藤崎圭一郎のブログ。「デザインと言葉の関係」を考えます。

by cabanon
 
2009年 03月 15日 ( 1 )
text & photo by Keiichiro Fujisaki

 
ヨーゼフ・ボイス夜話
トークをやります。
3/28(土)20時半より、代官山の+ING Atticにて。
ヨーゼフ・ボイス夜話「創造的覚醒」

僕の卒論は、ドイツの現代美術家ヨーゼフ・ボイスです。美術出版社に入社したのも『美術手帖』の編集をやりたかったからです。けれど「キミはデザインのほうが向いてるよ」と、『デザインの現場』に配属され、その後はデザインの世界まっしぐらです。すっかりボイスの世界から遠ざかっていますが、ボイスの足跡を追ってお金を貯めてドイツまで行った論文は、自分の原点であるとはっきり言えます(今読むと、幼稚な文体で冷や汗・脂汗ものですが)。

ひょんな縁で、ボイスをテーマに初個展を開く、衣装デザイナー+服飾評論家のタハヒラミクさんの個展会場でトークイベントを行うことになりました。「ええっ、僕でイイの?」って感じですが、忘れていたことを思い出して、ボイスのこと、ボイス以降のことを話します。タハヒラさんのボイスへの思いも語ってもらいます。

僕のライフワークが、当ブログの右側のプロフィール欄に3つ書いてあります。最後の「創造的覚醒って何のこっちゃ?」と思った方がいらっしゃると思いますが、大学時代に夢中になって読んだユングとP.K.ディック、そしてボイスから始まる話が、この「創造的覚醒」です。人の創造的な目覚めを巡る物語が、虚実入り乱れて、ひとつの文化を形成している。そんなことをずっと思っています。サイボーグ技術や涼宮ハルヒあたりまで話が進めていくつもりです。

〜〜ヨーゼフ・ボイス夜話「創造的覚醒」〜〜
タカヒラミク × GUEST 藤崎圭一郎(デザインジャーナリスト)
ボイスが残してくれた視点から見たアート、デザイン、SF映画、 アニメ、カルト、最先端科学を語ります。

日時:3月28日(土) 20:00開場、20:30スタート
入場料:1000円(1drink付き)
会場:+ING Attic
住所:渋谷区猿楽町12-28

要予約★申し込み方法やアクセスなど、詳細は、+ING Atticウェブサイトをご覧ください。
http://www.plusingpress.com/information/

****************
タカヒラミク個展 at +ING Attic
×39 study vol.1
「ボイスに教えてもらったこと」
ー things I learned from Beuys ―
会期:3月20日(金)~29日(日)
時間:11:00~19:00、金・土(20、21、27、28日)は20:00までOPEN。
会場:+ING Attic
text & photo by Keiichiro Fujisaki

by cabanon | 2009-03-15 10:28 | Comments(0)


S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
Profile
藤崎圭一郎
Keiichiro Fujisaki
デザイン評論家。編集者。1963年生まれ。1990〜92年『デザインの現場』編集長を務める。1993年より独立。雑誌や新聞にデザイン、建築に関する記事を執筆。東京藝術大学美術学部デザイン科教授。

ライフワークは「デザインを言葉でいかに表現するか」「メディアプロトタイピング」「創造的覚醒」

著書に広告デザイン会社DRAFTの活動をまとめた『デザインするな』

Twitterもやってます!

*当ブログの奥座敷
KoKo Annex

ライフログ
最新のコメント
以前の記事
カテゴリ
ブログジャンル
リンクについて
当サイトはリンクフリーです。
お気軽にリンクして下さい。

本ブログの記事と写真の
無断複写・転載を固く禁じます。




Copyright 2005-2016 Keiichiro Fujisaki All rights reserved
本ブログの記事と写真の無断複写・転載を固く禁じます。