藤崎圭一郎のブログ。「デザインと言葉の関係」を考えます。

by cabanon
 
2005年 05月 04日 ( 2 )
text & photo by Keiichiro Fujisaki

 
地霊か!?
今日は何もない。ホントに何もない一日でした。ゴハンを一膳納豆で食べただけで食欲がなくジムにも行かず、考え事してBlogをいじってテレビ観てビール飲んで……。
んで、昨日の文京区探索の話の続き。不思議な空間を発見しました。空き地に祠が三つ。小石川の善光寺坂にある慈眼院と善光寺に挟まれた空き地です。ドクダミの中に狛犬2体が埋もれていたり。いや〜身震いしました。なんですか有名なミステリースポットなのでしょうか。曰く付きってやつですか。わが家のある目黒区の都立大学駅近辺ではめったにお目にかかれない、濃いぃ東京の地霊を感じました。
d0039955_20512733.gif
d0039955_20514656.gif
d0039955_20521530.gif

text & photo by Keiichiro Fujisaki

by cabanon | 2005-05-04 20:56
 
文字狩り
文京区方面で「文字狩り」をしてきました。「街の文字を収集する」という学校の授業の課題で、学生にサンプルで見せるものです。どこかに面白い文字はないかと探しながら歩くと、意外とたくさん見つかるものです。ただ歩いているだけではなかなか見つからない。カメラをぶら下げてハンティング気分になるのが大切のようです。収穫を4つほど見せちゃいます。それとお寺の水瓶(?)の水面に浮かんでいた桜の花びら。2,3週間前の桜の花びらがなぜか残ってました。きれい。
d0039955_1315969.gif
d0039955_1312434.gif
d0039955_1322687.gif
d0039955_1324649.gif
d0039955_133616.gif


言い忘れましたけど、一番上がモザイクタイル、次が金属、その次が筆書き、おにぎりはプラスチック、それぞれの加工の特長がきちんと文字デザインに反映されています。たとえば「DPE、カメラ」は金属なので直線が基本、それに単純な円弧のカーブが使われている。モザイクも直線的。逆に筆書きの中華料理屋(閉店)は今の人は、こんなふうに「理」や「園」の文字を省略できないというくらい見事な崩し字になっています。(5/20追記)
text & photo by Keiichiro Fujisaki

by cabanon | 2005-05-04 13:07


Profile
藤崎圭一郎
Keiichiro Fujisaki
デザイン評論家。編集者。1963年生まれ。1990〜92年『デザインの現場』編集長を務める。1993年より独立。雑誌や新聞にデザイン、建築に関する記事を執筆。東京藝術大学美術学部デザイン科教授。

ライフワークは「デザインを言葉でいかに表現するか」「メディアプロトタイピング」「創造的覚醒」

著書に広告デザイン会社DRAFTの活動をまとめた『デザインするな』

Twitterもやってます!

*当ブログの奥座敷
KoKo Annex

ライフログ
以前の記事
カテゴリ
その他のジャンル
ブログジャンル
リンクについて
当サイトはリンクフリーです。
お気軽にリンクして下さい。

本ブログの記事と写真の
無断複写・転載を固く禁じます。




Copyright 2005-2016 Keiichiro Fujisaki All rights reserved
本ブログの記事と写真の無断複写・転載を固く禁じます。