藤崎圭一郎のブログ。「デザインと言葉の関係」を考えます。

by cabanon
 
2006年 04月 29日 ( 2 )
text & photo by Keiichiro Fujisaki

 
ちょっとお休みします
連休中はブログの更新をお休みします。
次の更新は5月8日以降になります。
コメント欄のレスも別室DP Annexもお休みです。
旅行とか行くわけではありません。
書かなくちゃいけない原稿と筋トレに集中します。
text & photo by Keiichiro Fujisaki

by cabanon | 2006-04-29 22:23
 
グルチッチ一気飲み
d0039955_23594424.jpg頂き物です。コンスタンティン・グルチッチがパッケージをデザインした日本酒「SAKE 8」。青森県・八戸の酒造会社「八鶴」が昨年発売したものです。グルチッチは現在もっとも国際的に注目されているドイツ人インダストリアルデザイナー。デザインは「8」をモチーフにしたラベルのみ。立体でなく平面の仕事です。特にすごいデザインというわけではありません。でもなんか華があります。

先々週来客があり、とっておきの酒ということで開けたのですが、イギリス人の建築家の卵さん(僕より年上)が「デザイナーズ・サケ! コレクターズ・アイテム」と喜んでくれました。

酒飲みの僕にとっては、肝心なのは中身です。山廃仕込みの独特の香りとコクがありますが、さらりと飲めます。菊姫とか天狗舞のようなしっかりした山廃の好きな人は物足りないかもしれませんが、僕はこれでいいです。飲み口がいいので、常温よりやや冷やしただけでも(というか冷やし忘れていただけなんですが……)クイクイいけました。720mlで1500円、値段も良心的です。

デザイン関係者をもてなす酒に最適だと思います。デザイナーズなんとかってどうなのよ、といった話がきっと盛り上がるでしょう。ただし、この酒自体はデザイナーズ・サケとかあまり言いたくないです。八戸へ出向いて仕事をしたグルチッチ、異文化の発想をしっかり受けとめた八鶴の方々、そして、美酒──称賛に値します。

【関連リンク】
八鶴のウェブサイト
・同サイトのSAKE8についてはこちら
・コンスタンティン・グルチッチ(Konstantin Grcic)のウェブサイト
SAKE8デビューのレポート。うまかったです。あっという間に飲みました。ありがとう!
text & photo by Keiichiro Fujisaki

by cabanon | 2006-04-29 00:07


S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
Profile
藤崎圭一郎
Keiichiro Fujisaki
デザイン評論家。編集者。1963年生まれ。1990〜92年『デザインの現場』編集長を務める。1993年より独立。雑誌や新聞にデザイン、建築に関する記事を執筆。東京藝術大学美術学部デザイン科教授。

ライフワークは「デザインを言葉でいかに表現するか」「メディアプロトタイピング」「創造的覚醒」

著書に広告デザイン会社DRAFTの活動をまとめた『デザインするな』

Twitterもやってます!

*当ブログの奥座敷
KoKo Annex

ライフログ
以前の記事
カテゴリ
その他のジャンル
ブログジャンル
リンクについて
当サイトはリンクフリーです。
お気軽にリンクして下さい。

本ブログの記事と写真の
無断複写・転載を固く禁じます。




Copyright 2005-2016 Keiichiro Fujisaki All rights reserved
本ブログの記事と写真の無断複写・転載を固く禁じます。