藤崎圭一郎のブログ。「デザインと言葉の関係」を考えます。

by cabanon
 
2006年 06月 30日 ( 2 )
text & photo by Keiichiro Fujisaki

 
暑っ!
Schönes Wetter heute, nicht war?
で、よかったんだっけ?
d0039955_2205745.jpg

つうより暑すぎです。カメラを向ける前は38度を表示してました。
でも東京の31度のほうが体感的には暑い。
旧・東ドイツの計画都市アイゼンヒュッテンシュタットにて。
旧名スターリンシュタット。ポーランド国境沿いの製鉄所の街です。
なぜ行ったのか? 8月15日売りの『BRUTUS』アノニマスデザイン特集をお読みください。原稿書かなくちゃ。
text & photo by Keiichiro Fujisaki

by cabanon | 2006-06-30 22:02 | Comments(0)
 
ユダヤ博物館
d0039955_19211543.jpg
d0039955_19213957.jpg
念願のリベスキンド設計「ユダヤ博物館」@ベルリンへ。撮影の難しい建築です。向かいのビルの上にでも行かないとギザギザのプランは撮影できない。だけど、失敗した写真がこの建築の要点をうまく撮し出してくれました。常設展のある地下に降りていく階段は、表現主義絵画のよう。ホロコーストタワー(下の黒い写真)は、地上から差し込む光が希望とも絶望ともとれる、忘れがたい空間でした。
d0039955_19175010.jpg
d0039955_19173292.jpg


企画展で開かれていたフロイト生誕150周年の「精神分析(サイコ・アナリシス)展」(8月27日まで)。すごく面白かったです。重厚なテーマを、ここまで親しみやすくポップにしかも内容濃く見せるか、感心させられる展示でした。学芸員とディスプレイデザイナーは必見です。
d0039955_19415527.jpg
d0039955_19522028.jpg
マゾヒズム、ヒステリー、肛門期などと書かれた
文字板の裏に、それぞれの項目を解説する
テキストとインタラクティブな仕掛けがある
d0039955_19422712.jpg
フロイト生誕から現代までの150年間を、
ケーキの上の手作り人形で表現

d0039955_19425541.jpg
たぶん椅子です。上にプロジェクションされているのは

text & photo by Keiichiro Fujisaki

by cabanon | 2006-06-30 19:53 | Comments(0)


S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
Profile
藤崎圭一郎
Keiichiro Fujisaki
デザイン評論家。編集者。1963年生まれ。1990〜92年『デザインの現場』編集長を務める。1993年より独立。雑誌や新聞にデザイン、建築に関する記事を執筆。東京藝術大学美術学部デザイン科教授。

ライフワークは「デザインを言葉でいかに表現するか」「メディアプロトタイピング」「創造的覚醒」

著書に広告デザイン会社DRAFTの活動をまとめた『デザインするな』

Twitterもやってます!

*当ブログの奥座敷
KoKo Annex

ライフログ
最新のコメント
以前の記事
カテゴリ
ブログジャンル
リンクについて
当サイトはリンクフリーです。
お気軽にリンクして下さい。

本ブログの記事と写真の
無断複写・転載を固く禁じます。




Copyright 2005-2016 Keiichiro Fujisaki All rights reserved
本ブログの記事と写真の無断複写・転載を固く禁じます。