藤崎圭一郎のブログ。「デザインと言葉の関係」を考えます。

by cabanon
 
<   2009年 02月 ( 7 )   > この月の画像一覧
text & photo by Keiichiro Fujisaki

 
視認性
東北大学の粘菌ロボット取材が早めに終わったので、caslonの本店に行ってきました。ドラフトの本『デザインするな』は、もう僕の手を離れ、現在印刷・製本中ですが、本で数ページcaslonについて触れているので、やっぱり見に行こうと思い立って。仙台駅から地下鉄で15分、それからタクシー。この不況で収入が3分の1になったと生活保護より賃金が安いと嘆くタクシーの運転手の話を聞きながら15分くらいで到着。けっこう遠いです。帰りはバスで仙台駅まで1時間弱かかりましたし。
d0039955_10333543.jpg
caslonはドラフトが店づくりから手がけたベーカリー&レストラン・カフェです。99年オープン当時はD-BROSのプロダクトを売るショップも併設されていましたが、今は物販はありません。壁にはD-BROSの時計がありました。
d0039955_10335619.jpg

caslonの裏手には、原広司さん設計の宮城県図書館があります。
d0039955_1034359.jpg
林の奥のモコモコつるん。この建物が自体が小高い山の稜線のようです。原さんが出身地に設計した、飯田市美術博物館を思い出しました。あちらは明らかに南アルプスの起伏ある嶺々が連なる稜線が、屋根のモチーフになっているのがわかります。それに比べ、こちらはなだらかで、抽象的な曲線です。建築の形が景観と調和していることに気づくと、それまで何の変哲もないと風景だと思っていた小高い山に囲まれた風景がちょっと特別なものに見えてきます。ながらかなカーブは周囲の景観と同化します。しかし、抽象性や素材は、見たことのない宇宙船のように周囲と景観と異化します。同化と異化の両方の効果がバランスよく配合されているから、この特異な人工物の形態の視線をとめた人は、そのまま周囲の自然の形態美まで意識するようになるのです。気づきを誘う形なのです。
d0039955_16232424.jpg
もちろん中も見てきました。内部は、前々日通ってきた、京都駅を思い起こしました。京都駅のエントランスホールは、映画「ガメラ3」のクライマックスでガメラとイリスが闘う場になるほどの非人間的スケールです。SF的な空間に立つ気がして、好き嫌いでいえば個人的には好きなのですが、何か恐怖感を感じるスペースです。南アルプスの断崖という感じがして……。人を超えたスケール感が崇高さに繋がればいいのですが、駅はそういう場じゃないし。

その断崖の感じが、宮城のこの図書館の中にもあります。3階建てなので京都駅ほどのスケール感ではないのですが……。3階の閲覧室から眺望はいいのですが、全体に、本もしくは人が主役というより、空間が主役の図書館です。1階のロビーは何のためか分からないほど大きいですし。
d0039955_11211344.jpg
図書館萌えの僕は、図書館は親密空間であるべき、と思ってますから、こんなスケール感が図書館の中に必要なのだろうかって思います。アスプルンドのストックホルム市立図書館のように、本を主役にして、書棚のスケール感で圧倒するのだったら、まだ分かるのですが。

外観はスケール感があってもいいです。外は小高い山の連なりの中にはまり込み景観の中に溶け込んでいますから。でも、内部のスケール感は不必要だと思う。

といっても、京都駅は、外観のスケール感に関しても疑問符です。もともと分断されていた、町の南と北を完全に隔絶する壁のように屹立していますからね。こないだ駅の南をカメラ片手にブラブラ歩いたので、それをひしひし感じます。

話がそれました。宮城県図書館の話に戻ります。館内の時計を見て、おや?っと思いました。
d0039955_10352264.jpg
紙がセロハンテープで貼ってあります。時刻の部分は切り抜かれています。
d0039955_10354733.jpg

視認性の必要な場所というのがあります。夕方遅くなると20分に1本くらいのバスで帰らなくちゃいけないので、ここでは時計が大切です。caslonのようなカフェでお茶する人は、「もう5時過ぎだ、食事の支度しなくちゃ」とか。だいたい何時何分くらいが分かればいいのですけどね。必要な視認性は、場所によって違います。

で、この紙の時計……。ニーズがあるから、こうなっているのです。職員の方の工夫に頭が下がる思いがすると同時に、設計者は読める時計を寄贈すべきだと思いました。
text & photo by Keiichiro Fujisaki

by cabanon | 2009-02-27 11:22 | Comments(2)
 
白い帯
京都に行ってきました。
d0039955_23191291.jpg
細見美術館に行って、周囲を歩いていると、オヤ?と思いました。工事現場の仮囲い。レンガ壁に茂るツタがプリントされているのですが、なんだか、真ん中に白いドットの帯がある。規則性があるのか、ないのか。近づいて見ると正体が分かりました。

続きを読む
text & photo by Keiichiro Fujisaki

by cabanon | 2009-02-25 23:32 | Comments(0)
 
キタカ
北海道みやげ。
d0039955_9384530.jpg
先週の日帰り札幌で唯一買ったものです。Suicaのペンギンよりこっちが好きです。僕の知っている電子マネーのカードでデザインNo.1。
text & photo by Keiichiro Fujisaki

by cabanon | 2009-02-24 09:39 | Comments(0)
 
一段落
金曜日未明、ようやくドラフトの本『デザインするな』の仕事が一段落して、脱力の週末を送っています。昨日は疲れ果てて、1日の3分の2を布団の中で過ごしました。今日は散髪行って、散歩して、2か月くらい前から放っていた読みかけの本を読んで過ごそうと思ってます、あっ、でもドラフトの展覧会用の原稿を書かなくちゃいけない。

半年近く気づいたらドラフトという生活をしてきました。ドラフトの仕事は、広告といえども一過性でなく、ショップやブランドとして町に染み入っているものなので、あっちに行ってもドラフト、こっちに行ってもドラフト、家に帰ってきてもドラフト……。

電車に乗れば世界のKitchenからの広告(新発売のとろとろ桃、うまいっすね)。酒屋に行けば淡麗。銀座に行けばブライトリングの専門店、渋谷の桑沢へ行くため道玄坂を上っていくとブールマルシェのショップ。うちに帰れば、奥さんがソフィーナボーテの化粧水を使っている。現在ドラフトはモスバーガーの仕事をしてないですが、ドラフトを成長させた仕事と言えばモスなので、原稿を書いてたときは久々にモスを食べに行きました。

どこへ行っても宮田さんの顔を思い出す生活は、ずっと続きそうです。3月の展覧会では4回トークの司会をやりますし、本のプロモーションもしますので、とりあえずあと1か月以上は、ドラフト漬けの半年間の余韻が続きそうです。
text & photo by Keiichiro Fujisaki

by cabanon | 2009-02-22 10:32 | Comments(2)
 
北海道リベンジ
d0039955_1085673.jpg
1月14日北海道上空で引き返してきた取材のリベンジ。2月19日、同じ飛行機で行きました。
d0039955_10101753.jpg
今度はちゃんと到着。JR札幌駅の駅ビルの目的の寿司屋が混んでいたので、黒豚料理の店に入って、鹿児島名物鶏飯を食す。その後スタバで時間を潰し、標準語で話す若い主婦の会話を聞きながら、なんか立川駅や柏駅あたりにいる気分になって、北海道大学の創成科学研究棟へ。そして日帰り。取材は面白かった。東京では体験できない、細かい雪の踏み心地が今回の旅の思い出です。
text & photo by Keiichiro Fujisaki

by cabanon | 2009-02-20 10:23 | Comments(0)
 
デザインするな
原稿は書いたのですが、編集も兼ねているため、取材先の方からの直しや、校正さんとのやりとりや、著者校して、、、と、まだまだ気が抜けません。来週も臨戦態勢です。

著者が自分や他人が赤入れした校正をIn Designのファイルに直接打ち込んでいるわけですから、けっこうリスキーな作業です。原稿が書き上げた瞬間から、編集者として客観的な立場に徹しないといけない。でも、著者校では、やはり著者としていささか我が儘でも妥協せずに直しを入れないといけない。この切り替えが難しいです。仕事を振る側が、執筆と編集の違いを理解していないと、こういう事態になります。ま、両方ともできるから、引き受けたんですけど。でも、書き下ろしの長い原稿の時は、執筆と編集はいっしょにやるべきじゃないと実感しました。もしかしてまだどこかに間違いがあるんじゃないかとか思って、なんか緊張してて今日も眠れません。

本のタイトルは『デザインするな』。版元はDNPアートコミュニケーションズです。

(手に入りづらい状況が続いています。4月9日の現在、amazonも取り扱い再開しました。現在在庫5冊なので、すぐ在庫切れになりそうです。他にネットだとビーケーワンが迅速に対応してくれるようです。大手書店でも在庫のないところがありますが、都内の書店だと青山ブックセンター本店/六本木店に置いてありますが、在庫切れの場合もありますので、事前にお問い合わせ下さい)

クリエイティブディレクター宮田識さんが率いるドラフトの軌跡をまとめたものです。自分で言うのもなんですが、面白いと思います。

とにかく僕は今回宮田さんからいろいろなことを学びました。本を書くにあたっては、「勉強になるな」と思ったことを整理して、それを伝えることに徹しただけです。けっこう深い話です。社会とデザインとの関係を考えさせてくれます。

本は3月6日に出ます。ギンザ・グラフィック・ギャラリーの「ドラフト展 ブランディングとアートディレクター」の初日です。ギャラリーではその日から売られますが、ギリギリの進行なので、書店に並ぶのは、3/15の週からになるかもしれません。

展覧会の会期は、3月6日(金)-3月30日(月)。ギャラリートークを4回行う予定です。司会進行を務めます。詳細は後日お伝えします。

それにしても不思議なものですね。初の著書がドラフトの本になるとは、去年の今頃は夢にも思っていませんでした。本を書くのは後回しにして、書く仕事は連載だけにして、編集をやろう、デザイン雑誌をつくりたい、とずっと思ってましたから。やっぱり書くのも面白いです。でも、そろそろ目標に向けて動き出さなければ……。
text & photo by Keiichiro Fujisaki

by cabanon | 2009-02-15 00:12 | Comments(0)
 
書けた!
いろいろまだ仕事は残っていますけど、とりあえず一冊、本を書き上げました。ドラフト本です。編集してくれと頼まれて、気づいたら書き下ろし200頁以上。執筆にどれだけ時間がかかるかをまったく理解していない人たちがつくる、無茶なスケジュールはすべて無視して、でも連載以外のすべての仕事を断って、休日なしに格闘しました。計50時間のインタビューがもとになっています。

やりきったという感じです。どんなに忙しくても行くと決めてたジムにもここ1か月は行かず、最後の3週間は、毎日図書館通い。書物の精気を浴びながら、強制的に脳みそを駆動させていました。

作品がたくさん入るので、分厚く、気軽に買って下さいという値段にならないのが残念ですが、いろんな人に読んでもらいたい本です。詳しくはまたご報告します。
text & photo by Keiichiro Fujisaki

by cabanon | 2009-02-09 00:13 | Comments(2)


S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
Profile
藤崎圭一郎
Keiichiro Fujisaki
デザイン評論家。編集者。1963年生まれ。1990〜92年『デザインの現場』編集長を務める。1993年より独立。雑誌や新聞にデザイン、建築に関する記事を執筆。東京藝術大学美術学部デザイン科教授。

ライフワークは「デザインを言葉でいかに表現するか」「メディアプロトタイピング」「創造的覚醒」

著書に広告デザイン会社DRAFTの活動をまとめた『デザインするな』

Twitterもやってます!

*当ブログの奥座敷
KoKo Annex

ライフログ
最新のコメント
以前の記事
カテゴリ
ブログジャンル
リンクについて
当サイトはリンクフリーです。
お気軽にリンクして下さい。

本ブログの記事と写真の
無断複写・転載を固く禁じます。




Copyright 2005-2016 Keiichiro Fujisaki All rights reserved
本ブログの記事と写真の無断複写・転載を固く禁じます。