藤崎圭一郎のブログ。「デザインと言葉の関係」を考えます。

by cabanon
 
カワイイ
30数年前、僕は小学校を卒業して、横浜から広島県尾道市へ引っ越した。「だからさあ」「それでさあ」と「さあ」を連発する僕の話し方を、中学校の同級生はからかった。あのさあ、誰誰がさあ、◎◎しっちゃって、△△じゃん。

僕にとっても彼らの話し方が面白かった。「すごい」を「ぶち」といった。「ぶちうまい」とか。が、高校は広島だった。同じ広島県でも、備後と安芸では言葉もイントネーションも違う。広島では基本は「ぶり」だった。

関西は「めっちゃ」「ごっつ」などさまざま、ネットによると、名古屋はジェネレーションがあって、年輩は「どえりゃ〜」、若い人は「でら」らしい……。

「とても」「ひじょうに」「すごく」などの程度を強調する副詞は、原稿を書くときは、なるべく使わないほうがいい。「東京タワーは美しい」「東京タワーはとても美しい」。ジャーナリストにとっては、前者のほうが覚悟がいる。言い切るには、取材を重ねて裏をとって客観的な事実だと確認する必要がある。「とても」を入れると「そう思ったのは私」という主観的なニュアンスが入り込む。

地域、世代、趣味嗜好、業界などさまざまなコミュニティで、「とても」という意の多様な表現が生成されるのは、仲間たちと主観を共有しあいたいという願望の表れだろう。僕は尾道弁を上手に使いこなせなかったが、「ぶち」と自然にいえるようになって、少し友達に馴染んできたと思ったものだ。

そう考えて「カワイイ」という言葉の意味がわかってきた。意味を定義しようと思ってはいけないのだ。これは英語の「pretty」や「cute」ではない。仲間と感情を共有しあう「機能」が、愛らしいといった「意味」を凌駕している。感情共有を促す機能は「超」「ちょ」と同じだ。

エロカワイイ、キモカワイイまで意味が拡大したのは、感情共有機能が肥大化したためだ。言い換えると、空気をつくる言葉。カワイイの意味は、それがどの仲間たちの中で発せられたかで変わっていく。しかも反論が許されない。「カワイイ」とみんなが盛り上がっている場面で「そんなのカワイクナイ」と否定すれば、空気の読めない子になってしまう。微妙な距離感が生まれてしまう。そう思ってなくても、自分のために、その場のために、とりあえず言っとくべき言葉、それがカワイイだ。

しかしカッコいいは違う。こちらは距離感を示す言葉だ。

カッコいいは、オレはオマエとは違うんだ、オレはこんなカッコいいクルマに乗っている、オレはカッコいいと思うのは、まだほとんどの人が分かってないけど時代の先端だと主張する。尖ったものを愛する言葉がカッコいいだ。

カッコいいは異化の言葉で、カワイイは同化の言葉である。しかし、カッコいいの単純な異化作用に比べ、カワイイの同化作用は、異質なものを取り込む仕組みを持っている。カワイイの定義は、微妙に揺らいでいるために、異質なものを取り込んで、広がっていく。

カワイイは共鳴の言葉である。互いの近しい距離感を確認し合うため、カワイイと言って、周りの人たちと感情を響かせ合う。

響かせ合うには、ユニゾンよりもハーモニーである。カワイイと同じ旋律を歌うだけでは、ジャニーズである。深みに欠ける。

相手のカワイイに合わせて、でも、微妙にそれとは違うものをカワイイと言ったり、異化効果のあるカッコいいのテイストをちょっぴり加えて、旋律を変えてみると、深みが出る。そこに真の共鳴が起こる。カワイイのハーモニー的連鎖が、カワイイの領域を広げていく。

「カワイイ!」と誰かが発すると、その「カワイイ!」が伝染するのだ。「言語は宇宙から来たウィルス」と言ったのは、ウィリアム・バロウズだが、カワイイこそウィルスだ。しかもそのウィルスは言語同様、想像を育む。
──などなどと、200個以上集めたご当地キティを見て、僕はこの自説をふむふむと確信しているわけである。

**********

たまに以前書いた記事を、このブログに載せています。発売から1年経ってからというのがこのブログのルールです。このカワイイの原稿は、『デザインの現場』連載「コトバのミカタ」の1年前の号に載せたものに、かなり加筆してアップしました。

この記事はぜひブログにアップしたい、早く1年経たないかな、ルール破っちゃおうかな、と思っていたものでした。というのも、最初はブログ用につらつら書いてて、あっおもしろいと思って、急遽連載原稿に格上げしたものだったので。

最新号のデザ現では「RPG型インタラクション」について書いてます。これも面白いと思います。けど、ここ3号くらい、原稿がオヤジ臭くなっています。説教臭いというか。生活全般がオヤジに浸っているせいだと思ってます。是非ご一読を。
text & photo by Keiichiro Fujisaki

by cabanon | 2009-01-27 23:32 | お気に入りの過去記事 | Comments(5)
Commented by salyu at 2009-01-29 11:22 x
面白く読ませていただきました。なるほどー・・ですね。確かに。
以前、男性の履いていたアディダ●のスニーカーをみて、
それかわいいねー、といったらスパッと「かわいいの定義がわからん」と言われました。そうだよね、見た目はかっこいいけど・・と詰まった覚えが。共鳴の言葉、納得です。
ちなみに、私たちの世代では(30代前半です)、これかわいいねー!というシチュエーションになった時に、「かわいくない」っていうと距離が出来てしまいますが、「うーん、私には響かないなー」なんていうと、一気にカッコイイ女に格上げされたりします。
言葉のマジックっておもしろいですね。
ジャーナリストは「とても」を使わず言い切る、ほんとかっこいいです。
Commented by マー at 2009-01-29 12:55 x
こんにちは。かっこいいとかわいいの違いは面白いですね。
『かっこいい』はスタイルで『かわいい』はモードみたいですね。
Commented by アイ at 2009-01-29 13:22 x
こんにちは。この記事はリアルタイムで読みました。さすがプロ、よく分析したものだな~と思いました。感覚的なことを言葉に置き換えることだけはないがしろにしたくない派、なのですが、私の周りはそうでないカルチャーが蔓延しており、今は多勢にナントカ、という感じです。これさえなんとかすれば相当ムダがなくなるのでは、と思っています。
Commented by せとこうじ at 2009-01-30 14:42 x
はじめてコメントさせていただきます。

「二項対立」の記事を読んで、武術家・甲野善紀さんの言葉を思い出しました。

「私は先程、運命が決まっていて同時に自由だと言いましたが、例えば、禅の公案だってものすごく矛盾していることを突きつめていって、思考を飛び越えたところを感得させるようにするでしょう。
やはり命の構造のおもしろさは矛盾そのものだと思うのです。「矛盾を矛盾のまま矛盾なく取り扱う」、そういうことを体感を通してやるということに武術の意味があるのです。」
(甲野善紀×内田樹『身体を通して時代を読む』)

矛盾した、対立したものを同時に持ち合わせることによって、はじめて駆動される思考回路のようなものがあるのだと思います。そうした方が物事が鮮明に見えてくる、というようなことよりもむしろ「なんだかそうした方が楽しい」といった感覚が私にはあって、「二項対立」の記事を読んだときすごくワクワクしたのです。

この記事とは関係のないコメントとなってしまい、申し訳ありません。これからも刺激的な文章を書き続けてください。
Commented by メロ at 2009-02-02 21:41 x
いつも拝読してます。
いつにもまして、面白いです。

ジャニーズってなんでメンバー全員で同じ旋律歌ってるの?
っていつもおもってました。。。
<< 書けた! 近代的 >>


S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
Profile
藤崎圭一郎
Keiichiro Fujisaki
デザイン評論家。編集者。1963年生まれ。1990〜92年『デザインの現場』編集長を務める。1993年より独立。雑誌や新聞にデザイン、建築に関する記事を執筆。東京藝術大学美術学部デザイン科教授。

ライフワークは「デザインを言葉でいかに表現するか」「メディアプロトタイピング」「創造的覚醒」

著書に広告デザイン会社DRAFTの活動をまとめた『デザインするな』

Twitterもやってます!

*当ブログの奥座敷
KoKo Annex

ライフログ
最新のコメント
以前の記事
カテゴリ
ブログジャンル
リンクについて
当サイトはリンクフリーです。
お気軽にリンクして下さい。

本ブログの記事と写真の
無断複写・転載を固く禁じます。




Copyright 2005-2016 Keiichiro Fujisaki All rights reserved
本ブログの記事と写真の無断複写・転載を固く禁じます。