藤崎圭一郎のブログ。「デザインと言葉の関係」を考えます。

by cabanon
 
<   2005年 05月 ( 32 )   > この月の画像一覧
text & photo by Keiichiro Fujisaki

 
主体の転換(1)デザインをどう言葉で表現するか
昨日のアップした写真を眺めていて、ルイス・カーンの言葉を思い出した。
「レンガはアーチになることを望んでいる」
「太陽自身、建物の壁に当たるまで、光の偉大さを知らない」
d0039955_2394928.gif

どうしてこんな詩的な表現ができるのだろう。「レンガを使うときは、設計にアーチを採用することを考えてみましょう」「建物の壁に当たる光の効果を考えなさい」などと言っていれば、カーンの言葉は後世に語り継がれることはなかったはずだ。カーンの表現は、人を主体にして語るのでなく、物を主体にして語っている。アフォーダンス風に言えば、環境側に主体を置いているのだ。

主体の転換とでも言うべきか。たとえば「人が門をくぐる」と言うところを「門が人を迎え入れる」と言うと、その門は包容力がある魅力的な構えをしていように思えてしまう。

「壁に刻まれた傷が歴史を語る」「窓が額縁のように風景を切り取る」など、建築の世界では、こうした環境側に主体を置いた表現がしばしば効果的に使われる。が、プロダクトデザインでは建築に比べ主体転換の言語表現が少ない。それがプロダクトデザインのボキャ貧の理由のひとつでもある。おそらく建築のほうが空間や物体といったものと人間との一対一の関係が浮かび上がりやすいのだろう。

「人がドアハンドルを握る」という表現を考えてみよう。「ドアハンドル」を主体にしたときどんな表現ができるだろうか。もし「ドアハンドルが人の手によって握られる」という受動的表現以外、何も思いつかないのなら、そのドアハンドルは優れたデザインとは言えない。主体を環境側に置いたときに、受け身の文でしかない表現できない物や環境は、貧困なデザインということだ。

ドアハンドルを握りやすい形状にデザインすれば、「ドアハンドルが手に馴染む」と表現できる。質感を考え、材料を吟味すれば「ドアハンドルが手に重厚な感触を伝える」とも書ける。しかし、この程度の表現では詩的というレベルまで達していない。「ドアハンドルがいつも最初に客人と握手をする」と書くにふさわしいなら、そのドアハンドルのデザインは初めて創造的で詩的なデザインといえる。この場合、ドアハンドルのデザインに、人を快く迎え入れるホスピタリティの精神が込められていると想像できるからだ。

言葉とデザインは表裏一体だ。言葉の力だけで良いデザインはできないが、デザインは言葉で表現することによって、その良し悪しを確かめることができる。どんな問題をどのような方策で解決したか。それを人の想像力を膨らます言葉で語ることができるデザインは、逆に言葉を超えた奥行きを持つようになる。

どんなに使いやすさを極めていても、コストを抑えていても、主体をひっくり返して詩的に表現できないデザインは優れたデザインとは言えない。昨今はヒューマンセンタードデザインなどという言葉が使われるが、人間中心のデザインだからこそ、主体を人間でなく、環境側で語ってみることが大切だ。そうすることが、使い勝手やコスト削減だけを優先しただけの無味乾燥のデザインから逃れるきっかけになる。深澤直人は言葉の力の使い方が実にうまい。逆にユニバーサルデザインの伝道者たちは言葉の操り方が下手である。ユーザビリティの専門家たちもそう。言葉はデザインを豊かで的確なものにする。

主体を環境側に置く表現にはさらなる上級編がある。「光が壁に当たる」ということを「太陽は壁に光が当たって初めて光の偉大さを知る」と変えてしまう表現だ。
ここには、人が介していない。人から出来る限り遠くに主体を置くことで、私たちは人間を意識する。中心にいるべき人間を。実際、光の偉大さを知るのは人間なのだから。

上の写真はインド経営大学@アーメダバード。ルイス・カーン設計。2002年撮影

text & photo by Keiichiro Fujisaki

by cabanon | 2005-05-13 22:49 | Comments(6)
 
1年前に撮った写真
去年の今頃、僕はバングラデシュにいました。正確には7日に発って12日の夕方に帰国。ルイス・カーン設計のダッカの国会議事堂の取材でした。それは全くアメリカ人が設計した建物に見えませんでした。またバングラデシュの建物にも見えませんでした。
僕はモダニズムの怖さにおののきました。モダニズムは、モダンではなく、インターナショナルでもない。近代的でも合理的でもない。ある強い魂を持つ人間に導かれ、モダニズムは生身の姿を現したのです。人間の意志の力を具現化せんとする果てしない欲望としての建築──。それは地域性や時代性も経済性も機能性も超えています。モダニズムとは“業”のようなものだと思います。そういえばこの感覚、ル・コルビュジエが手がけたインドのチャンディガールでも感じたものでした。
d0039955_23319100.jpg
d0039955_2335352.jpg
上の写真は議事堂。下はカーン設計の病院。

text & photo by Keiichiro Fujisaki

by cabanon | 2005-05-12 23:25 | Comments(0)
 
10年前に書いた原稿
10年前、1995年、阪神淡路大震災と地下鉄サリン事件の年に書いた原稿を復活させます。ゴミ情報論です。
『fab!』という知り合いの編集者が自主制作した雑誌のために書いたものです。
時代を感じます。情報スーパーハイウェイとか死語ですね。「加賀まりこに怒鳴られる」ってそんなCMあったような。
読み返すと気恥ずかしい。文章が青々している。ここはちょっとなあ、と思う箇所もある。が、いいとこ突いてる気がします。ので、原文のまま、掲載します。
長文なので、読みたい方は下左の[More]をクリック。

[More]
text & photo by Keiichiro Fujisaki

by cabanon | 2005-05-11 20:00 | Comments(0)
 
文字体系
昨日、学生の発表で気づいたこと。
ひとつの完全なる秩序をもったシステムのもとに作製・管理され、日本全国隅から隅まで、
もっとも満遍なく、もっとも大量に行き渡っている文字デザインは──
d0039955_1472947.gif

ナンバープレートの文字である。
text & photo by Keiichiro Fujisaki

by cabanon | 2005-05-10 19:37 | Comments(0)
 
面白がる力
僕は長らく、雑誌編集者には3つの力が大切だと思っていた。
(1)発見する力。(2)仕切る力。(3)表現する力。
しかし、さらに大切な力がある。「面白がる力」だ。シリアスな雑誌なら「重要性を認識する力」と言い換えてもいい。他の3つは他人に任せられる。

(1)の「発見する力」は「リサーチ力」と言ってもいい。ネタ探しはライターや海外コーディネーターに頼むことができる。人脈を作って、各分野の特殊な情報を持っている人たちと仲良くなることも重要だ。専門情報を持つ人たちといろいろしゃべりながら、これぞ今重要というテーマを掘り起こす。時代の先を行く情報を持つ人たちが共通に話題にしているテーマは、美味しい果実に育つ可能性がある。
(2)は段取りを仕切ったり、スタッフを仕切る力。スケジュール管理、予算管理なども含まれる。取材の段取りを仕切ったり、台割りを書いたり、デザイナーとの打ち合わせをスムースに進めたりする力。
(3)の「伝える力」は「表現する力」と言い換えることができる。これもライター、カメラマン、デザイナー、部下やフリーの編集者に任せることができる。

「面白がる力」だけは、自分が今まで積み重ねてきたものにかかってくる。
「みんな知ってる?コレ面白いよ。エッ知らないの」「スゲーかっこいい! どう。どうなのよ」「かわいい〜。ねェ見て見て」「この問題は重要だ、絶対世間に伝えないと」「うん、この情報はカネになる」と確信し、周りをググッと引き込み、他人を巻き込んで関心事を共有してしまうパワー。それが編集者の基本的な資質だと思う。広い視野と知的な積み重ねがないと、世間より一歩先行くことを面白がることはできない。ま、あまり先を行き過ぎるとビジネスにならないのだが…。

世の中にこの「面白がる力」というものが存在するということは、僕はフリーになって、マガジンハウスの編集者たちと付き合って初めて知った。デザイン専門誌の編集をしていた頃は(1)(2)(3)があればいいと考えていた。編集長になってからは、これに加えて「リスクマネージメント」も肝に銘じていた。何かトラブルが起こったときにも、責任をきちんととって、解決できる力が大切だと。が、「面白がる力」というものが独立して存在するなどと考えもしなかった。だからマガジンハウスで仕事ができたことに対して感謝している。

最近、僕はライター仕事ばかりで編集者としての仕事をしていないけれども、「面白がる力」の重要性がしみじみ分かり、それで生きていきたいと思っているので、どうしても自分の肩書きから編集者(エディター)を削ってしまうわけにはいかない。

デザイナーにとっても「面白がる力」は大切だと思う。たとえば雑誌の仕事で言えば、デザイナーが編集者が面白がっていることを共有できないと、いいページはできないし、編集者以上にその素材を面白がれたら、編集者の期待以上のデザインができる。

問題を発見して解決する。それは最も大切なデザイナーの仕事だ。だが、発見した問題がどれほど重要か、どの問題を優先して解決すべきか、それを評価する能力こそ最も大切なデザイナーの資質ではないだろうか。評価能力に欠け、解決すべき問題の優先順位を間違えると、どんなに優れたセンスとテクニックを持っていても、解答(デザイン)は的はずれなものになってしまう。

ディレクターと言われる人たちも「面白がる力」が必須だ。ディレクターがいろんなことに面白がれば、自然にスタッフはディレクターが何を自分にしてもらいたいか理解できるようになる。面白がることは以心伝心の基礎、ディレクションの極意である。面白がる力とは道を示す力であり、他者と共有するコンセプトを作る力なのである。


******
面白がる力はinterestを示す力ともいえる。interestとは「興味」でもあり「利害」でもある。つまり、興味があることと他者に示すことが、自己と他者の利害関係を一致させることになるわけだ。
text & photo by Keiichiro Fujisaki

by cabanon | 2005-05-09 18:03 | Comments(0)
 
近所の宇宙人
わが家に最も近いベストデザインに続いて、同じ柿の木坂陸橋にある「わが家の最も近所のヘンテコなデザイン」です。
何ものにも迎合しない気骨ある画風が心を揺さぶります。手と頭の描写、キレてます。
d0039955_2233985.gif

text & photo by Keiichiro Fujisaki

by cabanon | 2005-05-08 22:08 | Comments(0)
 
必要条件って何だっけ?
d0039955_193246.gif数日前学芸大学の古書店で『デザインとはどういうものか』(デーヴィッド・パイ著/中村敏男訳/美術出版社/絶版)を購入して、今読んでます。

そこにこんな文章が──
「いろいろな装置の複雑の原因は究極のところ、そのほとんどが簡便さと経済性の必要条件そのものの中にひそんでいる」

つまり、複雑さの原因は、簡便さや経済性をもたらすってことなのか。簡単に言ってしまえば、複雑さはシンプルさをもたらすってことと解釈していいのか?  それを悩んで、必要条件って何だっけ? 十分条件は? どっちがどっちだっけ?と考えだし、学校で習ったはずだけど、あったま悪りぃと思いつつ、ネットや辞書で調べたりで約1時間格闘しました。

で、必要条件ってつまり……
AはBであるという命題が成り立つと、AはBであるための十分条件、BはAであるための必要条件になります。たとえば、ネコは哺乳類であるという命題が成り立つと、ネコは哺乳類の十分条件。哺乳類はネコの必要条件。「十分から必要に流れる」と考えればいい、と説明していたウェブサイトもありました。

「いろいろな装置の複雑さの原因」が「簡便さと経済性」の必要条件ということは、「簡便さと経済性」は「いろいろな装置の複雑さの原因」である、ってことになります。つまり、シンプルなもの、安価なものを作ろうとすれば、装置は複雑になる。

GUIの設計などはまさにそう。ミースの建築もそう。あんな、単純さの奥底にひそんだ複雑さを予感させる建築はないと思う。ケアホルムの椅子やジャスパー・モリソンや柳宗理の仕事などにも言えそうです。

シンプルなものを作るのに、システムやバックグラウンドまでなにからなにまでシンプルにすることは発想は間違いで、シンプルなものを作るには複雑なシステムを背後に持っていなければならない、ということにもなります。私見を付け加えれば、複雑なシステムだけでなく複雑な思考プロセスだと思います。

ライター仕事でいえば、簡単にわかりやすく書くというのは、ホントその背後の膨大で複雑な事象を調べていないと書けない。複雑さはシンプルさの必要条件というのは経験的にも納得いきます。

まだ50ページしか読んでいないので、この本自体の話はまた後日。
text & photo by Keiichiro Fujisaki

by cabanon | 2005-05-08 19:40 | Comments(0)
 
近所のベストデザイン
環七の柿の木坂陸橋の照明です。わが家に最も近い所にあるベストデザインだと思ってます。カーブが美しい。どすか?
d0039955_23521764.jpg

text & photo by Keiichiro Fujisaki

by cabanon | 2005-05-05 19:44 | Comments(0)
 
地霊か!?
今日は何もない。ホントに何もない一日でした。ゴハンを一膳納豆で食べただけで食欲がなくジムにも行かず、考え事してBlogをいじってテレビ観てビール飲んで……。
んで、昨日の文京区探索の話の続き。不思議な空間を発見しました。空き地に祠が三つ。小石川の善光寺坂にある慈眼院と善光寺に挟まれた空き地です。ドクダミの中に狛犬2体が埋もれていたり。いや〜身震いしました。なんですか有名なミステリースポットなのでしょうか。曰く付きってやつですか。わが家のある目黒区の都立大学駅近辺ではめったにお目にかかれない、濃いぃ東京の地霊を感じました。
d0039955_20512733.gif
d0039955_20514656.gif
d0039955_20521530.gif

text & photo by Keiichiro Fujisaki

by cabanon | 2005-05-04 20:56 | Comments(0)
 
文字狩り
文京区方面で「文字狩り」をしてきました。「街の文字を収集する」という学校の授業の課題で、学生にサンプルで見せるものです。どこかに面白い文字はないかと探しながら歩くと、意外とたくさん見つかるものです。ただ歩いているだけではなかなか見つからない。カメラをぶら下げてハンティング気分になるのが大切のようです。収穫を4つほど見せちゃいます。それとお寺の水瓶(?)の水面に浮かんでいた桜の花びら。2,3週間前の桜の花びらがなぜか残ってました。きれい。
d0039955_1315969.gif
d0039955_1312434.gif
d0039955_1322687.gif
d0039955_1324649.gif
d0039955_133616.gif


言い忘れましたけど、一番上がモザイクタイル、次が金属、その次が筆書き、おにぎりはプラスチック、それぞれの加工の特長がきちんと文字デザインに反映されています。たとえば「DPE、カメラ」は金属なので直線が基本、それに単純な円弧のカーブが使われている。モザイクも直線的。逆に筆書きの中華料理屋(閉店)は今の人は、こんなふうに「理」や「園」の文字を省略できないというくらい見事な崩し字になっています。(5/20追記)
text & photo by Keiichiro Fujisaki

by cabanon | 2005-05-04 13:07 | Comments(0)


Profile
藤崎圭一郎
Keiichiro Fujisaki
デザイン評論家。編集者。1963年生まれ。1990〜92年『デザインの現場』編集長を務める。1993年より独立。雑誌や新聞にデザイン、建築に関する記事を執筆。東京藝術大学美術学部デザイン科教授。

ライフワークは「デザインを言葉でいかに表現するか」「メディアプロトタイピング」「創造的覚醒」

著書に広告デザイン会社DRAFTの活動をまとめた『デザインするな』

Twitterもやってます!

*当ブログの奥座敷
KoKo Annex

ライフログ
最新のコメント
以前の記事
カテゴリ
ブログジャンル
リンクについて
当サイトはリンクフリーです。
お気軽にリンクして下さい。

本ブログの記事と写真の
無断複写・転載を固く禁じます。




Copyright 2005-2016 Keiichiro Fujisaki All rights reserved
本ブログの記事と写真の無断複写・転載を固く禁じます。