藤崎圭一郎のブログ。「デザインと言葉の関係」を考えます。

by cabanon
 
<   2008年 12月 ( 6 )   > この月の画像一覧
text & photo by Keiichiro Fujisaki

 
コミックスの芸術家たち
今回の冬コミが初出展でしたが、コミケに行くこと自体は16年ぶり2回目でした。僕がなんで16年前にコミケに行ったかというか、この号の宣伝のためです。
d0039955_11565066.jpg
僕の『デザインの現場』編集長としての最後の仕事です。特集「コミックスの芸術家たち」。そのビラをまきに行ったんです。まだ会場は晴海でした。営業担当と二人で、朝並んで入場し、出展者にビラを手渡ししました。今はそんなゲリラ的なビラ配りをしたら運営から確実に追い出されてしまいますね。企業出版社の宣伝ですから、けっこう嫌われたりしましたが、「えっメビウス! えっビラル!! BDの情報少ないんですよね。絶対買います」って励まされたりしました。

この号は、パリに行ってBD(フランスのマンガのこと)作家を取材しました。メビウス、エンキ・ビラルのインタビューを同時にとれたことは奇跡的だと思ってます。

ほんと二人はスターでした。シャルル・ドゴール空港に着いて、書店を見たら、ビラルの新刊がいちばん目立つところでズラーッと並んでましたから。僕らはなんて人にこれからインタビューするんだろって思いました。

他にBD作家はルスタル、エマニュエル・ギベール、ボードワンを取材。イギリスにも行って若手コミックス作家デイヴ・マッキーンのインタビューもしました。ケント地方の美しい田園風景が今でも眼に焼きついています。

特集以外に、絵本作家M.B.ゴフスタインの取材記事もあったり、今見てもスゴい号だと思います。

スゴいと思って、これは売れると会社を説得して、刷り部数を増やしました。で、どうしても売らなくちゃと、晴海のコミケ会場へ行ったんです。

結局この号は、ヒットしませんでした。ヒットしない号は、結局何かがダメで、後から考えると、それが目立って、あまり好きになれません。実際内容のいいと自負した号は、すべて売れましたし。しかし唯一の例外が、この号です。
d0039955_11434223.jpg
メビウスの頁です。いい写真なんですよね。フランス人写真家ファビュアン・モンテュベールに撮ってもらったのです。表紙もメビウスです。パリ在住の桜井さんがコーディネイションとライティングをしてくれました。彼女の粘りがなければ実現しなかった号です。
d0039955_1144018.jpg
右頁のエンキ・ビラル写真。これもモンテュベールの撮影。のちに『ブルータス』の表紙になります。ホテルのロビーで撮ったものです。ここのホテルなら何にも言われないでインタビューできるよってビラルが言って。ホテルに許可を撮ることも、お茶を頼むことなく、その場で取材して。ビラルと気づいた人が遠巻きでわれわれの取材を見てました。

***
年末年始もなく原稿書きなのですが、急遽3日目も行ってきました。コミケに。人から評論ジャンルのある3日目に出したほうがいいと言われて、その視察に。ウンたしかにそうですね。客層が1日目とぜんぜん違いました。1日目は塩味鶏スープ、3日目は豚骨背脂スープ全部入りって感じですね。僕はCAMUIロケットの打ち上げの模様をレポートした小冊子を買いました。去年AXISで取材しましたから、親近感があって。つい手にとってしまう、つい買ってしまう。この「つい」をどうつくるか。難しいですね。
text & photo by Keiichiro Fujisaki

by cabanon | 2008-12-31 11:49 | Comments(0)
 
このままじゃ、終われないィ……
コミケ初参加は玉砕でした。売れたのは14部。

200部なんて刷りすぎですよね、ハハハハ。売り上げ2800円。たった200円のものを売るのがこんなに難しいのかと実感しました。手にとってもらえない。内容以前の問題です。内容は200円の価値は十分すぎるくらいあると思うのだけど。
d0039955_22522490.jpg
朝の搬入時。空気が澄んでました

雑誌は表紙。頭ではわかっていても、今日ほどそれを実感したことはありませんでした。われらが『Critical Geass』の表紙イラストはとてもうまい。けど、フルカラーにしないと、あの会場では目立たない。萌えor801要素がないので、振り向いてもらえない。

コミケ第一日目、こんなに女子が多いと思いませんでした。午前中、われわれの周辺を通り過ぎるのは、8割方女性。女性受けの要素のほとんどないわれわれの同人誌は、完全スルー。82年W杯のジーコからソクラテスのスルーパスを思い出すほどの、完璧なスルーに、これぞ厳しい現実と立ちつくしました。

けど、むちゃくちゃ楽しかったです。あっという間に時間が過ぎました。コスプレをする人など、多種多様の通り過ぎる人を眺めているだけでも、飽きません。

開幕後30分くらい一冊も売れず、というか、手にとって見てくれる人さえおらず、隣は売れ始めていて……というとき、初めて女性の人が買ってくれたときは本当に嬉しかった。自分たちで作ったものを売るって人間の基本的な快楽のひとつなんですね。

売れることに慣れちゃったり、売るのを人に任せていると、そのこと忘れちゃうんです。営業さんに売ることを任せっきりの編集者は、売る喜びを知らないで年を食ってしまう。そのことに猛省を促す今回の体験でした。

自分で作ったものを、自分の目の前で買ってもらえると、心の底から「ありがとうございます」って言えます。ホント素直な「ありがとう」です。それを本日体験しました。素直にありがとうと言えることの有り難さも、頭ではわかっていたことですが、体験しないと身に染み入りませんね。

フリーぺーパーじゃこれは味わえない。フリーペーパーが増えると、編集者の質が下がる。その理由がよくわかりました。

とかなんとか言っても、とにかく売れないのは、くやしい。だから売るためにどうしようか考える。

考えるだけじゃ解決にならない。やってみなはれ。

つうことで、夏コミでのリベンジをみんなに誓いました。

にしても、コミケのイベントとしての仕切りはすごいですね。われわれのように初参加のサークルでも、搬入や撤収は、手引き書を一度読んどけば、楽勝で出来てしまうし、事務局側の人がちゃんと見守っていて、ダメなことははっきりダメと言うし、しかも行列のさばき方は手慣れたもので……、いや、ホント、勉強になりました。参加して良かったです。
d0039955_22523537.jpg
帰途へ。にしても女性が多かったなあ

text & photo by Keiichiro Fujisaki

by cabanon | 2008-12-28 22:38 | Comments(0)
 
クリティカル・ギアス、冬コミへ
d0039955_12323272.jpg
8月だったか9月だったか、高校時代の同級生と電話で話していたら、つい盛り上がって、じゃあコミケ参加するかって話になりました。申し込んだはいいものの、始動が遅く、二人とも超忙しく……。けど、やっぱやめるかなどとは言わず、とうとう見本誌が上がるところまで漕ぎつけました。12/28(日)参戦してきます。コードギアスを論じるテキスト中心の4コマ入り同人誌です。

僕はテキストは書いてません。編集とデザインを担当しました。久々の編集長です。執筆中の本が佳境なので。レイアウト作業だけで一杯一杯でした。

執筆者は、ハケンでオタクで文才抜群のわが友。アートとアニメを論ずると切りがないわが妻。タイのバンコクの友人の友人の文章もハジけております。4コマ&イラストは、年齢不詳の美少女系の義妹。京都在住で当日駆けつけると意気込み盛んな友人の友人。今年僕の授業をとっていた教え子3人です。授業の打ち上げでこの本の話をしたら、盛り上がり表紙イラストなど素晴らしい絵を書いてくれました。

みんな初参加。コミケに行くこと自体、僕は晴海会場時代以来で、16年ぶりです。ほとんど無茶な企画でしたが、なんとかなるものですね。

おそらくビッグサイトの東のはずれで、在庫を抱え玉砕ということになるでしょう。でも、同人誌の本拠に乗り込む経験を糧に、来年はデザイン同人誌をつくります。読むだけのものなら数万円で印刷できちゃいますからね。

では、28日(日)コミケに行かれる予定のある方は、東-ケ-28Aでお会いしましょう! 
d0039955_12324563.jpg
地図の左上、赤いところが、われわれサークル名「パセリ」(なんちゅうベタな名前なんでしょ)のブースです。
text & photo by Keiichiro Fujisaki

by cabanon | 2008-12-26 13:01 | Comments(0)
 
出張の朝に出会った修悦体
d0039955_14431923.jpg
京急蒲田駅の修悦体には、ガムテープ製落款がついてました。
d0039955_14434428.jpg

修悦体については、本ブログの過去記事「生きている書体、修悦体」で書いてます。Wikipediaにも載ってます。
text & photo by Keiichiro Fujisaki

by cabanon | 2008-12-14 14:48 | Comments(0)
 
シンクロ型文化伝播モデル
アール・ヌーヴォーの時代、まるで伝染性の熱病に罹ったように、欧米では有機的形態の装飾デザインが同時発生した。1895年、パリにS・ビングがアール・ヌーヴォーの名の由来となる「メゾン・ドゥ・ラール・ヌーヴォー(Maison de l'Art Nouveau)」という美術店を開設する。そして、メトロのデザインで知られるギマールが有名な「カステル・ベランジェ」を建てたのが1894~98年だ。

1896年、ドイツのアール・ヌーヴォー運動「ユーゲントシュティール」の名の由来となる同名の雑誌が創刊する。ベルギーではオルタ、アメリカではサリヴァンが植物文様を大胆に使った建築をつくり、オーストリアではゼツェッシオンと呼ばれる運動が起こり、建築家ワーグナーやホフマンが活躍する。イギリスではアール・ヌーヴォー運動に先立ちアーツ&クラフツ運動が起こり、やはり有機的形態をデザインに採り入れていた。有機的形態と言えば、スペインのガウディも忘れてはならない。

ルネサンスが、イタリアからフランドル、ドイツなど北方へ、時間をかけて伝播したのとは異なり、アール・ヌーヴォーは時間をかけずに伝播する。

アール・ヌーヴォーの広がりの速さの理由は、19世紀のメディアと交通機関の発展だと、結論を下してしまうのは簡単だ。新聞、雑誌が多数発刊され、情報が高速化し、国境を越えやすくなった。鉄道や蒸気船によって人が移動しやすくなった。情報が密集するパリやロンドンなど国際都市が形成された。世界中の文物が集まる万国博覧会が大流行した。──芸術文化が国境を越えて高速に伝播する要因は揃っていた。

しかし、メディアと交通機関と都市とイベントの発達だけで、芸術の興隆が語れるならば、21世紀の今ごろは、世界は芸術で溢れかえっているはずである。

たしかにモナリザのイメージは世界中を駆け巡る。しかしレオナルド・ダ・ヴィンチに匹敵する人物が、世界中を駆け巡っているわけではない。

アール・ヌーヴォーの同時発生現象は、メディアと交通機関の発展があったから、と単純に解決してしまうわけにはいかないのではないか。

そう考えて、文化の伝播方法について「コピー型」と「シンクロ型」という2つのモデルを考えてみた。

コピー型文化伝播モデルというのは、情報が複製されて、ある地域から別の地域に文化を伝える方法である。たとえば『カラマーゾフの兄弟』や『資本論』が版を重ね世界各地にその翻訳本が広まっていくとか、コカコーラやマクドナルドがアメリカの大量消費文化を伝えたり、高度成長期の日本人がせっせとアメリカの半導体技術を盗んだり、老舗の料理店の板前が各地に散らばっていくといった、さまざまなケースが考えられる。

「コピー型」には大まかに分けて「大量生産式」と「パッケージ式」がある。

「大量生産式」は力業である。大量の商品を製造して、世界中にばらまく。コカコーラやハリウッド映画などは、アメリカ型文化を世界に浸透させる強力な兵器となっている。しかし、マクドナルドにしてもディズニーランドにしても、単純にコピーを生産し拡散させるだけではない。コピーをつくるだけでは、正確なコピーを伝えられない。より効率的に、しかも正確にコピーを世界に伝えるには「パッケージ式」をとる必要がある。

言語の違う文化圏に、本に書かれた情報を伝達させようとすると、そこには翻訳という作業が入る。翻訳にはどうしても翻訳者の解釈が入ってしまう。いろんな翻訳家の『カラマーゾフの兄弟』を読むのは楽しいが、これが宗教の聖典であったら、翻訳が多種存在することは、教団の混乱の原因となる。そこで解釈が1つの学問となり、どう聖典を解釈するかを叩き込まれた人間が、聖典を携えて、布教に当たる必要が出てくる。

「正典化」という言葉がある。ある日ふとつけた放送大学でこの言葉を知った。たしか音楽理論の講義だったと思う。クラシック音楽を学ぶ人は、バッハやベートーベンを揺るぎがたい「正典」として学ぶ。近代日本は西洋音楽を「正典化された音楽」として受容した。バッハは音楽の父、ベートーベンは楽聖、モーツアルトは神童である。そして、この正典を中心に完成された音楽理論、教育法、演奏・鑑賞スタイル、歴史、分類体系がセットになっていた。パッケージ化されているので、世に広めるためのシステマチックな教育が可能になる。

正典化という言葉から推測できるように、このスタイルの究極の形は、宗教にある。キリスト教の場合、聖書という正典=聖典があり、伝道師は、正典を中心に十字架、賛美歌、教会建築、偶像彫刻などをパッケージ化されたセットを展開させ、世界へ教義を広め、文化も生活スタイルもいっしょに運んでいく。

聖書だけが移動可能・複製可能なのではない。キリストやマリアのイメージ(イコン)、十字架、教会の建築方法、賛美歌、祭礼の行い方などもセットで複製される。パッケージごとコピーされるが、その土地に合わせて変化もする。
 
しかし正典は変わらない。完全な土着化はしない。変わるものと変わらないものがハッキリしているから、地域に根ざした柔軟な伝播が可能になる。

パッケージ化されると、正典を元に、教科書が生まれ、システマチックな教育が可能になる。正典さえ定めれば、正典の周囲には自由が生まれる。批評、土着化、異端、外伝が、正典を守るために機能する。絶対遵守だけが正典を継承する手段ではない。

現在の教育システムは、小学校から高校までは正典の絶対遵守を学び、大学に入って初めて正典への解釈──そこに懐疑や批評があることを学ぶことができる。もちろん正典絶対遵守しか教えない大学教授もたくさんいる。価値体系はそうやって次世代に伝えられる。

マクドナルドは、同じ味のハンバーガーを世界中で大量に製造して販売しているだけではない。フランチャイズの経営の方法も、接客の仕方も、品質管理のシステムも、マクドナルドのブランドが醸し出すイメージもまるごとパッケージ化された形で世界中に伝播している。それを程よくローカライズしているのが、現在のマクドナルドの世界的成功を支えている。たとえばインドのマクドナルドには牛肉100%のハンバーガーがないが、基本メニューがなくてもやはりマクドナルドはマクドナルドである。逆に言えば、完全にパッケージ化されているから、国ごとに統制のとれた効果的なローカライズが可能になる。

優れた企業は、正典の正統性を守るため、厳しいブランディング戦略を採る。ディズニーランドは東京やパリ近郊にロサンゼルスと複製テーマパークをつくったから成功しているのではない。映画などと連携したパッケージがディズニーの世界観を伝えているのだ。エルメスもルイ・ヴィトンも高度なブランディング戦略によって、製品は、価値観や企業文化ごとパッケージ化されている。

これらの企業が、違法コピーを激しく執拗に排除しようとするのは、正典の正統性を守るためである。「パッケージ式」文化伝達の使徒たちは、聖書を守るために、闘いつづける。

★ ★ ★

「コピー型」とは別種の、もうひとつの文化伝播モデルが「シンクロ型」だ。同時発生的な文化伝播現象である。

シンクロ型は、aという地域で生まれたものがコピーされて地域bへ伝わるというものではない。地域aで生まれた文化のほんのわずかな断片が、地域bに伝わる。すると、その地域bの創造者たちが触発され、aでつくられたものに匹敵する創造物をつくり出す。

共鳴するのだ。地域bでつくられたものがまた地域aの創造者を刺激するかもしれない。地域cの創造者を刺激するかもしれない。文化の共振現象が、シンクロ型伝播モデルだ。

地域aから地域bへ伝えられるものは、パッケージ化されている必要はない。大量のコピーも必要ない。完全な形でなくてもいい。画家を触発するきっかけは、雑誌の一枚のモノクロ図版でいい。想像力の豊かな画家なら名刺大の粗いモノクロ印刷の図版からも、色を感じることができる。知的好奇心旺盛な旅行者の記憶が、新たな創造を生むかもしれない。

洞察力のある者は、断片を見た時・聞いた時・読んだ時に、「あっこういうことだったのか」と全体像を理解する。自分の方法と照らし合わせて、自分の方法に修整を加える。理解は正確である必要はない。むしろ間違った解釈が新しい創造を生む。音楽と絵画という異なるジャンル同士の共鳴効果を生むこともある。

創造者を触発するスイッチが何であるかを、事前に想像するのは難しい。いや後から歴史がそのスイッチが何だったかを追究するのも難しい。街角の広告なのか、いつか見た映画のワンシーンだったのか。系統だった因果関係では説明できない。

ただ、スイッチが入れば、創造者同士が共振する。社会が変革しようとするタイミングなら、地域aと地域bの文化全体が共振する。これが「シンクロ型伝播モデル」である。

現実には「コピー型」と「シンクロ型」が混じり合いながら、文化は世界を駆け巡っている。コピー型はメディアや交通機関の発展を恩恵を受ける。大量に情報や人や商品を運べれるほど、文化もそれに伴って伝わることになる。シンクロ型は情報のスピードより、洞察力や直観力のある人間がいるかいないかの問題となる。

アール・ヌーヴォーの伝播の速さは、コピー型とシンクロ型がちょうどよいバランスとなったからだと考えられるのではないだろうか。メディアと交通機関が発達し、大量の情報が行き交う基礎をつくり、そこでシンクロ型伝播が発生した。

創造者間の交流では当然「シンクロ型」が多い。この場合、誰が最初につくったのかや、どの作品がオリジナルか、という議論は微妙なものとなる。「コピー型伝播」にはオリジナルがハッキリとある。だからディズニーはコピーライトを主張できる。逆に言えばコピーライトの厳格な適用を主張する者は、創造者同士の文化伝播を否定する可能性がある。同期しているのだから、「シンクロ型伝播」では、オリジナリティ神話やコピーライトの概念は揺らぐのだ。

メディアが発達すれば、文化は盛り上がると思っているのは、現代人の思い上がりだ。もしかしたら芸術にとって、メディアは19世紀末のアール・ヌーヴォー誕生時くらいの規模で十分なのかもしれない。

現代のメディアは、「量」に関する技術は進歩しているが、「質」に関して進化してきたわけではない。新聞やテレビはどんどん信頼されるメディアになっているかと言ったら、その逆だし、ネットに書き込まれた情報は最初から疑って扱わないといけない。iTuneで音楽を聴くようになって音質が良くなっただろうか、写真がデジタルになって無理をしても仕事を頼みたくなるカメラマンが増えただろうか。写植時代に比べて雑誌のタイポグラフィは美しくなっただろうか。高速に莫大な量を安価に簡便に扱えるという新システムは、多くの場合「質」の進歩を犠牲にしてきている。

著作権で創造行為を縛ることは、シンクロによって質を高め合う共鳴的伝達を疎外する。コピーをするライト(権利)をもったものは、同質なものしか世界に伝えない。

シンクロのためのメディアをつくる必要がある。

スイッチをどうつくるか。スイッチを探す人々を集う場をどう創出するか。それができれば、低解像度のメディアでも「質」は伝わる。僕はそういうメディアを創りたいと思っている。


******
本稿はもともと『シーティーピーピーのデザイン 』(光琳社出版、1996年)のために寄せた、信藤三雄のデザインを論ずる原稿として書いたものです。久々に読んだら、面白かった。コピー型/シンクロ型の話は、1990年くらいからずっと考えていたテーマです。そこで、信藤論の部分を削り、新たに正典化の話、パッケージ式の話を加えて、最後に今感じていることを添え、新しい論考として仕上げてみました。
text & photo by Keiichiro Fujisaki

by cabanon | 2008-12-11 15:47 | お気に入りの過去記事 | Comments(5)
 
編集が好き。
今朝のわが家。入稿直前──。
d0039955_022538.jpg
表紙2色。本文スミ1色。A5サイズ、40ページ(表紙込み)。200部で、印刷代33,700円。同人誌って初めてでしたが、けっこう安く印刷できるんですね。

でも、このためにAdobe Creative Suite(アカデミック版)を買ったり、InDesignのマニュアル本を3冊も購入したり……、けっこう散財しました。

悪友に誘われたのは、優しき世界か、Cの世界か。あっなんのことか分かんないですよね。ま、蛇の道です。で、夫婦で本業の傍ら作業して、最後は集中的にガアーと。食事するのも忘れ、近視も遠視も進みました。ダビスタやファイヤーエンブレムとかやって、食べずに寝ずにサルのように画面に張り付いていた、スーファミ時代のあの頃を思い出しました。

原稿書きは、寝ないとか食べないは無理です。方々にリビドーが向かってしまいます。編集&デザイン作業とは、脳みその使う場所がまったく違うみたいです。12月28日東京ビッグサイトの東-ケ-28Aでデビューです。ナニヤッテンダカ。
text & photo by Keiichiro Fujisaki

by cabanon | 2008-12-09 00:07 | Comments(0)


S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
Profile
藤崎圭一郎
Keiichiro Fujisaki
デザイン評論家。編集者。1963年生まれ。1990〜92年『デザインの現場』編集長を務める。1993年より独立。雑誌や新聞にデザイン、建築に関する記事を執筆。東京藝術大学美術学部デザイン科教授。

ライフワークは「デザインを言葉でいかに表現するか」「メディアプロトタイピング」「創造的覚醒」

著書に広告デザイン会社DRAFTの活動をまとめた『デザインするな』

Twitterもやってます!

*当ブログの奥座敷
KoKo Annex

ライフログ
最新のコメント
以前の記事
カテゴリ
ブログジャンル
リンクについて
当サイトはリンクフリーです。
お気軽にリンクして下さい。

本ブログの記事と写真の
無断複写・転載を固く禁じます。




Copyright 2005-2016 Keiichiro Fujisaki All rights reserved
本ブログの記事と写真の無断複写・転載を固く禁じます。