私がデザインしたこのテーブルには、このような背景があったことだけお伝えしておきます。

秋田 寛


Commented by ma at 2008-11-10 08:21 x
あぁ、大人ですね。
まだちゃんと、大人がいる。
そのことがわかっただけでも、良かったと思います。
デザインも美術もまだまだ捨てた物じゃない。

そう感じました。
<< 伝わる話 eatingをデザインしてみると >>


S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
Profile
藤崎圭一郎
Keiichiro Fujisaki
デザイン評論家。編集者。1963年生まれ。1990〜92年『デザインの現場』編集長を務める。1993年より独立。雑誌や新聞にデザイン、建築に関する記事を執筆。東京藝術大学美術学部デザイン科教授。

ライフワークは「デザインを言葉でいかに表現するか」「メディアプロトタイピング」「創造的覚醒」

著書に広告デザイン会社DRAFTの活動をまとめた『デザインするな』

Twitterもやってます!

*当ブログの奥座敷
KoKo Annex

ライフログ
最新のコメント
以前の記事
カテゴリ
ブログジャンル
リンクについて
当サイトはリンクフリーです。
お気軽にリンクして下さい。

本ブログの記事と写真の
無断複写・転載を固く禁じます。




Copyright 2005-2016 Keiichiro Fujisaki All rights reserved
本ブログの記事と写真の無断複写・転載を固く禁じます。