藤崎圭一郎のブログ。「デザインと言葉の関係」を考えます。

by cabanon
 
<   2008年 06月 ( 6 )   > この月の画像一覧
text & photo by Keiichiro Fujisaki

 
サルでもわかるデザイン
デザインとは「わかる」とか「わからない」というレベルで語るべきものなのでしょうか。わかりやすくデザインを語るという人がいたら、ちょっと気をつけた方がいいと思っています。(僕もそんな仕事をたくさんしてきたわけですが、だからこそ……)

みんながわかること、それは善いこと。易しいことは優しいこと。「わかりやすさ」願望の背後には、常に教育的な道徳観が見え隠れしています。「わかる=いいこと」「わからない=よくないこと」であり、「わかる子=よい子」「わからない子=悪い子」です。「わかる」という言葉は、私はよい子でありたいという強迫観念を刺激します。

やさしく巧みな語りができる人なら、何となくわかった気分になった「よい子」をたくさん増やすことができます。「わかる人」が生まれるということは、「わからない人」が生まれるということです。まだ、わかりやすい話の啓蒙を受けていない人は、すべて「わからない人」となるわけです。

「わかる」か「わからない」かという線引きをすることで、「わかる人」という仲間意識と、「わからない人」という外部を発生させるのです。よい子どうしの仲間意識は強烈です。顧客になります。ファンになります。信者になります。

「5分でわかる」とか「わかりやすい」という言葉を導入する意味はここにあるのです。この仕組みは宗教の布教と同じです。本来、神や信仰や祈りは、わかる、わからないとは別次元のものなのに、布教する人はわかりやすく神の奇蹟や仏の世界を語ります。

わかりやすさのこの仕組みの危うさに気づいた人による、自己パロディ的な表現が「サルでもわかる」です。たとえば竹熊健太郎さんの『サルでも描けるまんが教室』とか。よい子のみんなはお猿さんと語って、わかること・できることで優越感を持たせて仲間意識を育てる仕組みを皮肉っているのです。

だから有名デザイナーによるプロダクトを売るショップに集まる人たちや企業のプランナーを相手に堂々と「サルでもわかるデザイン」を語る人がいたら、その人は本物です、きっと。
text & photo by Keiichiro Fujisaki

by cabanon | 2008-06-25 09:44 | お気に入りの過去記事 | Comments(7)
 
ブランディング講座
月曜日(6/9)、ある企業で「デザインから見たブランディング講座」と題した講演をしました。2時間弱しゃべりつづけましたが、受講者の方がただ話を聞くばかりだと退屈かもしれないと、手を動かしていただきました。紙と鉛筆をご用意ください。

さて、問題です、次の企業のロゴを描いてください。1) ナイキ 2) マクドナルド 3) NTT 4) フジテレビ 5) 森永製菓

続きを読む
text & photo by Keiichiro Fujisaki

by cabanon | 2008-06-14 19:41 | Comments(4)
 
櫻井圭記氏 公開特別講義
プロダクション I.G 脚本家の櫻井圭記さんを来週6/18、法政大学大学院にお招きして、特別講義を行います。先日takramにつづく第二弾です。

教室が広くないので、法大学部生は整理券制の先着順です。
学外の方は、私にメールをいただければ、お席を用意します。(メールは右のProfile欄の文末「mail」をクリック)。社会人の方、学外の方、歓迎いたします。ご遠慮なくメールをください。前日に連絡いただいても大丈夫です。平日の午後でご不便をおかけすること、どうぞご容赦ください。

先日打ち合わせに行ってきましたが、「人称」という視点からロボットと人間との関わりを読み解く櫻井氏の洞察に圧倒されて帰ってきました。面白い話がうかがえそうです。聞き手として燃え尽きる予定です。

**************************

公開特別講義「 櫻井圭記(プロダクション I.G 脚本家):「人の身体、ロボットの身体、そして心」
聞き手:藤崎圭一郎(デザインジャーナリスト)
主催:法政大学大学院システムデザイン研究科「美学意匠論」 DAGODA project


『攻殻機動隊 S.A.C.』シリーズの脚本、コミックス『特務機甲隊クチクラ』の原案を手がける櫻井圭記(よしき)氏をお招きします。脚本・原案のみならず、存在論的ロボット論である『フィロソフィア・ロボティカ』を著し、人間とロボットの関係性を考察する独自の視点がいま注目を集めています。21世紀のロボット技術の行方を気鋭の脚本家にうかがいます。


6月18日(水)
開場:14時40分
開演:15時10分(~16時40分)
会場:法政大学市ヶ谷田町校舎5階・遠隔アトリエ(T501)
入場無料
先着順(整理券制)
13時よりT501教室で整理券を配布します。定員70名


アクセス:東京メトロ南北線・有楽町線市ヶ谷駅(出口5)より徒歩5分。JR市ヶ谷駅、都営新宿線市ヶ谷駅より徒歩10分。
d0039955_20541917.gif

text & photo by Keiichiro Fujisaki

by cabanon | 2008-06-12 07:19 | Comments(0)
 
21世紀人
遅ればせながら先週木曜日21_21デザインサイトへ「XXI c. ー21世紀人」展を見に行きました。7/6までです。

イサム・ノグチの水墨画「スタンディング・ヌード・ユース」の前で立ちつくしました。作品解説の紙の余白に模写までしました。(えらく下手なんで、お見せできません)。名建築に接してスケッチすることはたまにあります。美術館で絵画を模写したのは、学生時代以来です。それほど圧倒的だったんです、その存在感が。

21_21の第三回企画展。満を持しての三宅一生さんのディレクションです。前の2回の企画展に比べ、出展作家それぞれが存在感を競い合う構成になっていました。言い換えると出展作家それぞれの顔が見える。前2回はテーマとディレクターの印象に残っても、誰が出展していたか、プロフィールや顔まで含めて思い出すのが難しい展覧会でした。

「ものづくり」を変えなくてはいけない、という三宅一生さんの強い思いが館内隅々まで漲っていました。その思いの中心は、大がかりな三宅さんのインスタレーションでもなく、吹き抜けを支配する関口光太郎さんの生命の樹のような作品でもなく、明らかにイサム・ノグチの水墨画でした。この展覧会の臍です。臍から流れる響きにすべての作品が振るえていました。共振の箱をつくったのは三宅一生さんです。

水墨画はノグチが1930年に北京で描いた裸体像です。この時ノグチは画家、斉白石の指導を受け100点以上の裸体画を描いたと言われています。出展されていた一枚の絵は男性像です。一見、陰影の表現のように見える太い筆致の線は「気」の流れに呼応しているように思えます。この男の身体の中心は頭でも心臓でもなく、腹部です。肝臓、臍、腰にかけて極太の線がゆっくり流れ、そこから足の先や手や脳へ至ります。単純に気の流れを示す図を描いているわけではありません。それは一枚の紙に描かれた絵に、生命を与える線でもあります。見えないものを感じ取り、それを筆を持つ手の動きに自然と変換させて、人の命を絵に写し取る。ブルース・リー風に言えば「Don't think.Feel」な極意が、この絵には現れています。100枚以上描いた絵でもその境地に至ったのは、きっとごくわずかだったかもしれません。

見えないエネルギーを感じ取り、それを生きるためのエネルギーに変換させるエンジンこそ、未来のものづくりです。直観の力はアーティストの専売特許ではありません。見えないエネルギーの在処を直観的感じ取り、それを科学的に分析して、技術を開発する工学者もいます。

他に面白いと思った作品は、デュイ・セイドのコウゾの枝でつくった人体像。会場で対峙するノグチの作品と深く呼応し合っています。鈴木康広さんの「始まりの庭」も印象的です。結露を通して世界に循環する見えないエネルギーを私たちに感じさせてくれます。ただ惜しむらくは自然の力を見せる作品の背後に大きな循環機械と人工エネルギーが使われていること。作品で使われる不凍液を循環させているシステムまで、太陽光とか風力とかで発電するという徹底した態度が欲しかったと思います。

ほんと、いま何かを変えないと、人類に22世紀がやってこないと思います。僕の原点は、ドイツのアーティスト、ヨーゼフ・ボイスなので、見えないエネルギーを引き出す人間の創造力が世界を変える原動力になることを信じてやみません。ノグチにしろボイスにしろ20世紀人が遺したメッセージを、21世紀人はきちんと受け取っているとは思えません。21世紀人は22世紀のためにいま何かを変えないと。

********

d0039955_11491257.jpg
会場内の撮影、見に来た人がブログとかmixiの日記で話題にしやすいように、たとえば吹き抜けにある作品だけでも撮れるようにしてもらえないかな、と、いつも思います。そのほうがアートとデザインを巡るさまざまな意見交換がしやすくなるはずです。
text & photo by Keiichiro Fujisaki

by cabanon | 2008-06-08 11:46 | Comments(4)
 
津村耕佑さんの個展で考えたこと
津村耕佑さんの個展 [夢神]がとてもよかったです。渋谷のNANZUKA UNDERGROUNDで、6/22までです。
d0039955_13201112.jpg

ゴブラン織(おそらく)などかなり重厚な生地で、フィギュアやらオブジェやら日用品やらを包んでいます。そこではシルエットとテクスチャーが激しくせめぎ合っています。クラシカルでゴージャスな織物が、ツルッとした質感であったはずのフィギュアを一変させます。テクスチャーというよりマチエールという言葉を使いたくなるほどの、表現主義絵画のような物質感があります。ほつれた糸が立ち上がっていたり、金箔を使っていたり……、包むものが包まれているもののシルエットを変えてしまう勢いです。しかし完全に輪郭を支配してしまうわけではありませ、何が包まれているか、だいたい想像できるのです。

この関係は衣服と身体の関係と似通っています。服が身体のシルエットがどんなに隠そうとしても、服は身体のシルエットから完全に離れてしまうことはできません。放射線防護服もコルセットも着る人の輪郭を変えますが、人体のシルエットから逃れているわけではありません。衣服は身体の輪郭やそれを着る人の所作を変えますが、身体を消し去ってしまうことはありません。そうした衣服デザインの問題意識が、展示されていたオブジェたちの底流に流れていると思いました。

ウルトラマンを包んでいる作品があります。考えてみれば、ウルトラマン自体が人体を包むことから生まれてきたヒーローです。着ぐるみですから。仮面ライダーも、ゴジラもキングギドラも衣裳でした。モビルスーツもスーツです。着ぐるみのテクスチャーはヒーローや怪獣たちのシルエットに大きな影響を与えます。

ウルトラマンのハイテク繊維のような質感はあのスラリとした体型を生みます。ゴジラのシルエットはゴワゴワなテクスチャーと切り離して考えられません。キングギドラの黄金の鱗もシルエットを左右する力があります。

モビルスーツは金属ですが、実際はプラモデルにすることが前提のロボットでしたから、樹脂の質感が入り交じっています。金属でもないプラスチックでもない素材感が、ガンダムに登場するモビルスーツのシルエットを生み出します。ガンダム自体は直線的で金属的ですが、ザクやゲルググの曲線のあるシルエットはかなりプラスチック的です。

こう考えると、津村さんの作品がフィギュアを包んでいることの意味が、とても深く思えてきます。しかも、テクスチャーとシルエットのせめぎ合いは、新たなカタチを生み出すだけではありません。新たな振る舞い(身体の動作)を生み出します。ほら、ヒーローや怪物たちは独特の動作をしましたよね。ドアラの魅力も動きです。

津村さんの作品は動きませんが、物質感と輪郭のせめぎ合いの緊迫は、それぞれの作品から立ち居振る舞いを生み出しています。夢神とはおそらく物神を意識したタイトルなのでしょう。たしかにここには、フェティッシュと片付けられないものがあります。夢神たちが創造の秘法に誘ってくれるのです。包むものと包まれるものの、テクスチャーとシルエットを巡るせめぎ合いが生み出す、カタチと所作の創造の奥義へと。
text & photo by Keiichiro Fujisaki

by cabanon | 2008-06-06 13:30 | Comments(0)
 
水上歩行
d0039955_1804090.jpg
いつからアメンボを見ていなかったんだろ。先週鞍馬で出会ったアメンボです。子どものころ、水の上を歩こうと本気で努力したことを思い出しました。水中翼船に憧れたのもアメンボのように水の上を歩きたかったから。でも、船酔いして水中翼船は嫌いになりました。

バイオミメティクス(生体模倣)は、子どもの本能かもしれません。基地づくりが大好きなのは、アリの巣とかアリジゴクとかジグモの巣とかミノムシが好きだったのと重なり合います。昆虫の巣づくりって、すごいテクノロジーですよね。いま書いているのはインセクトテクノロジーの原稿。東京農業大の長島氏を取材してバイオミメティクスとは違うって話はAXISの次号掲載です。
text & photo by Keiichiro Fujisaki

by cabanon | 2008-06-01 18:24 | Comments(0)


S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
Profile
藤崎圭一郎
Keiichiro Fujisaki
デザイン評論家。編集者。1963年生まれ。1990〜92年『デザインの現場』編集長を務める。1993年より独立。雑誌や新聞にデザイン、建築に関する記事を執筆。東京藝術大学美術学部デザイン科教授。

ライフワークは「デザインを言葉でいかに表現するか」「メディアプロトタイピング」「創造的覚醒」

著書に広告デザイン会社DRAFTの活動をまとめた『デザインするな』

Twitterもやってます!

*当ブログの奥座敷
KoKo Annex

ライフログ
最新のコメント
以前の記事
カテゴリ
ブログジャンル
リンクについて
当サイトはリンクフリーです。
お気軽にリンクして下さい。

本ブログの記事と写真の
無断複写・転載を固く禁じます。




Copyright 2005-2016 Keiichiro Fujisaki All rights reserved
本ブログの記事と写真の無断複写・転載を固く禁じます。