藤崎圭一郎のブログ。「デザインと言葉の関係」を考えます。

by cabanon
 
<   2009年 01月 ( 9 )   > この月の画像一覧
text & photo by Keiichiro Fujisaki

 
カワイイ
30数年前、僕は小学校を卒業して、横浜から広島県尾道市へ引っ越した。「だからさあ」「それでさあ」と「さあ」を連発する僕の話し方を、中学校の同級生はからかった。あのさあ、誰誰がさあ、◎◎しっちゃって、△△じゃん。

僕にとっても彼らの話し方が面白かった。「すごい」を「ぶち」といった。「ぶちうまい」とか。が、高校は広島だった。同じ広島県でも、備後と安芸では言葉もイントネーションも違う。広島では基本は「ぶり」だった。

関西は「めっちゃ」「ごっつ」などさまざま、ネットによると、名古屋はジェネレーションがあって、年輩は「どえりゃ〜」、若い人は「でら」らしい……。

「とても」「ひじょうに」「すごく」などの程度を強調する副詞は、原稿を書くときは、なるべく使わないほうがいい。「東京タワーは美しい」「東京タワーはとても美しい」。ジャーナリストにとっては、前者のほうが覚悟がいる。言い切るには、取材を重ねて裏をとって客観的な事実だと確認する必要がある。「とても」を入れると「そう思ったのは私」という主観的なニュアンスが入り込む。

地域、世代、趣味嗜好、業界などさまざまなコミュニティで、「とても」という意の多様な表現が生成されるのは、仲間たちと主観を共有しあいたいという願望の表れだろう。僕は尾道弁を上手に使いこなせなかったが、「ぶち」と自然にいえるようになって、少し友達に馴染んできたと思ったものだ。

そう考えて「カワイイ」という言葉の意味がわかってきた。意味を定義しようと思ってはいけないのだ。これは英語の「pretty」や「cute」ではない。仲間と感情を共有しあう「機能」が、愛らしいといった「意味」を凌駕している。感情共有を促す機能は「超」「ちょ」と同じだ。

エロカワイイ、キモカワイイまで意味が拡大したのは、感情共有機能が肥大化したためだ。言い換えると、空気をつくる言葉。カワイイの意味は、それがどの仲間たちの中で発せられたかで変わっていく。しかも反論が許されない。「カワイイ」とみんなが盛り上がっている場面で「そんなのカワイクナイ」と否定すれば、空気の読めない子になってしまう。微妙な距離感が生まれてしまう。そう思ってなくても、自分のために、その場のために、とりあえず言っとくべき言葉、それがカワイイだ。

しかしカッコいいは違う。こちらは距離感を示す言葉だ。

カッコいいは、オレはオマエとは違うんだ、オレはこんなカッコいいクルマに乗っている、オレはカッコいいと思うのは、まだほとんどの人が分かってないけど時代の先端だと主張する。尖ったものを愛する言葉がカッコいいだ。

カッコいいは異化の言葉で、カワイイは同化の言葉である。しかし、カッコいいの単純な異化作用に比べ、カワイイの同化作用は、異質なものを取り込む仕組みを持っている。カワイイの定義は、微妙に揺らいでいるために、異質なものを取り込んで、広がっていく。

カワイイは共鳴の言葉である。互いの近しい距離感を確認し合うため、カワイイと言って、周りの人たちと感情を響かせ合う。

響かせ合うには、ユニゾンよりもハーモニーである。カワイイと同じ旋律を歌うだけでは、ジャニーズである。深みに欠ける。

相手のカワイイに合わせて、でも、微妙にそれとは違うものをカワイイと言ったり、異化効果のあるカッコいいのテイストをちょっぴり加えて、旋律を変えてみると、深みが出る。そこに真の共鳴が起こる。カワイイのハーモニー的連鎖が、カワイイの領域を広げていく。

「カワイイ!」と誰かが発すると、その「カワイイ!」が伝染するのだ。「言語は宇宙から来たウィルス」と言ったのは、ウィリアム・バロウズだが、カワイイこそウィルスだ。しかもそのウィルスは言語同様、想像を育む。
──などなどと、200個以上集めたご当地キティを見て、僕はこの自説をふむふむと確信しているわけである。

**********

たまに以前書いた記事を、このブログに載せています。発売から1年経ってからというのがこのブログのルールです。このカワイイの原稿は、『デザインの現場』連載「コトバのミカタ」の1年前の号に載せたものに、かなり加筆してアップしました。

この記事はぜひブログにアップしたい、早く1年経たないかな、ルール破っちゃおうかな、と思っていたものでした。というのも、最初はブログ用につらつら書いてて、あっおもしろいと思って、急遽連載原稿に格上げしたものだったので。

最新号のデザ現では「RPG型インタラクション」について書いてます。これも面白いと思います。けど、ここ3号くらい、原稿がオヤジ臭くなっています。説教臭いというか。生活全般がオヤジに浸っているせいだと思ってます。是非ご一読を。
text & photo by Keiichiro Fujisaki

by cabanon | 2009-01-27 23:32 | お気に入りの過去記事 | Comments(5)
 
近代的
予算内におさめる、納期を守る──、それを「近代的」なことと考えると、近現代建築の傑作といわれているものに、どれだけ近代的なものがあるだろうか。
text & photo by Keiichiro Fujisaki

by cabanon | 2009-01-27 00:04 | Comments(0)
 
caslon見聞
不器用なんで、締め切りが過ぎていても、迷惑がかかることがわかってても、要領よく原稿が書けません。

ドラフトの本、ベーカリー&カフェのcaslonの話を書いてて、やっぱ見に行かないと書けないと思って、急遽立川へ。caslonの本拠は仙台ですが、さすがにそこまでは行けません。

立川のcaslonは駅ビルにあります。店内を見て、コーヒー飲んで、パンを買って帰ってきました。
d0039955_2002457.jpg
ドラフトの渡邉良重さんデザインのタペストリーが素敵でした。
d0039955_19593121.jpg
カフェでおばあちゃんと孫というふたり組が僕の横で軽食をとっていたのですが、彼らのテーブルの上に小さなスケッチブックが置いてあって、エッこの子こんな絵がうまいんだ、いや、おばあちゃんが描いたのかなって、鉛筆画が描かれました。
d0039955_19595034.jpg
二人は帰りにこのタペストリーを撮ってました。この写真を撮る前に、孫のほうがケータイで写真を撮ってて、「絵心がある子にはわかるんだな、いいシーンだ」と思って、カバンからカメラを取り出したら、もう姿がありませんでした。けれど、写真を失敗したのでしょう。しばらくして、おばあちゃんだけ戻ってきて、もう一度写真を撮ってました。その時の写真です。

僕は、タペストリーが好きです。パリのクリュニー美術館にある、一角獣のタペストリーとか。
d0039955_200651.jpg
よく見たら、仙台のキャスロンの店舗が描かれていました。さて、その原稿を書かなければ。
text & photo by Keiichiro Fujisaki

by cabanon | 2009-01-20 20:09 | Comments(0)
 
Small media change the world
2日連続、六本木で語りました。
d0039955_031452.jpg
1/15「港区デザイン資源活用シンポジウム」のコーディネイターを務めました。パネラーはグラフィックデザイナー長友啓典さん、科学技術ジャーナリストの赤池学さん、インダストリアルデザイナーの柴田文江さん。会場はミッドタウン。こうしたイベントはいつも聴衆がデザイン関係者や学生なのですが、今回は港区の商店街とか地元企業の方々が多く出席されていたので、緊張しました。デザイン関係の人ってカッコつけてるだけ、中身ねえなって思われたら、それでおしまいですから。

長友さんの深く味わいのある語り口、赤池さんのキレキレの頭脳、柴田さんの心の真ん中に響く強くて優しい言葉に救われて、無事に司会役を終えました。感謝です。

d0039955_02889.jpg
1/16は21_21で、3分間プレゼンテーションに参加しました。
この写真は、法政の学生に撮ってもらったものですが、カラオケみたいですね。

音程外しまくりだけど、とりあえず熱く歌いきった(いや歌ってないけど)って感じのプレゼンでした。カミすぎだし。原稿読んでいたし。目指すはオバマ、ギレン・ザビでしたが、程遠かったです。

法大と芸大とのコラボのフリーペーパー『DAGODA』の概要を紹介しました。そして語りました。新未来派宣言(のつもり)です。ちょっと後半加筆して、今日語った原稿を載せます。

**************


1909年2月20日、イタリアの詩人マリネッティは、フランスの新聞『フィガロ』に「未来派宣言」を寄稿します。

今年はそれからちょうど100年です。

21世紀の、新未来派宣言を、1か月ばかり早いですが、語りたいと思います。

++++++++++++++++++++


未来が見えない、と人は言います。

地球温暖化、化石資源の枯渇、貧困問題、金儲け優先のグローバリゼーション……。人類はどこに行くでしょうか? 

けれど、わたしたちは、本当に未来が見えない時代に暮らしているのでしょうか。

いや、見えます。

解決しなければならない問題は、見えているのです。

ただ、問題が大きすぎる。多くの人が、目を背けているだけです。

目を開けば、問題は山積みです。

問題を発見して、それを解決するのが、デザインだという人がいます。

医者が人を診察して、目には見えない原因を探し出し、治療するように、企業や社会が抱える問題を解決する。多くのデザイナーはそれをデザインの力と語ります。確かに素晴らしいことです。

しかし、未来の多くの問題はすでに見えています。誰にでも見える、途轍もない大きな問題を解決するのも、デザインの力です。

それは名医に頼ればいいという問題ではありません。みなが立ち向かわないといけない問題です。

問題を直視をすること。行動を起こすこと。それが重要なことであるのは言うまでもありません。

そしてもうひとつ重要なことがあります。行動を有機的につなげること。それにはメディアが必要です。

あえて、有機的といいました。

大きな力を持つ中枢が、組織を統括し、先導するのでなく、個々が独自に判断して、自己組織化を繰り返し、問題を解決する。それが「有機的」という意味です。

もうマスメディアの時代ではありません。行動する人が、個々に自分自身でメディアをつくり、行動を言葉として表明をして、それらが共鳴し、つながりあうこと。

言葉はつながり合うための道具です。距離感を測り合うための道具でもあります。

必要なことは、行動すること。それを言葉にすること。語り合い、差異を認めながら、つながり合うこと。

だから言います。Small media change the world.
text & photo by Keiichiro Fujisaki

by cabanon | 2009-01-17 00:40 | Comments(0)
 
北海道遊覧飛行
北の大地へは降り立てませんでした。
d0039955_14422586.jpg
羽田を9時に出発。12時に羽田に戻ってきました。新千歳空港が大雪のため着陸できないとのことでした。

北海道上空で旋回飛行を始めているなと思ったら、「着陸が遅れます。滑走路を除雪中で、作業にあと40分かかるとのこと。11時過ぎに終わる予定なので、このまま旋回飛行を続けます」と機長からアナウンスがありました。そして40分くらいして──、おや?飛行機が高度を上げると思ったら、雪がひどくなって、除雪が遅れてる、もう燃料がないので、羽田に引き返します、と再び機長からアナウンス──。

みんな静かに状況を受け入れていました。

ざわめきは起こりません。え〜ウッソー、マジ? アリエナイと言う若者もいません。真っ赤になって怒り出すオジサンもいません。泣き崩れるご婦人も、ゲロを吐く子どもも、オーマイガッと叫ぶ外人も、昔は気合いで着陸したと語り出すご老人も、そんな人は一切いません。搭乗前から引き返すこともありうる、とアナウンスされていたせいもあるでしょう。日本に、仕方ないと諦める文化が浸透していることを実感しました。外国人も結構乗っていたのですが、郷に染まっているようでした……。

羽田に着いて、みんないっせいにケータイで連絡を取り合っていました。ケータイのない時代だと、もっとパニクっていたでしょうね。

取材は延期です。次号のAXISでは、粘菌を使ったコンピュータの話を取材しています。北海道行きはその取材の一環でした。

飛行機の中ではずっと粘菌の本を読んでました。単細胞生物だけど、実に複雑な生き物です。ふと窓の外を見ると、北国の雪景色が粘菌のようでした。
d0039955_1443124.jpg
d0039955_14431758.jpg


にしても、7時に家を出て、北海道(上空ですが)に行って、14時に家に帰っててブログをアップしてるなんて、なんかヘンな気分です。
text & photo by Keiichiro Fujisaki

by cabanon | 2009-01-14 14:49 | Comments(0)
 
バカになるよ
僕らが子どものころは、テレビばっかり観てるとバカになるよ、マンガばっかり読んでるとバカになると、大人から言われました。

でも別にバカになりませんでした。

ゲームばっかりやってるとバカになる。ネットばかりやってるとバカになる。ラノベばっかり読んでるとバカになる。そんな表現は今でも溢れてます。

多くの場合は、新しいメディアに浸った若者が、予想のつかない育ち方をすることへの警戒心から発せられた言葉です。そう言って子どもを育ててた大人たちが、いまデッカいテレビの一番の購買層なのですから。

そういえば、「テレビばっかり観ているとバカになる」って最近、聞きません。テレビばっかり観てる人が減っているからでしょう。●●ばっかりは観てるとか、××ばかりやってるとか、▲▲ばっかり読んでるとか、それってそのメディアに人を動かす力があるってことです。最近のテレビはその力を急速に失いつつあるように思います。

バカになるって思われることは、そこに何かが潜んでるってことです。バカがたくさんいる場所こそポテンシャルの宝庫です。そんなこんな酔っぱらいながら思いました。明日は北海道日帰りです。
text & photo by Keiichiro Fujisaki

by cabanon | 2009-01-14 01:08 | Comments(0)
 
ラクリ
ラノベも読みます。ライトノベルがあるのなら、ライトクリティークというのがあっていいのではないか。ライトノベルがラノベだから、ラクリ。

80年代に流行ったような、ドゥルーズとかデリタとかバンバン引用して、結局、ワタシこの本読みこなしましたという自慢が書きたいのかよ、って評論ばかりが、評論じゃないわけで。(ちなみに、難解な本の引用を多用すると、書き手の文才の欠如がごまかせる利点があります。読み手は、粗悪な文章を、わからないのは自分の勉強不足のせいと勘違いしてくれるからです)

軽いけど、浅くはない。深みがあって、どこかでスッ引っ掛かる。読んでも、頭は良くならないけど、視野を広げ、好奇心を刺激し、考えるキッカケはつくる──、そんな評論雑誌を考えているわけです。

人は頭を良くしてくれるものや、知識や情報を与えてくれるものには、お金を出します。コンプレックスを優しくつつけばいいわけです。でも、コンプレックスを刺激して売ってる本とか雑誌って、結局人と同じ情報を、ちょっと早めに知っておこう、今の時代に合わせた考え方を誰よりも先にしてみよう、ということですから、そこには評論なんてありえないですよね。

だから、スモールメディアでやろう思ってます。インディーズって言葉があるけど、インディペンデントとはちょっと違う。雑誌を出す主体はもちろんインディペンデントであるべきです。でも、内容は、個の表出でなく、つながりや共有から生まれるものでありたい。

コミケとか行くと、同人誌ってインディーズとは呼べないなと思うわけです。似たようなものがあるから、小さいもの、力のないものが生きていける。二次創作とか、縦にも横にもいろんなものがグチャグチャとつながって、重なり合っている。

単純に、スモールメディアと呼びたいわけです。
スモールメディアのライトクリティーク──目指すはここかな。
スモメでラクリ。いいと思いません?
text & photo by Keiichiro Fujisaki

by cabanon | 2009-01-11 17:39 | Comments(4)
 
ウィングレットとセグウェイ
現在発売中の『AXIS』最新号の「未来技術報告」でトヨタのWinglet(ウィングレット)のことを書いています。
d0039955_1122425.jpg
d0039955_1131528.jpg
セントレアまで行って、セグウェイ・ガイドツアーにも参加しました。同じ倒立振子を使った立ち乗り二輪車ですが、乗り比べると、かなり違った感じです。ウィングレットは脚が長く見えるのでイイです。

セントレアでは、実証実験中のウィングレットを見てきました。セキュリティエリアで、警備の人が乗ってました。搭乗券を持ってないと入れないエリアなので、ガラス越しに中の様子が見える場所に1時間30分くらい陣取って、やってくるのを待ってました。意外と目立ちません。もちろん振り向く人もいました。
d0039955_1125361.jpg

でも完全無視のオジサンもいました。
d0039955_1181970.jpg

text & photo by Keiichiro Fujisaki

by cabanon | 2009-01-06 11:13 | Comments(2)
 
謹賀新年
思わざれば花なり、思えば花ならざりき。
d0039955_044343.jpg
マクロスFのアルト君のセリフです。歌舞伎の極意の言葉だそうです。ブルース・リーの名言「Don't think, Feel」に通じます。スターウォーズでルークがフォースをマスターする修業とか、アニメやSF映画で繰り返されるテーマです。

芸能も武道も商業化され拡大し、近代にどっぷり浸っていますが、その極意は今も非モダニズムです。2001年宇宙の旅とかガンダムとかAKIRAなどで繰り返される、人類が新しい能力を獲得して進化するという物語は、芸能や武術の極意を会得することの言い換えだったような気がします。

カタチの極意もきっとそれと同じはず。面白いのは、合理主義者といえども、手が自ずと生むものを大切にし、スケッチで描いたり、粘土を無心にこねることで生まれる「考えるな、感じろ」っていうカタチが、合理主義のカタチの大もとになることです。

「考えざれば合理主義、考えれば合理主義ならざりき」って姿勢から、極めてシンプルで、理に適ったカタチが生まれる。それが顕著なのが、建築を含めた現代日本デザインの面白さだと思います。細部に宿る神まで感じきって、合理主義が憑依するんです。

最近コミケネタばかりで恐縮ですが(本業のことは今書けないので)、今年もボチボチ頑張っていきます。本とか雑誌とかいろいろ出していくつもりです。本年もよろしくお願いします。
text & photo by Keiichiro Fujisaki

by cabanon | 2009-01-01 00:56 | Comments(3)


S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
Profile
藤崎圭一郎
Keiichiro Fujisaki
デザイン評論家。編集者。1963年生まれ。1990〜92年『デザインの現場』編集長を務める。1993年より独立。雑誌や新聞にデザイン、建築に関する記事を執筆。東京藝術大学美術学部デザイン科教授。

ライフワークは「デザインを言葉でいかに表現するか」「メディアプロトタイピング」「創造的覚醒」

著書に広告デザイン会社DRAFTの活動をまとめた『デザインするな』

Twitterもやってます!

*当ブログの奥座敷
KoKo Annex

ライフログ
最新のコメント
以前の記事
カテゴリ
ブログジャンル
リンクについて
当サイトはリンクフリーです。
お気軽にリンクして下さい。

本ブログの記事と写真の
無断複写・転載を固く禁じます。




Copyright 2005-2016 Keiichiro Fujisaki All rights reserved
本ブログの記事と写真の無断複写・転載を固く禁じます。