藤崎圭一郎のブログ。「デザインと言葉の関係」を考えます。

by cabanon
 
<   2009年 03月 ( 10 )   > この月の画像一覧
text & photo by Keiichiro Fujisaki

 
DRAFT展最終日です(終了しました)
本日(30日)19時閉廊です。(終了しました)
会場では土曜日だけで『デザインするな』が104冊売れたそうです。
3,990円の本を、この日は6人に1人が買ってくれました。スゴイことです。

展示はすべて見ようとすると、1時間以上かかります。

映像展示も素晴らしいのですが、本を売る仕組みが会場内にきちんと出来ているという点も鑑賞のポイントです。

B1Fでは、本から抜粋が壁に書かれています。展示はすべて映像です。会場では実体のあるのは本だけです。すると、ついみんな本を手にとってくれます。本を売るにはまず手にとってもらうこと。これは基本です。

仕事の量が半端ではないので、1時間いても見切れないので、作品はあとで本でチェックするかとか、壁に書かれた言葉が気になるから、本を読んでみようと思ってもらえる。

お客さんの滞留時間が長いから、いつでも会場にはたくさんの人がいる。賑わいもさりげなく演出されています。

そんな仕組みを宮田さんがつくっているです。お客さんとしっかり手をつないで物を売る仕組みを構築するドラフト流仕事の流儀が、展覧会を見ながら、感じとることが出来る。ここがポイントだと思います。

あと半日ですが、お時間のある方はgggに足を運んでみて下さい。天気もいいですし、ぜひ。
text & photo by Keiichiro Fujisaki

by cabanon | 2009-03-30 11:42 | Comments(4)
 
空耳?
先ほど近所のそば屋で遅い昼飯をとっていたら、隣のテーブルの人に店員さんが注文の品を運んできた。

「カツ丼、ブタ抜きです」

エッ、そんなのあり。衣だけ食うの? 味が染みててうまそうだけど。どうやって肉抜くのかなとか考えて、隣の人のカツ丼をチラチラ観察。やっぱり空耳でした。店員さんは「カツ丼、小たぬき、です」って言ってたんです。でも、どこかで頼んでみようかな。カツ丼、ブタ抜き。

追記:たぬきうどんの「たぬき」とはタネ抜きが語源だとか(Wikipedia)。天ぷらのタネ抜きだから天かす。ということは、たぬきカツ丼とはブタ抜きってことになりますね。どうでもいいことだけど。
text & photo by Keiichiro Fujisaki

by cabanon | 2009-03-29 15:39 | Comments(2)
 
ボイス夜話を終えて
今晩はタカヒラミクさんと、ヨーゼフ・ボイス夜話でした。そんでもって、家に帰ってきて、ひとりダメだし会です。語るべきことを言えなかったんで……。

ボイスを通じて、『アイオーン』(C.G.ユング)と『中世の秋』(ホイジンカ)がつながります。それが僕の卒論でした。心の底にあったのはP.K.ディックの『ヴァリス』のピンク色の光です。

1995年(僕は、日本ではこの年から他よりちょっと早く21世紀が始まったと思っています)、エヴァンゲリオンとオウム事件を経て、人類の覚醒と進化への夢は一時的に挫折します。

夢のような出来事が起きたのは、2001年の9.11です。その光景は映画の中でしかありえないものでした。

荒唐無稽の夢の終わりは、未来をつくる夢のはじまりです。いま僕の中では、ボイスは『非線形科学』(蔵本由紀)と『人間の条件』(ハンナ・アレント)につながっています。

ホイヘンスの振り子時計の同期と、ユングのシンクロニシティはどうつながるのか。ボイスがすべての人は芸術家であると言ったことと、パパネックが誰もがデザイナーであるということをどうつなげるか。創造性の中の秩序と揺らぎを考えると、ボイスとパパネックはつながります。うわ、忘れかけていたものがドッと吹き出してます。今夜は強い酒を飲んで寝ちゃうしかありません。

メトロノームのシンクロはここで見ることができます。ゆらぎがつくる創発。面白いです。ホタルのシンクロはこちら。いずれもYouTubeの動画です。生物も無生物も同期します。

ボイス自身の仕事は科学的思考によって人間の奥底に追いやられ眠らされてしまった創造性を蘇らせるものだったのですが、いまから見ると、現在の科学の最前線が追っている創発に近いものを求めていたようにも思えてきます。

ボイスのいう「社会彫刻」はひとりの天才の創造力だけはなしえないことです。人の社会の創発を誘うため、ボイス自身がゆらぎを引き起こす因子の役割を演じていたのではないかって思うんです。

人を導くカリスマが危険であることは、ナチス時代を経験したドイツ人だから重々承知していたはずです。ボイスはカリスマ的メンター(導師)ではありません。神のような存在でも、救世主でもありません。

ボイスはトリックスターです。神話などで物語を引っかき回すのがトリックスター。ただしボイスはとてもカリスマ的なトリックスターです。

ウィキペディアの説明だと、神から火を盗んだプロメテウスもコヨーテも、スサノオもねずみ男もトリックスターとなってますが、確かにボイスはこの系列です。神から火を盗むような英雄的行動力と山師的な胡散臭さを兼ね備えていますから。

ボイスを語れる幸せな時間をつくって下さったタカヒラミクさんに感謝です。タカヒラさんの個展「ボイスに教えてもらったこと」は明日というか今日(29日)までです。物語が物語を生んでいます。

【参考リンク】
*Wikipediaのヨーゼフ・ボイス。かなりしっかり書かれています。

*ボイスにはけっこう黒歴史があります。本人は黒歴史とは思っていなかったのでしょうけど。
たとえば日本のウイスキーのTVコマーシャルに出たこと。
それとこれ。Nenaみたいな曲を歌ってます。リードボーカルなのに後ろで歌ってます。恥ずかしかったんですかね。でも楽しそうです。
text & photo by Keiichiro Fujisaki

by cabanon | 2009-03-29 00:33 | Comments(0)
 
目黒のオンデュラトワール
所用があって目黒区役所に行ってきました。目黒区役所は、旧千代田生命ビル、村野藤吾設計です。用事を済ませて館内を探索。茶室は入れませんでしたが、中庭を望む和室は自由に入れます。
d0039955_13225100.jpg
障子が「オンデュラトワール」してました。オンデュラトワールは、ル・コルビュジエが生み出した、あみだくじみたいな窓割りデザインのことです。コルビュジエは、自ら編み出した寸法体系モデュロールを使って、窓の桟の長さを決めました。

下は、本家オンデュラトワール。ル・コルビュジエ設計のラ・トゥーレット修道院に行ったときに撮ったものです。オンデュラトワールは、建築家としてコルビュジエのもとで働いていた現代音楽家クセナキスの寄与するところが大きいとされています。たしかに窓割りが、音楽のように光と影の音楽を奏でています。
d0039955_1324688.jpg
d0039955_133382.jpg


中庭の池では、村野藤吾の建築が揺らぎの音楽を奏でていました。
d0039955_1331736.jpg

text & photo by Keiichiro Fujisaki

by cabanon | 2009-03-18 13:07 | Comments(0)
 
偵察
d0039955_11211252.jpg
昨日(3/17)やっとわが家に本が届いたので、その日の夕方書店にも出ているのではないかと思って、国連大学裏の青山ブックセンター本店に偵察に行きました。小一時間、観察していました。僕がいる間に2冊売れてましたが、店員さんに「売れてます?」と訊ねると、「う〜ん、まだまだ、これからですね」とのこと。渋谷のブックファーストや文教堂書店はまだ店頭にはありません。青山ブックセンター六本木店にも行ってみたのですが、まだ売ってませんでした。

ちなみにgggの展覧会会場では記録的に売れてます。来場者7.69人に1人が買って下さっているとのこと。感謝です。

にしても、久々に本屋の中をブラブラしていて思ったのですが、デザイン書コーナーで、雑誌の存在感がかなり薄くなっています。一方、単行本は元気です。

青山ブックセンター本店では、原研哉さんの著書や編書が平積みされている一角がありました。白いからすぐ原さんのコーナーだと分かります。そういえば、水野学さんの本も白だし、ナガオカさんの前著も白(一番新しいのは赤ですが)、今回のドラフト本もクリームな白。白本が増殖しています。昔のみすず書房のストイックな装幀が好きなんで(特に背表紙)、悪い傾向とは思いませんが、増えすぎは禁物かも。

白い本は、汚れやすいですし、読者に緊張感を促します。白さが、居ずまいを正して、文章としっかり向き合って読むように、と語りかける。キリッとした白さはある意味、単行本のシズルです。

しかし、雑誌は白だけじゃもちません。雑誌には、ガヤガヤ、ワイワイ、ワクワク、ドキドキがないといけません。開けばそこに何かあるんじゃないかって思ってもらえること。デザインコーナーに置かれている雑誌に、雑誌特有のシズルがないんですよね。なんとかしなくちゃいけません。

で、またまたトークをやります。
4/5(日) 14時〜16時 青山ブックセンター本店にて。
入場料500円。
宮田識さんとの対談です。日曜日ですので、gggのギャラリートークに仕事の都合などで来られなかった方もぜひご参加下さい。

要予約★詳細は青山ブックセンターのウェブサイトで。

ちなみに同日同所で、13時からアンディ・サマーズのサイン会があります(写真集を買わないとサインはもらえないようですが)。僕は学生時代ポリスを聞き倒したんで、顔が拝めるだけうれしいかも。
text & photo by Keiichiro Fujisaki

by cabanon | 2009-03-18 11:27 | Comments(2)
 
ヨーゼフ・ボイス夜話
トークをやります。
3/28(土)20時半より、代官山の+ING Atticにて。
ヨーゼフ・ボイス夜話「創造的覚醒」

僕の卒論は、ドイツの現代美術家ヨーゼフ・ボイスです。美術出版社に入社したのも『美術手帖』の編集をやりたかったからです。けれど「キミはデザインのほうが向いてるよ」と、『デザインの現場』に配属され、その後はデザインの世界まっしぐらです。すっかりボイスの世界から遠ざかっていますが、ボイスの足跡を追ってお金を貯めてドイツまで行った論文は、自分の原点であるとはっきり言えます(今読むと、幼稚な文体で冷や汗・脂汗ものですが)。

ひょんな縁で、ボイスをテーマに初個展を開く、衣装デザイナー+服飾評論家のタハヒラミクさんの個展会場でトークイベントを行うことになりました。「ええっ、僕でイイの?」って感じですが、忘れていたことを思い出して、ボイスのこと、ボイス以降のことを話します。タハヒラさんのボイスへの思いも語ってもらいます。

僕のライフワークが、当ブログの右側のプロフィール欄に3つ書いてあります。最後の「創造的覚醒って何のこっちゃ?」と思った方がいらっしゃると思いますが、大学時代に夢中になって読んだユングとP.K.ディック、そしてボイスから始まる話が、この「創造的覚醒」です。人の創造的な目覚めを巡る物語が、虚実入り乱れて、ひとつの文化を形成している。そんなことをずっと思っています。サイボーグ技術や涼宮ハルヒあたりまで話が進めていくつもりです。

〜〜ヨーゼフ・ボイス夜話「創造的覚醒」〜〜
タカヒラミク × GUEST 藤崎圭一郎(デザインジャーナリスト)
ボイスが残してくれた視点から見たアート、デザイン、SF映画、 アニメ、カルト、最先端科学を語ります。

日時:3月28日(土) 20:00開場、20:30スタート
入場料:1000円(1drink付き)
会場:+ING Attic
住所:渋谷区猿楽町12-28

要予約★申し込み方法やアクセスなど、詳細は、+ING Atticウェブサイトをご覧ください。
http://www.plusingpress.com/information/

****************
タカヒラミク個展 at +ING Attic
×39 study vol.1
「ボイスに教えてもらったこと」
ー things I learned from Beuys ―
会期:3月20日(金)~29日(日)
時間:11:00~19:00、金・土(20、21、27、28日)は20:00までOPEN。
会場:+ING Attic
text & photo by Keiichiro Fujisaki

by cabanon | 2009-03-15 10:28 | Comments(0)
 
オイオイ、これって
『デザインするな』が、Amazonに登録されました。
まだ予約注文です。
d0039955_23172836.jpg
おいおい、名前間違ってんじゃん!!!!!!!!!!
藤井だとぉおおおお!!!!!!!
ドラフトのドの字も書かれてないですし。
まだ本の表紙も内容説明もアップされていませんから、そのうちちゃんと直ると思いますけど。

【追記】
訂正してくれました!(3/14朝)
「現在取り扱いできません」になってます(3/15朝)
オンライン書店「bk1」では扱ってます。アマゾンはずっと在庫切れ(3/26)
text & photo by Keiichiro Fujisaki

by cabanon | 2009-03-12 23:19 | Comments(4)
 
トーク1回目
DRAFT展、本日(3/9)最初のギャラリートークをしてきました。土曜日から申し込みだったにも関わらず、定員オーバーの90名で満杯。感謝です。進行にぎこちないところがありましたが、宮田さんのしゃべりに助けられました。ドラフトのアートディレクター、富田さん、内藤さん、田中さんがそれぞれがいい味を出してくれ、ドラフトの雰囲気は伝わったと思っています。アンケートに「明日から楽しく仕事できそうです」って書いてくれた人がいてくれて、ホントうれしかったです。

『デザインするな』はかなりの勢いで売れています。3日間で170冊。会場だけの販売で、しかも税込み3,990円もする本ですから、予想以上の売れ行きです。

少々配本が遅れそうです。大手書店に並ぶのは来週(15日の週)からになるとのこと。それまではギンザ・グラフィック・ギャラリーのDRAFT展会場だけの販売になりそうです。
text & photo by Keiichiro Fujisaki

by cabanon | 2009-03-10 02:18 | Comments(0)
 
しゃべること
すごく久々にGEISAIを見に行きました。けっこう質の高い作品が多かったですが、このイベント自体が時代から少しズレはじめているようにも思いました。

「私、特別な感性を持ってます。人とのコミュニケーションは苦手です。私の感性は言葉にした瞬間に崩れてしまいます。でも、絵は上手です。写真は上手です。分かってください」系のナイーブな描き込み・作り込み作品は、嫌いじゃないのですが、でも、もうそういうものを、自己表現だとか、小さなゆるやかなコミュニティだと評価する時代じゃない。キャラクター系はドアラや、せんとくんとか、過激なものをふだん見ているので、現代美術として見てもあまりインパクトは感じないし。

21世紀ゼロ年代の終わり、わかりあえる人たちの、同じノリを共有できるコミュニティから1歩踏み出す勇気が、アーティストに限らず、すべての人に問われています。GEISAIに出展するということ自体が半歩踏み出す勇気だと思います。ですが、もうあと半歩……。「伝えたい、伝えてこの世の中の何かを少し変えたい」という思いを感じた作品はほとんどありませんでした。ネットなどの進展で、引きこもりだって社会と関わる手段があるのが現代です。セルフヌードやパンツを見せることだけが、勇気じゃないんだけどな。
d0039955_0323450.jpg
会場の片隅で行われていた東浩紀さんのゲリラトークを主宰した人たちのほうに、僕は「今」を感じました。先日見た桑沢の卒制展で、子どものための教科書をつくって、ずっと一人でプレゼンしていた人がいました。「今ネットだと死ねとか平気で書き込みますよね。この頁には『死ね』『好き』と書いてあります。どちらか好きなほうを、私の目を見て言ってみて下さい」。迫力のプレゼンでした。彼女にも、僕は「今」を感じました。伝えたいことがきちんとあって、一歩踏み出してしゃべりつづけること。しゃべる場をつくる勇気が、今、問われているように思います。
text & photo by Keiichiro Fujisaki

by cabanon | 2009-03-09 11:27 | Comments(4)
 
出来ました!
d0039955_16105650.jpg
『デザインするな』 価格3,990円(税込み)。総578頁。DNPアートコミュニケーションズ刊。前半が僕が執筆したテキスト、後半はドラフトの作品集。クリエイティブディレクター宮田識さんが代表を務めるドラフトの活動を通して、デザインと社会の関係を考える内容に仕上げたつもりです。

まだ書店に並んでいません。いまはギンザ・グラフィック・ギャラリーで開催中の「DRAFT展 ブランディングとアートディレクター」会場で買えます。

僕の遅筆のせいでギリギリのスケジュールになってしまい、しかも分厚い本なので製本に時間がかかったため、オープニングの日の午後に200部が会場に到着。大手書店に並ぶのは、15日の週のあたりからだそうです。Amazonで買えるようになるのはもう少し遅くなるとのこと。

表紙にはこう書いてあります。

宮田は怒る。
「デザインするな」
そう言われたデザイナーは、最初意味が分からない。

これが、この本の第一章の書き出しにもなっています。
d0039955_16111982.jpg
展覧会は、いままでの膨大なドラフトの仕事を映像にまとめたものです。ドラフトの9名のアートディレクターがそれぞれ独自に映像を編集。じっくり見ると2時間くらいかかるかもしれません。

展覧会は3/30まで。日曜祝日休。11時〜19時まで(土曜は18時まで)中央区銀座7-7-2 DNP銀座ビル →GoogleMapsを表示。


************

ギャラリートークのお知らせです。

* 3月9日(月) 19時~20時半 宮田識× 富田光浩×内藤昇×田中竜介
* 3月13日(金) 19時~20時半 宮田識 × 和田惠(カメラマン)× 福岡南央子
* 3月19日(木) 19時~20時半 宮田識 × 広瀬正明(コピーライター) × 日髙英輝(グリッツデザイン)
* 3月27日(金) 19時~20時半 宮田識 × 植原亮輔 × 渡邉良重
★司会:藤崎圭一郎(各回とも)

会場 : ギンザ・グラフィック・ギャラリーB1F 定員70名

*入場無料 要予約
*3月7日(土)11:00より受付を開始いたします。
*参加ご希望の方は、ギャラリーまでお電話(Tel.03-3571-5206)でお申込みください。
text & photo by Keiichiro Fujisaki

by cabanon | 2009-03-07 12:26 | Comments(0)


S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
Profile
藤崎圭一郎
Keiichiro Fujisaki
デザイン評論家。編集者。1963年生まれ。1990〜92年『デザインの現場』編集長を務める。1993年より独立。雑誌や新聞にデザイン、建築に関する記事を執筆。東京藝術大学美術学部デザイン科教授。

ライフワークは「デザインを言葉でいかに表現するか」「メディアプロトタイピング」「創造的覚醒」

著書に広告デザイン会社DRAFTの活動をまとめた『デザインするな』

Twitterもやってます!

*当ブログの奥座敷
KoKo Annex

ライフログ
最新のコメント
以前の記事
カテゴリ
ブログジャンル
リンクについて
当サイトはリンクフリーです。
お気軽にリンクして下さい。

本ブログの記事と写真の
無断複写・転載を固く禁じます。




Copyright 2005-2016 Keiichiro Fujisaki All rights reserved
本ブログの記事と写真の無断複写・転載を固く禁じます。