藤崎圭一郎のブログ。「デザインと言葉の関係」を考えます。

by cabanon
 
<   2008年 05月 ( 11 )   > この月の画像一覧
text & photo by Keiichiro Fujisaki

 
トークを終えて
本日(31日)、AXISギャラリーのチャールズ・イームズ写真展関連企画、剣持デザイン研究所所長 松本哲夫さんとのギャラリートークにお越しくださった皆様、どうもありがとうございました。

このトークで僕の「剣持勇」観はずいぶん変わりました。モダンデザインの方法論を日本に根付かせることに全身全霊を傾けながら、同時に非合理で土俗的な何かへ引かれていく剣持勇のもうひとつの側面──それが剣持の撮った写真に現れている。松本さんの話を聞きながら、そのことに気づくことができました。

モダニズムを先導した人は、必ずしも本人が心底モダンってわけではありません。僕は何故かそうした人に惹かれます。ル・コルビュジエ、チャールズ・イームズ、ルイス・バラガン、エットレ・ソットサス……。「非合理な何か」がひょっこり作品に現れます。いつもじゃありません。

イームズの写真も剣持の写真も、基本的にはモダンデザイナーの眼です。対称や非対称を意識したグラフィカルな構図、大胆なトリミング、強い色彩のコントラスト、素材の面白さを捉える視線、アノニマスなものへの眼差しなどなど。しかし、中に何かモダンとは違う異物が混入している。混入の仕方がイームズと剣持では明らかに違う。剣持のほうがちょっとドロッとしてました。写真は明らかにイームズのほうがうまい。何気ないけど構図に隙がない。けど問題は何を見つめていたかです。何かを捉えようとしていたかです。デザインの仕事ではほとんど現れることのない「何か」が、写真に現れているのです。シャッターを押すときの、視線の向こうと視線の奥のシンクロニシティ……。

今日は、聞きたいことを聞きました。僕はえらく満足してます。聞いている方のことをあまり考えませんでした。固有名詞が説明なくどんどん飛び出して、少々不親切だったことお詫びします。コンラート・ワックスマンって誰って思いますよね。

でも、1950年代の時代の脈動のようなものを感じてもらえたと思います。アートもデザインも建築も渾然一体となって、日本の伝統と世界の最先端を重ね合わせ、未来を創造したあの時代──。

あの脈動をもう一度蘇らせたいと思ってます。けれども21世紀は、明らかに20世紀半ばより難しい問題を解決しなければなりません。ゼロから成長するのでなく、豊かなところから変わらないといけないのですから。生きのびるために、僕たちは過去の鼓動にも耳を傾ける必要があります。

何のためのデザインなのか。1960年代後半あたりから、手段(デザイン)が目的になり、不整脈が起こり始めます、「ある人たち」はそれを感じていました。少し唐突ですが、僕には三島由紀夫の死と剣持の死が重なり合います。何かが変わったあの時代には、21世紀人へのメッセージがあると思います。そうした見方を教えてくれたのは、先日取材をしたアーティストの柳幸典さん。犬島アートプロジェクトの柳さんの作品は、三島を題材にして、手段(経済成長)が目的なってしまった近代日本をテーマにしていました。

きっと私たちは今変わらないと、次の世紀が確実に見えなくなる。ジョージ・ネルソンが、イサム・ノグチが、猪熊弦一郎が、と、いささかマニアックな質問を繰り返しながら、実はそんなこと強く感じていたトークでした。貴重なお話をしてくださった松本先生、素晴らしい機会を設けてくださったAXISギャラリーの方、本当にありがとうございました。
text & photo by Keiichiro Fujisaki

by cabanon | 2008-05-31 22:58 | Comments(4)
 
鞍馬に行ってきました
d0039955_2017652.jpg
d0039955_20242647.jpg
そこは魔王の降臨した山でした。
d0039955_20234510.jpg
d0039955_20314710.jpg
d0039955_20321781.jpg
昨年10月の熊野、今年3月の小浜、そして鞍馬。南北へ真っ直ぐにつながる日本の軸線の旅、第三弾です。魔王については、650万年前、金星から地球に降り立ったという話がありますが、うう、それはトンデモだと思いますが、何かがありそう場所でした。霊気ムンムンな熊野のような凄味はありません。普段は大衆化された聖地。しかしここは祭りなど特殊な時間に聖なる土地の真の顔を現すのかも。要再訪と思いました。次は吉野・高野山か、熊野再訪したいです。
text & photo by Keiichiro Fujisaki

by cabanon | 2008-05-26 20:35 | Comments(0)
 
ふるまい
振る舞い──21日のtakramの講義でも、その前日に見たイームズ写真展でも、この言葉が気になりました。不思議な言葉です。

振る舞いは英訳すれば「behavior」ですが、日本語のそれは「shake」して 「dance」 します。広辞苑を調べると「一説に、語源は『振い舞う』で、鳥が羽を振い自在に空を舞うこと」とあります。しかも、動作や挙動など身体の動きを示す言葉であると同時に、「もてなし」という意味もあります。手料理を振る舞う、酒を振る舞う……。もてなし=ホスピタリティとは、他者とのコミュニケーション。つまり「shake」して 「dance」 して、周囲を共振させる人のおこない。それが振る舞いだといえるでしょう。立ち居振る舞いが優雅な人は、周りの空気を凛とさせます。

takramが、water展に出展した作品「Furumai」でした。AXISギャラリーのイームズ写真展では、和服姿の女性の草履と着物の裾をクローズアップした写真が展示されています。イサム・ノグチの妻だった女優山口淑子の足元じゃないかと人から聞きましたが(夫妻はイームズ邸を訪ねているので、おそらくそうでしょうが確証はありません)。わざわざ着替えてもらったのでしょうか。着物違いのカットが3点ありました。僕はその足元に振る舞いを感じました。和服を着た人の体の動きが最も現れる場所は足元です。チャールズは着物の裾と草履を撮ったのでなく、場の雰囲気さえ変える優雅な身のこなしを撮ったのではないかと想像しました。

takramの「Furumai」は超撥水性加工した紙皿の上で「shake」して 「dance」 する水の振る舞いを楽しむものでした。しかしそれだけなら原研哉さんが以前から手がけていた水のパチンコなど超撥水加工の作品とアプローチは同じになってしまいます。takramの「Furumai」は、水をスポイトで紙皿にたらして遊ぶ人の振る舞いまでデザインされています。一本のワイヤーで立てられた紙皿に向かうときの人の仕草が美しい。water展のオープニングレセプションで、僕はたまたま子どもが「Furumai」で遊んでいる姿を見て、思わずシャッターを切りました。水玉が、紙皿が、そして人が自在に振い舞うのです。共振しているのです。

振る舞いと似たように不思議な言葉に「構え」というのがあります。こちらは受け身。振る舞いは共振を誘うから、どちらかというと攻め。日本語で身体性を考えると、非常に豊かな発想ができるのではないかと考えています。そこで発想したものを形に変えて、外国語に変えて、世界に発信していく。日本の創造者の責務だと考えます。

****** 追記 ******
こう考えると、Wiiは非常に「日本語的」なプロダクトだって思えてきます。テレビの前で、振い舞い、身構えて、コミュニケーションして遊ぶわけですから。日本的プロダクトと日本語的プロダクトは違うんだと、これを書いてて思いつきました。
text & photo by Keiichiro Fujisaki

by cabanon | 2008-05-23 13:48 | Comments(0)
 
講義を終えて
昨日のtakramの法政大学院公開特別講義。ご来場いただいた皆さま、どうもありがとうございました。

濃密かつ刺激的な話をうかがえて、引き出し役冥利に尽きました。プロトタイピングの話は特に面白かった。田川さんがiTunesとiPodあたりを引き合いに出しながら、これからあるべきプロダクトを時系列的に分析していた話など、その視点の鋭さに感服してしまいました。機能とサービスね。ふむふむと。

セミナーの聞き手役やシンポジウムのナビゲーターを何度かやってます。観客がいる場での引き出し役は、雑誌のインタビューとはかなり違う難しさがあります。

人の話を引き出す仕事では、公開だろうと非公開だろうと「あ〜あ脱線しちゃった」とか「次の質問どうしよう」と、展開のことをいつも考えています。話は聞いているのですが、相手の話が面白いか、面白くないか、を常に考えているので、内容自体は理解していないことがあります。あっこの話は記事にならないと判断した時点で、どのタイミングで話を本題に戻すかだけを見計らっているので、話自体は思いっきり聞いてないことがあります。

雑誌インタビューの場合は、録音をしているので、脱線してもとにかくしゃべってもらいます。気持ちよく話してもらうことが大切。あとで編集すればいいのですから。カラオケしてもらうんです。

話の腰を折られると、急にトーンダウンしてしまう人がけっこう多いんです。「でも、こうじゃないでしょうか」とか意見してしまうと、構えてしまって先に進めなくなる。そうなると結果的に面白い話が聞けなくなってしまいます。日本人から話を聞き出すときはディベートよりリラックス。カラオケ的な場をつくりだすようにしたほうが、大事なことをよくしゃべってくれます。

「カラオケ的」は一概に悪いことではありません。聞き手がどんなことを言ってくるかを待ち構えて、今日はどんな歌を歌えるか、今までにない歌を歌えるかも、といったことを楽しんでいる人がいます。受け身の達人──。そういう人へのインタビューは楽しいです。攻めの姿勢で異なった意見をぶつけあうディベートよりも、質問を楽しむ受け身から未知の自分を引き出す姿勢のほうが生産的かもしれません。最終的には自分の歌をちゃんと聞かせちゃうんですけれど。

やっぱり観客のいる場で、マイク独占のカラオケはよくありません。田原総一朗氏のようにバンバン仕切る必要があります。ダラダラしたな、面白くない、と思ったらすぐに話を切り替える。脱線した話をしはじめた人には、観客がいることを意識してもらうことを伝えます(ここが難しいけど)。気持ちいいのはあなた1人になってますよってニュアンスで。

観客のいる場で聞き出し役をやるときは、その作業に専念します。面白いか面白くないか、観客がついていっているかいかないか、説明をはっしょったから具体例を聞き出そうといったことをずっと考えているだけですから、話の深部は聞いてません。深部を聞くのは録音を聞き直した時です。だから、後で多くの人から面白かったと褒めてもらったセミナーでも、僕は相手の話を何も覚えていないということがあります。

しかし、takramは違いました。「面白い!」と約2時間ずっと思えて、「この後どうしよ」と心配する必要がなく、話しの内容をしっかり頭に入れることができました。カラオケ的講演にならず、聞き手の意見にも的確に対応してくれました。たまにあるんです、この感覚。青山ブックセンターで柴田文江さんと村田智明さんを迎えて引き出し役をやったとき以来です。takramさんに感謝です。

講演の内容は大学院の授業で、今制作中のフリーペーパーでお伝えできると思います。(どんなフリーペーパーかは、近々ここで発表します)。
text & photo by Keiichiro Fujisaki

by cabanon | 2008-05-22 21:22 | Comments(0)
 
チャールズ・イームズ写真展ギャラリートーク
チャールズ・イームズ写真展@AXISギャラリー(〜6/8)のオープニングレセプションに行ってきました。イームズの100点の写真と100の言葉で構成された展覧会。写真100点では物足りない。100の言葉はじっくり読むとおなかいっぱい、というのが正直な感想です。

で、5/31(土)ギャラリートークで「聞き手」となります。お相手は剣持デザイン研究所所長の松本哲夫さん。すごく楽しみです。

なぜ松本所長にお話を伺うかは、僕の個人的な思い入れがあってのことです。

1989年僕がまだ出版社社員だった頃、『デザインの現場』で松本さんを取材させていただきました。JR東日本の特急スーパーひたちの車輌デザインについてです。取材が一段落して、なぜだか憶えてないのですが、剣持勇の写真を見せていただきました。それがものすごく印象的だったのです。グラフィカルな構図と色、アノニマスなものへの視線──今でも脳裏に焼き付いています。

その後、『CasaBRUTUS』の取材でチャールズ・イームズの写真を知るようになって(ワシントンまで見に行った)、剣持の視線がイームズの視線にかなり強い影響を受けていることを知りました。

そのことがあったから、今回ギャラリートークの依頼があったときに、松本さんとお話をしたいとワガママを言いました。剣持の写真はイームズの影響を強く受けていますが、よく見るとその姿勢の違いが読み取れます。そこが面白いのです。

ギャラリートークでは、松本さんに剣持の写真をスライドで紹介してもらいます。剣持とチャールズの邂逅秘話はもちろん、松本さんが「握手した手がグローブのように大きかった」というチャールズに直接会った時の印象などもお話しいただきたいと思っています。展覧会自体の入場料が1000円(初日から先着2500名の方は、100の言葉の書籍がもらえます)で、ご負担をおかけしますが、剣持とイームズの写真が同時を見られるのは、きっとこの日だけです。

二人はファインダーを覗いて世界を切り取り続けることで、眼差しの力を育て、それをデザインの創造に直接的・間接的に活用していました。現代のプロダクトデザイナーは形作りはうまいけど、世界をマクロにもミクロにも見通す「眼差し力」は退化してない?って過激なことを言い出しそうです。

*******************************

デザイナーの「眼」を語る
──剣持勇とチャールズ・イームズの接点
松本哲夫(剣持デザイン研究所所長)× 藤崎圭一郎(デザインジャーナリスト)

日時/5月31日(土)15:00〜16:30
会場/AXISギャラリー
住所/東京都港区六本木5-17-1 AXISビル4F
料金/1,000円(チャールズ・イームズ写真展 入場料)
定員/約30名
お申し込み/不要(当日会場までお越しください)
お問い合わせ/AXISギャラリー Tel. 03-5575-8655
text & photo by Keiichiro Fujisaki

by cabanon | 2008-05-20 23:43 | Comments(0)
 
昨日の近所
d0039955_0374782.jpg

text & photo by Keiichiro Fujisaki

by cabanon | 2008-05-18 00:38 | Comments(0)
 
2009年未来派宣言
いま何かを変えないと22世紀が20世紀の続きになってしまう。未来派宣言は1909年でした。来年2月20日みんなで未来派宣言やりましょうよ。新聞各紙で、もちろんフランスのフィガロ紙にも掲載して。
text & photo by Keiichiro Fujisaki

by cabanon | 2008-05-13 18:55 | Comments(7)
 
takram公開特別講義のお知らせ
5/21(水)、私が講師を務めてる、法政大学大学院システムデザイン研究科「美学意匠論」の枠で、takramをお呼びして、公開講義を開催します。takramはずっと私が取材をしたいと思っていたクリエイティブユニット。今回は講義という場を使って、私が公開インタビューをするかたちをとります。

入場無料・予約不要ですが、会場が狭いです。私にメールをいただければ、お席をご用意いたします。(メールは右のProfile欄の文末「mail」をクリック)

**************

公開特別講義「 takram(田川欣哉+畑中元秀):デザインエンジニアリングのフロンティアを語る」
聞き手:藤崎圭一郎(デザインジャーナリスト)
主催:法政大学大学院システムデザイン研究科 DAGODA project


デザインと工学の接点はどこにあるのか?先端技術に通じた工学者でありデザイナーである「takram」のメンバーに21世紀の新しい創造のあり方を語っていただきます。

5月21日(水)
開場:14時40分
開演:15時10分(〜16時40分)
会場:法政大学市ヶ谷田町校舎5階・遠隔アトリエ(T501)
入場無料・予約不要(先着順)
平日の午後でご不便をおかけしますが、
学外の方、社会人の方、学部生の方の参加を歓迎します!

アクセス:東京メトロ南北線・有楽町線市ヶ谷駅(出口5)より徒歩5分。JR市ヶ谷駅、都営新宿線市ヶ谷駅より徒歩10分。
d0039955_20541917.gif

text & photo by Keiichiro Fujisaki

by cabanon | 2008-05-09 11:17 | Comments(0)
 
考えないといけないこと
ユニセフの『世界子供白書2008』より。「毎日、世界では平均2万6000人を超える5歳未満児が命を奪われている。それも、本来ならば予防できる要因によって命を落としているのである。こうした子どもたちのほとんどは開発途上の地域に住み、もっと詳細に言えば、60の開発途上国に暮らしている」。

本日の朝日新聞朝刊の一面は、世界の食糧高騰を伝えていました。(→アサヒコムの記事へ)。化石燃料の枯渇や地球温暖化などの将来への不安が、食糧高騰を引き起こしているといいます。富める人々の集団的な不安感が貧しい人々から食糧を奪っている。食糧高騰が続けば子どもたちの死亡率はさらに上昇するでしょう。これってジェノサイドだと思います。誰も引き金を引かない虐殺。
text & photo by Keiichiro Fujisaki

by cabanon | 2008-05-04 12:17 | Comments(2)
 
3rd Anniversary
本日、本ブログは3周年を迎えました。総記事数は470。皆さまに読んでいただけるから続けることができたのだと思っております。どうも有り難うございます。

最近すっかりデザインジャーナリストしてますが、そろそろ物書き業だけでなく、編集者としての活動も再開しようと動き出しています。最終的にはデザイン雑誌を創刊させるのが目標ですが、それにはまだまだ時間がかかりそう。さらにそれを学校創設へ、図書館へと展開させていくのが、僕の夢です。

本ブログを続けていて、署名入りの個人ブログだから書ける批評というのがあるなと実感しています。紙媒体の署名記事とは違う役割ができると。

紙媒体とネット情報をうまく使い分けて、デザインを巡る言論を活性化させていきたい。いま強くそう思っています。

4年目の「ココカラハジマル」、どうぞよろしくお願いします。
text & photo by Keiichiro Fujisaki

by cabanon | 2008-05-02 11:50 | Comments(10)


S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
Profile
藤崎圭一郎
Keiichiro Fujisaki
デザイン評論家。編集者。1963年生まれ。1990〜92年『デザインの現場』編集長を務める。1993年より独立。雑誌や新聞にデザイン、建築に関する記事を執筆。東京藝術大学美術学部デザイン科教授。

ライフワークは「デザインを言葉でいかに表現するか」「メディアプロトタイピング」「創造的覚醒」

著書に広告デザイン会社DRAFTの活動をまとめた『デザインするな』

Twitterもやってます!

*当ブログの奥座敷
KoKo Annex

ライフログ
最新のコメント
以前の記事
カテゴリ
ブログジャンル
リンクについて
当サイトはリンクフリーです。
お気軽にリンクして下さい。

本ブログの記事と写真の
無断複写・転載を固く禁じます。




Copyright 2005-2016 Keiichiro Fujisaki All rights reserved
本ブログの記事と写真の無断複写・転載を固く禁じます。