藤崎圭一郎のブログ。「デザインと言葉の関係」を考えます。

by cabanon
 
DAGODA02_山中俊治×原研哉 対談(受付終了)
d0039955_1519316.jpg

今年も法政大大学院システムデザイン研究科「美学意匠論」の講義で、フリーペーパー『DAGODA』を学生といっしょに制作しています。東京藝大デザイン科視覚・伝達研究室との共同企画です(上のポスターも藝大生のデザイン)。

第2号のメインコンテンツとして、山中俊治さんと原研哉さんの公開対談を行います。

テーマ「デザインの骨と皮膜」

日時:6/26(金) 19:30〜21:30(19:00開場)
会場:法政大学市ヶ谷田町校舎5Fマルチメディアホール
司会進行:藤崎圭一郎(デザインジャーナリスト)
定員:180名。
受付終了しました。
予約制・入場無料・座席指定なし。

学外から40〜50名聴講者を募集します。社会人も歓迎します。
参加ご希望の方はメールにてお申し込みください。
件名に「参加希望」と書いて、
氏名と所属(学生の場合は学校名、学科名、学年)を明記の上、次のアドレスまで。
info@dagoda.jp

定員に達し次第、締め切らせていただきます。
いただいたメールには参加の可否の返信をいたします。
(返信には少しお時間をいただくことになると思います)

先着順ですが、週末メールチェックができないため、メールをいただいていても、翌週になってお断りのメールを返信する可能性があります。ご了承ください。

d0039955_15364124.gif

【住所&アクセス】
新宿区市ヶ谷田町2−33
注1:上の住所クリックするとGoogleMapsになりますが、法政大エクステンション・カレッジと記載とされています。
注2:中央線から見える法大の高層ビルのあるキャンパスとはお濠を挟んで反対側です。

交通:地下鉄南北線・有楽町線市ヶ谷駅(出口5)より徒歩5分。
JR・都営新宿線市ヶ谷駅より徒歩10分。

受付に時間がかかることが予想されます。お時間に余裕をもってお越しください。

text & photo by Keiichiro Fujisaki

by cabanon | 2009-06-18 15:57
<< 松永さんと柿木原さんとのトーク 「骨」展をレビューする >>


S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
Profile
藤崎圭一郎
Keiichiro Fujisaki
デザイン評論家。編集者。1963年生まれ。1990〜92年『デザインの現場』編集長を務める。1993年より独立。雑誌や新聞にデザイン、建築に関する記事を執筆。東京藝術大学美術学部デザイン科教授。

ライフワークは「デザインを言葉でいかに表現するか」「メディアプロトタイピング」「創造的覚醒」

著書に広告デザイン会社DRAFTの活動をまとめた『デザインするな』

Twitterもやってます!

*当ブログの奥座敷
KoKo Annex

ライフログ
以前の記事
カテゴリ
その他のジャンル
ブログジャンル
リンクについて
当サイトはリンクフリーです。
お気軽にリンクして下さい。

本ブログの記事と写真の
無断複写・転載を固く禁じます。




Copyright 2005-2016 Keiichiro Fujisaki All rights reserved
本ブログの記事と写真の無断複写・転載を固く禁じます。