藤崎圭一郎のブログ。「デザインと言葉の関係」を考えます。

by cabanon
 
2006年 02月 08日 ( 1 )
text & photo by Keiichiro Fujisaki

 
取り壊しの知らせ(阿佐ヶ谷住宅)
みなさん、表参道ヒルズなんか見に行っている場合じゃありません。明日行く予定ですけれど……。
6月に投稿した阿佐ヶ谷住宅の記事に、今日(2/8)阿佐ヶ谷住宅にお住まいのMOANAさんからコメントをいただきました。秋に取り壊されるそうです(注:現在、とりあえず07年春まで取り壊しは延期になっています)。噂はずっと前から聞いていました。が、実際、年を越せないと聞くと、なんとも……。前川國男展が開かれ、建築的価値の評価が高まりつつある矢先だったのに。もう1年、もう2年待てないのですか? 昭和モダニズムの理想郷を、出来るだけ多くの建築やデザインを学ぶ人たちが体で感じておくべきだから。

今の日本人は「庭」や「共用の屋外空間」の豊かさに関する感覚が欠如します。住宅メーカーは敷地いっぱいに建てるのが「いい家」だなんて売り方をしています。僕の住んでいるあたりも庭のある家がどんどん壊され、敷地いっぱいに建てられた圧迫感ある家に建て替わっています。3階建てで目一杯居住空間を増やした家がいい家だなんて僕は絶対思いません。やせ我慢して居住空間を減らして庭を作る。家は狭いけど庭が広い。てやんで、鯉とか雀とかバッタとか住みやすいだろ、ほら。って家がいい家だと、そうなってほしいです。

ヒューマンセンタードデザイン──人間中心デザインなんて言い方がありますが、了見が狭いと思いませんか。やせ我慢して庭を愉しむ。共用スペースを作る。人と環境とのつながり、人と人とのつながりを生むデザインは単純に人間中心ってわけではない。つながりのデザインは心意気ですよ、心意気。

そういう意味で、阿佐ヶ谷住宅って、外に開かれた心意気というか、気っぷの良さみたいなの感じるんです。花咲く頃になったら、訪れてみて下さい。もう会えなくなるのですから。
d0039955_2348493.jpg
d0039955_23531920.jpg
d0039955_2350413.jpg
d0039955_23505888.jpg
d0039955_23511644.jpg
d0039955_23502163.jpg
建築家の「夢」だけではこんな場所は生まれません。住まう人の「愛情」とのコラボレーションです。
text & photo by Keiichiro Fujisaki

by cabanon | 2006-02-08 23:56 | コモン | Comments(11)


S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
Profile
藤崎圭一郎
Keiichiro Fujisaki
デザイン評論家。編集者。1963年生まれ。1990〜92年『デザインの現場』編集長を務める。1993年より独立。雑誌や新聞にデザイン、建築に関する記事を執筆。東京藝術大学美術学部デザイン科教授。

ライフワークは「デザインを言葉でいかに表現するか」「メディアプロトタイピング」「創造的覚醒」

著書に広告デザイン会社DRAFTの活動をまとめた『デザインするな』

Twitterもやってます!

*当ブログの奥座敷
KoKo Annex

ライフログ
最新のコメント
以前の記事
カテゴリ
ブログジャンル
リンクについて
当サイトはリンクフリーです。
お気軽にリンクして下さい。

本ブログの記事と写真の
無断複写・転載を固く禁じます。




Copyright 2005-2016 Keiichiro Fujisaki All rights reserved
本ブログの記事と写真の無断複写・転載を固く禁じます。