藤崎圭一郎のブログ。「デザインと言葉の関係」を考えます。

by cabanon
 
2005年 05月 11日 ( 1 )
text & photo by Keiichiro Fujisaki

 
10年前に書いた原稿
10年前、1995年、阪神淡路大震災と地下鉄サリン事件の年に書いた原稿を復活させます。ゴミ情報論です。
『fab!』という知り合いの編集者が自主制作した雑誌のために書いたものです。
時代を感じます。情報スーパーハイウェイとか死語ですね。「加賀まりこに怒鳴られる」ってそんなCMあったような。
読み返すと気恥ずかしい。文章が青々している。ここはちょっとなあ、と思う箇所もある。が、いいとこ突いてる気がします。ので、原文のまま、掲載します。
長文なので、読みたい方は下左の[More]をクリック。

[More]
text & photo by Keiichiro Fujisaki

by cabanon | 2005-05-11 20:00


Profile
藤崎圭一郎
Keiichiro Fujisaki
デザイン評論家。編集者。1963年生まれ。1990〜92年『デザインの現場』編集長を務める。1993年より独立。雑誌や新聞にデザイン、建築に関する記事を執筆。東京藝術大学美術学部デザイン科教授。

ライフワークは「デザインを言葉でいかに表現するか」「メディアプロトタイピング」「創造的覚醒」

著書に広告デザイン会社DRAFTの活動をまとめた『デザインするな』

Twitterもやってます!

*当ブログの奥座敷
KoKo Annex

ライフログ
以前の記事
カテゴリ
その他のジャンル
ブログジャンル
リンクについて
当サイトはリンクフリーです。
お気軽にリンクして下さい。

本ブログの記事と写真の
無断複写・転載を固く禁じます。




Copyright 2005-2016 Keiichiro Fujisaki All rights reserved
本ブログの記事と写真の無断複写・転載を固く禁じます。