藤崎圭一郎のブログ。「デザインと言葉の関係」を考えます。

by cabanon
 
2007年 02月 14日 ( 1 )
text & photo by Keiichiro Fujisaki

 
お詫びとお知らせ
申し訳ありません。間違った情報を書いてしました。
前回の『工芸ニュース』のバックナンバーの記事。
国立国会図書館で閲覧できる『工芸ニュース』のバックナンバーは、1936年、41年、51年、54〜56年、61年のみ。
と書きましたが、事実ではありません。

戦前の号も57年以降も閲覧できます。所蔵がないのは19巻(1951年)5号と、20巻(1952年)1〜7号です。

コンピュータ検索がいささか不親切で、検索結果を見ると、1936年、41年、51年、54〜56年、61年の巻しか見られないように思えてしまうのですが、奥がありました。今日、係の人に使い方を教わって、1942年や戦後すぐのバックナンバーを読んできました。

でも、52年はとても大切です。日本で「デザイン」という言葉が急速に浸透しはじめる時期です。1951年にはローウィが来日し、52年には日本インダストリアルデザイナー協会が設立されています。欠号分、どなたか国会図書館に寄贈してもらえないものでしょうか。
text & photo by Keiichiro Fujisaki

by cabanon | 2007-02-14 19:56


Profile
藤崎圭一郎
Keiichiro Fujisaki
デザイン評論家。編集者。1963年生まれ。1990〜92年『デザインの現場』編集長を務める。1993年より独立。雑誌や新聞にデザイン、建築に関する記事を執筆。東京藝術大学美術学部デザイン科教授。

ライフワークは「デザインを言葉でいかに表現するか」「メディアプロトタイピング」「創造的覚醒」

著書に広告デザイン会社DRAFTの活動をまとめた『デザインするな』

Twitterもやってます!

*当ブログの奥座敷
KoKo Annex

ライフログ
以前の記事
カテゴリ
その他のジャンル
ブログジャンル
リンクについて
当サイトはリンクフリーです。
お気軽にリンクして下さい。

本ブログの記事と写真の
無断複写・転載を固く禁じます。




Copyright 2005-2016 Keiichiro Fujisaki All rights reserved
本ブログの記事と写真の無断複写・転載を固く禁じます。