藤崎圭一郎のブログ。「デザインと言葉の関係」を考えます。

by cabanon
 
空耳?
先ほど近所のそば屋で遅い昼飯をとっていたら、隣のテーブルの人に店員さんが注文の品を運んできた。

「カツ丼、ブタ抜きです」

エッ、そんなのあり。衣だけ食うの? 味が染みててうまそうだけど。どうやって肉抜くのかなとか考えて、隣の人のカツ丼をチラチラ観察。やっぱり空耳でした。店員さんは「カツ丼、小たぬき、です」って言ってたんです。でも、どこかで頼んでみようかな。カツ丼、ブタ抜き。

追記:たぬきうどんの「たぬき」とはタネ抜きが語源だとか(Wikipedia)。天ぷらのタネ抜きだから天かす。ということは、たぬきカツ丼とはブタ抜きってことになりますね。どうでもいいことだけど。
text & photo by Keiichiro Fujisaki

by cabanon | 2009-03-29 15:39 | Comments(2)
Commented by at 2009-03-29 15:49 x
知人のイギリス人は、そば屋で、スーツ姿のビジネスマンやOLが、「ぼくはタヌキ!」「わたし、きつね!」と注文するのが、未だにおかしくて笑ってしまうと言っています。真顔で「ぼく、タヌキ」って確かにおかしいかも。
Commented by cabanon at 2009-03-29 19:17
>は さん
OLが「わたし、おかめ」ってのも、おかしそうですね。
マイケル・J・フォックスが日本のインドカレー屋で「オレ、チキン」とか思わず言ったら、それはそれでおかしいし。
<< DRAFT展最終日です(終了し... ボイス夜話を終えて >>


S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
Profile
藤崎圭一郎
Keiichiro Fujisaki
デザイン評論家。編集者。1963年生まれ。1990〜92年『デザインの現場』編集長を務める。1993年より独立。雑誌や新聞にデザイン、建築に関する記事を執筆。東京藝術大学美術学部デザイン科教授。

ライフワークは「デザインを言葉でいかに表現するか」「メディアプロトタイピング」「創造的覚醒」

著書に広告デザイン会社DRAFTの活動をまとめた『デザインするな』

Twitterもやってます!

*当ブログの奥座敷
KoKo Annex

ライフログ
最新のコメント
以前の記事
カテゴリ
ブログジャンル
リンクについて
当サイトはリンクフリーです。
お気軽にリンクして下さい。

本ブログの記事と写真の
無断複写・転載を固く禁じます。




Copyright 2005-2016 Keiichiro Fujisaki All rights reserved
本ブログの記事と写真の無断複写・転載を固く禁じます。